タグ:銀行 ( 54 ) タグの人気記事

2007年 06月 13日
旧逸身銀行(芦屋市立図書館打出分室)
芦屋の近代建築その1

阪神電鉄香枦園から西へ1駅、市境を越えると芦屋市打出駅です。駅北側の住宅地の一角に石造の大きな建物が見えてきます。現在は図書館として使われているこの建物は大阪にあった銀行建物を当地に移築したものです。
f0116479_23333014.jpg

f0116479_23334667.jpg

ブロック状の石を積み上げて造られています。石垣や西洋の城郭の様な外観です。
f0116479_23404792.jpg

f0116479_23313083.jpg

f0116479_23413979.jpg


昭和5年に大阪から移築されたこの建物ですが築年度や設計・施工は不詳です。(明治後年から大正期の築と言われています。)
当初は個人宅の別棟として使われていましたが、戦後に芦屋市立図書館になりました。
f0116479_06339.jpg

f0116479_062975.jpg

f0116479_049634.jpg


建物に比べると小さな窓です。
f0116479_2344464.jpg

f0116479_23432673.jpg

f0116479_23444475.jpg


玄関の意匠はなぜか東洋風。
f0116479_23472413.jpg

f0116479_23473930.jpg
f0116479_2348797.jpg


この建物に置かれている市立図書館分室は一時は財政難から廃止される案があったそうですが反対運動で見送りとなりました。居住するには少々使い勝手が悪そうですが図書館の用途には最適な建物ではないでしょうか。
f0116479_0385514.jpg


by sunshine-works | 2007-06-13 23:10 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 16日
尼崎信用組合旧本店

尼崎の近代建築その8
以前紹介した尼崎信用組合旧本部事務所から建物一つ隔てた位置にあります。レンガ造りの旧本部事務所の次の2代目本店事務所として昭和5年に建てられました。地元兵庫県を中心に活躍した古塚正治の設計です。
f0116479_135223.jpg


昭和5年当時は新しい建築の流れが地方都市にも波及しだした頃ですが、銀行建築は依然として様式建築が主流を占めていました。この建物は従来の荘厳な銀行建物のイメージから離れ、流行のモダニズム様式を取り入れた設計となっています。
f0116479_1353362.jpg

f0116479_136346.jpg

f0116479_1363970.jpg


あっさりとしたデザインですが平面とカーブが巧みに組み合わされています。
f0116479_12471197.jpg

f0116479_1372789.jpg

f0116479_1375034.jpg


外壁の最上部には緩やかな反り返えしがつけられています。
f0116479_1393211.jpg


その後の改修で竣工当時とはエントランス部や窓等が変更されています。外壁も最初は黄土色に近い色合いだったようです。
竣工時の外壁の色を再現してみました。(館内に飾られている当時の絵を参考にしました)

f0116479_1385622.jpg


新本店ビルの建設に伴い、この建物は「世界の貯金箱博物館」として余生を送っています。
f0116479_1394870.jpg


by sunshine-works | 2006-12-16 13:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 02日
尼崎信用組合旧本部事務所(尼崎信用金庫記念館)
尼崎の近代建築その5

現在の尼崎信用金庫の前身である尼崎信用組合創業時の本部事務所として使われていました。現在は記念館となっています。

f0116479_16105682.jpg

f0116479_16115052.jpg


前から見ても横から見ても小さな建物です。
f0116479_16121284.jpg


アーチ窓が良い感じ。窓は上げ下げ式になっています。
f0116479_161338.jpg


f0116479_16132843.jpg


f0116479_16165991.jpg



1階正面の窓と飾り格子。
f0116479_16171478.jpg


この建物は初代理事長の邸宅の一部として建てられたもので銀行創設時に本部事務所に転用されました。建築年代は定かではありませんが明治30年代とも言われています。


記念館だけあって保存状況は良好。綺麗に手入れされています。

f0116479_1617315.jpg

f0116479_16174861.jpg


軒蛇腹、胴蛇腹が良いアクセントになっています。

f0116479_1618892.jpg



 

by sunshine-works | 2006-12-02 15:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2006年 11月 26日
旧尼崎共立銀行本店(椿本ビル)
尼崎の近代建築シリーズ3回目。

大正5年築。尼崎共立銀行の本店として建てられました。
f0116479_2311718.jpg


小さな建物ですが角のアールが印象を深めています。
f0116479_2330165.jpg


レンガ様の色が塗ってあります。本来は何色だったのでしょうか。
f0116479_23353560.jpg

f0116479_019988.jpg

これはこれとして悪くない色合いだと思います。
f0116479_23392829.jpg


入口両脇にはこの様な飾りがあります。
f0116479_23423428.jpg

拡大図
f0116479_2343832.jpg


さりげない軒飾りが上部を引き締めています。
f0116479_0101440.jpg


入口上部の欄間と照明器具。
f0116479_0144076.jpg


by sunshine-works | 2006-11-26 00:49 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)