タグ:銀行 ( 53 ) タグの人気記事

2013年 06月 05日
旧玉島信用組合事務所
岡山県倉敷市の近代建築その15

江戸期より海運の拠点として栄えた倉敷市玉島地区。
古い家並みが続く旧市街の一角にスクラッチタイルを貼った元銀行建物が残っています。
現在は民間企業の事務所に使われているこの建物は、昭和10年に玉島信用組合の店舗として建てられました。
f0116479_22173513.jpg

現在の中心市街から南西方向、狭い路地が交わる角地に建つ木造2階建て。
階高が高く取られているようで2階建てとしては背が高く、垂直ラインを強調した意匠の為に尚更大きな建物に見えます。
f0116479_063256.jpg
f0116479_462396.jpg

江戸期の風情が残る阿賀崎地区の入口、伝統建築が並ぶ中に異質な西洋建築が姿を現します。
この建物は玉島信用組合本店として昭和20年代まで使われ、その後富士銀行の店舗を経た後、現在は建設会社の事務所となっています。
f0116479_2216315.jpg

f0116479_0171682.jpg

f0116479_22155392.jpg

コーナーに設けられた入口。
ファサード全体を一段前に張り出し、入口両脇の壁面中央を狭いアーチ形に窪ませます。
建物全体は平面を組み合わせた構成に縦横のラインでアクセントを沿えるモダンな意匠表現ですが、表面に貼られたスクラッチタイルが銀行建築らしい重厚な雰囲気を醸しています。
f0116479_22124460.jpg

f0116479_0184293.jpg

f0116479_0181228.jpg
f0116479_0191680.jpg

縦長の窓枠は当時のままの木製。タイルや基礎の人造石も当初の状態が残されています。
f0116479_22132041.jpg

f0116479_0194721.jpg

f0116479_22201033.jpg

f0116479_22151051.jpg

個性的な近代建築が数多く残る玉島地区の中でも、この旧銀行店舗は地域を代表する近代化遺産として良く知られた存在となっています。
古い町並みの中に建てられたこのモダンな旧銀行店舗は、周囲の景観に違和感無く溶け込み、旺盛を極めた往時の玉島を今に伝えます。
f0116479_42579.jpg


by sunshine-works | 2013-06-05 23:50 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 25日
専門大店ビル
鳥取県米子市の近代建築その4

米子駅の北西、商店や事業所が並ぶ一角に大正期に建てられた商業ビルが現存しています。
事務所ビルとして米子で最も古い歴史を持つこの建物は大正13年頃の築とされています。
f0116479_018187.jpg

角地に建てられた鉄筋コンクリート3階建。地方都市には珍しいネオルネサンス様式で建てられています。
f0116479_0192214.jpg

アールを描くコーナー中央に玄関を設け、入口扉周囲をアーチ型で囲みます。
バランス良く配された縦長窓、明確なコーニス、コーナー頂部に立ち上がる破風、軒下に並ぶディンティル、上下の窓間を飾る枠型、3階壁面の四方に張られた菱形のオーナメント等々、当時東京や大阪に建てられた近代ビルディングに引けを取らない優れた意匠表現が見て取れます。
f0116479_0512851.jpg

f0116479_0521557.jpg

f0116479_05240100.jpg

f0116479_0532176.jpg
f0116479_0531086.jpg

窓枠や扉が取り替えられている以外は概ね当時のまま。90年前の状態が保たれています。
f0116479_0534723.jpg

f0116479_054528.jpg

f0116479_0545264.jpg

f0116479_0551276.jpg

3階建ての小さなビルですが周囲の建物の中でも抽んでた存在感があり、見た目は相当大きく写ります。
f0116479_0553243.jpg

f0116479_056181.jpg
f0116479_0555099.jpg

大正期に建てられた商業ビルが今も現役で使われている事例は、東京や京阪神でも僅かなものしかありません。
今尚現役のこの建物は、当時の米子の繁栄を今に伝えます。
f0116479_0542599.jpg


by sunshine-works | 2013-05-25 23:12 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 15日
旧第一合同銀行味野支店
岡山県倉敷市の近代建築その13

前回紹介した旧安田銀行児島支店から通りを更に奥へ進んで行くと、商店街の外れにもう一軒の旧銀行建物が現存していました。
この建物は大正13年に第一合同銀行味野支店として建てられています。
f0116479_2302686.jpg

立ち並ぶ商店が途切れた先の開けた景色の中に、寄棟屋根2階建ての建物が視界に入ってきます。
一見すると銀行建物には見えないこのモダンな建物は岡山県内に数多くの作品を残した薬師寺主計の設計に拠るもの。
大原家と繋がりの深い薬師寺主計は大原孫三郎が設立者の一人となっていた第一合同銀行の倉敷支店を手掛けていました。
倉敷支店の竣工2年後に建てられたこの支店も同様な経緯で薬師寺主計が設計者となったと思われます。
f0116479_2341746.jpg

f0116479_23351387.jpg

f0116479_23363568.jpg

f0116479_23273396.jpg

商店街の外れとなるこの場所ですが、隣には同時期に建てられた旧郵便局が並び、正面には塩田経営で財を成した野崎家の旧宅が位置します。
この一角はかつては賑やかな町の中核だったと思われます。
f0116479_2338348.jpg

f0116479_23385440.jpg

f0116479_23414130.jpg

正面道路が狭く全貌が収まりませんが、大正期の銀行店舗としては非常にモダンな建物です。
当時の地方都市の銀行店舗としては先進的なセセッション風意匠が取り入れられています。
f0116479_015555.jpg

f0116479_2351983.jpg

f0116479_22121615.jpg

f0116479_2346134.jpg

f0116479_23503398.jpg

向い側の野崎家旧宅からの眺め。
f0116479_23583350.jpg

f0116479_23573544.jpg

f0116479_23564844.jpg

薬師寺主計の作品としては同じ第一合同銀行の倉敷支店と並ぶ銀行建築の現存例となります。
当時の姿が良く保たれているこの建物は、氏の幅広い作風の一環を伝えるものとして貴重な資料です。
f0116479_23262839.jpg


by sunshine-works | 2013-05-15 22:50 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 10日
旧安田銀行児島支店
岡山県倉敷市の近代建築その12

JR児島駅の南西、駅から続く街路に沿って商店街が長く伸びています。
この商店街の一角に石造の古い銀行建物が残されています。
この建物は安田銀行児島支店として昭和初期に立てられました。築年は昭和7年頃とされています。
f0116479_22311658.jpg

外壁は当時の銀行建物に良く使われた花崗岩を積んだもの。
児島周辺は花崗岩を始めとする石材の産地であり、石工の技量に優れていました。
f0116479_2216423.jpg

f0116479_11169.jpg

f0116479_22362062.jpg
f0116479_22225414.jpg

正面側に6本のオーダー柱を並べ、縦長窓の上部には方形のオーナメントを配置、建物上部を重層的なコーニスとパラペットで飾ります。
銀行建物の典型的な建築表現を用いていますが、明治大正期のものと比べると重厚さは薄れ、時代の流れに沿った意匠となっています。
f0116479_22351922.jpg

f0116479_22432074.jpg
f0116479_22433212.jpg

旧安田銀行の支店として建てられたこの建物は後身の富士銀行に引き継がれますが、昭和40年代半ばに廃店となります。一時期医院として使われていた様ですが、その後の長い期間は空家同然の状態でした。
この為もあって大きく手を加えられた形跡が見られず、銀行店舗時代の姿が良好に保たれています。
現在は当時の建物を活かしたアンティークショップとして使われています。
f0116479_2239543.jpg
f0116479_22343053.jpg

f0116479_22253344.jpg

f0116479_22381423.jpg
f0116479_2235866.jpg

北面からの眺め。
f0116479_22372869.jpg

f0116479_22371269.jpg

部材の多くは当時のものがそのまま使われています。鉄部は錆が浮いてボロボロの状態です。
f0116479_22373581.jpg

製塩業と綿花の集積地として栄えた味野の町は産業の衰退とともに賑わいが薄れ、この商店街も寂しいものとなってしまいました。
小さな町に建てられたこの本格的な銀行店舗は、往時の町の繁栄を偲ぶ象徴として今に伝わります
f0116479_22383998.jpg


by sunshine-works | 2013-05-10 22:44 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2013年 05月 05日
旧養父合同銀行大屋支店
養父の近代建築その1

養父市大屋町市川の集落の一角に鉄筋2階建ての洋風建築が建っています。
この建物は、旧養父合同銀行の店舗として建てられ、その後但馬銀行大屋支店を経て民間の事務所として使われています。
築年は昭和7年頃とされています。
f0116479_910660.jpg

木造の伝統建築が並ぶ道路を進んで程なく、民家の間に重厚な造りのコンクリート建物が現れます。
江戸期より養蚕業が栄えた養父の中でも市川地区は地域の中心となっていたようで、大屋川に沿ったこの辺りには古くから続く民家や商家が並び、学校や郵便局が置かれています。
f0116479_9105989.jpg

f0116479_9321221.jpg

現在は建築事務所として使われていますが、外観は銀行店舗時代の姿を良く留めます。
窓枠や面格子、入口扉等も当時のものを補修して使っているようです。
f0116479_9114146.jpg

f0116479_915567.jpg

f0116479_914529.jpg

f0116479_9163363.jpg

f0116479_9184739.jpg

間口は6間程、銀行店舗としては小規模な部類ですが、腰周りを切石のルスティカ積みとし、左右対称に配したアーチ窓や上下階の中間を飾るオーナメント、周囲に縁石を添えた中央の窓等、装飾表現が豊かで強い存在感を示します。
f0116479_9165613.jpg

f0116479_9171128.jpg

f0116479_9173145.jpg
f0116479_9202343.jpg


f0116479_9195879.jpg
f0116479_9215128.jpg
f0116479_9214293.jpg

f0116479_9223910.jpg

背面を遠方から。和風の建屋が増築されています。
f0116479_9234571.jpg

f0116479_9232843.jpg

この建物は但馬銀行大屋支店として長く使われていましたが、平成17年にその役目を終えます。
戦前に建てられた兵庫県内の銀行建物の中で今尚使われているのは淡路島の旧農工銀行支店只一行のみ。
養父合同銀行のこの支店は神戸市の大正銀行支店に次いで直近まで使われていた店舗でした。
兵庫県内に残る古い銀行建物の中でも往時の姿を良く留めるこの建物は、地方の小規模銀行の現存資料として貴重なものとなります。
f0116479_924676.jpg


by sunshine-works | 2013-05-05 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(2)
2012年 10月 29日
旧日本産業貯蓄銀行倉吉支店
鳥取県倉吉市の近代建築その2

狭い道路の両側に古い町屋が連なる倉吉の旧市街の中程に、現在は物販店として使われている旧銀行店舗が建っています。
この建物は、日本産業貯蓄銀行倉吉支店として昭和6年に建てられました。
f0116479_16344582.jpg

鉄筋コンクリート2階建て、間口2間程の建物です。倉吉最初の本格的な西洋建築として建てられましたが、当時流行のセセションスタイルを取り入れ、小規模な建物に拘わらず多彩な装飾表現が各部に見出せます。
f0116479_1720852.jpg

敷地の関係で車寄せや大きな玄関庇はありませんが、軒全体を張り出して玄関庇とし、両脇をフルーティング風の溝を刻んだ角柱で支えます。
f0116479_16361030.jpg

玄関両脇の柱形はそのまま2階へ伸びて窓間を飾り、破風、パラペットに繋がります。
破風中央には行章と思われる紋、その両脇にもオーナメントを添え、さらに頂部に棟飾りを載せる等、当時の建築意匠がふんだんに盛り込まれています。
f0116479_16352981.jpg

f0116479_1637249.jpg

風情ある古い町並みに洋風建築が融け込む美しい景観です。
f0116479_17232342.jpg

f0116479_17225630.jpg

f0116479_1724630.jpg

f0116479_172135.jpg

f0116479_17243811.jpg

f0116479_17252242.jpg

f0116479_17262914.jpg

f0116479_17265880.jpg

築後約80年となるこの旧銀行店舗は、増築や大きな改修も無く、竣工時の姿を良好に留めます。
現存する地方の小規模銀行店舗の良例として貴重な建物と言えます。
f0116479_1746409.jpg


by sunshine-works | 2012-10-29 20:59 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 25日
旧第三国立銀行倉吉支店
鳥取県倉吉市の近代建築その1

古い町並みが残る倉吉の旧市街地の東に、土蔵造りの和洋折衷建物が建っています。
この建物は、旧第三国立銀行倉吉支店として明治41年に建てられました。
f0116479_17253726.jpg

白塗りの蔵が並ぶ観光スポットからはやや距離を置いた場所に建てられていますが、周囲の古い商家と良く馴染む白壁2階建ての土蔵造り。コーナーの玄関部分に洋風意匠を用いる以外は純和風の意匠です。
反面、内部は吹抜けを設けた当時の一般的な銀行の仕様で、洋風を基調としたものとなっています。
f0116479_17245499.jpg

f0116479_1728578.jpg

この銀行支店が土蔵造りとされた経緯については、明治38年にこの一帯で発生した大火を教訓としたものとされています。
明治期の地方銀行の店舗にはこのような土蔵造りの建物が多く、本格的な鉄筋コンクリート建築が普及するまでは、優れた耐火建築としてこの構造が使われていました。
同じく現存する第三国立銀行の松江支店も土蔵造りの店舗となっています。
f0116479_17312519.jpg

側面に採光用の窓が設けられている以外は普通の土蔵建物。2階窓の分厚い扉も蔵そのものです。
f0116479_17313519.jpg

f0116479_1731423.jpg

シンプルな玄関周り。腰回りと共通の石を貼ってアクセントとします。
f0116479_17442445.jpg

f0116479_17443798.jpg

店内は改修されて喫茶店に使われています。
2階へ上る階段や犬走りが当時のまま残され、レトロな雰囲気がこの用途に良く合います。
f0116479_17432040.jpg

f0116479_17433735.jpg

f0116479_17452767.jpg
f0116479_17452256.jpg
f0116479_17455834.jpg
f0116479_17455126.jpg

f0116479_17462048.jpg

f0116479_17453823.jpg

f0116479_17465583.jpg

飲食店としての用途は観光地ならではの的を得た活用事例でしょう。古い町並みに調和して優れた景観を為しています。
築100年を過ぎた今尚良好な状態が保たれているこの建物は、明治の一時期に流行った土蔵造りの偽洋風建築の現存例として、極めて貴重な資料です。
f0116479_1747943.jpg


by sunshine-works | 2012-10-25 21:35 | 近代建築 鳥取県 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 21日
百十四銀行旧坂出支店
香川県坂出市の近代建築その9

坂出駅の北側に広がる商業地域の一角に古い銀行建物が残されています。
現在はATMコーナーのみが使われているこの建物は、昭和5年に百十四銀行坂出支店として建てられました。
f0116479_1011546.jpg

長いアーケードが東西に繋がる商店街のほぼ中央にあたる場所に建つ、化粧タイル貼りの鉄筋コンクリート2階建て陸屋根造の建物です。
南面中央にがっしりとした玄関張出を据え、左右に窓を1枚ずつ配する小さな間口としていますが、奥行きを長く取って面積を確保します。
上部がアーケードで遮られている事と、左右の窓がパネルで覆われている事で、狭い正面側は玄関部分の存在感が強調されています。
f0116479_10124178.jpg

f0116479_101325.jpg

直線を主とした平面的な意匠。華美な装飾は持たず、表面タイルの質感と化粧石によるアクセントで意匠を表現します。
f0116479_10154589.jpg

f0116479_10135098.jpg
f0116479_10133793.jpg

f0116479_10164462.jpg

一見するとスクラッチタイルに見えますが、縦横に目が刻まれた、布生地を思わせるタイルが貼られています。
f0116479_1014257.jpg

f0116479_10144167.jpg

f0116479_1014496.jpg

2階の窓間を飾る付柱。
f0116479_10163243.jpg

現存する百十四銀行の店舗として、戦前最後の築年の建物です。
商都として栄えた坂出の賑わいを偲ぶ歴史遺構として貴重な存在となっています。 
f0116479_10151652.jpg


by sunshine-works | 2012-10-21 23:07 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2012年 10月 17日
中国銀行倉敷支店本町出張所(旧第一合同銀行倉敷支店)
岡山県倉敷市の近代建築その7

倉敷の観光名所美観地区の中央部、大原美術館から鶴形山へ抜ける道の途中に、大正期に建てられた銀行が建っています。
旧第一合同銀行倉敷支店として建てられ、現在は中国銀行倉敷支店本町出張所として使われているこの建物は、岡山県内の現役銀行店舗として最古のものです。
設計:薬師寺主計、施工:藤木工務店。
f0116479_13383198.jpg

現在の中国銀行の前身となる第一合同銀行は、大正8年に岡山地域6行の合併によって誕生、母体となった倉敷銀行頭取の大原孫三郎が頭取を務めます。この倉敷支店は同行の中核店舗として大正11年に旧倉敷銀行本店から建て換えられました。
全体の意匠としては当時の銀行建築に多用されたルネッサンス様式が基調。
ドーマー屋根を乗せた大きな寄棟屋根は当初はスレート葺き、その後に銅板葺きに替えられています。
北面と西面を飾るドーリア式のオーダー柱、1階のアーチ窓、御影石を組んだ玄関ポーチ等、定番とも言える構成ですが、それまでの銀行建築に比べると重厚感や荘厳さが薄まり、広く大衆に向けられた銀行を指向した意匠とも取れます。
f0116479_1339111.jpg

f0116479_13421673.jpg

f0116479_13394934.jpg

全体の構造は鉄筋コンクリート、石造、煉瓦造、木造が組み合わさった混構造と呼ばれる形式。部位によってこれらを使い分けています。
f0116479_13464746.jpg

基礎は笠岡諸島産の御影石。岩肌そのままで仕上げたルスティカ積みと呼ばれる手法を用いています。
その上の外壁表面は切石積みに見えますが、これは塗布したモルタルに筋を引いて石組みを表現したものです。
f0116479_13492929.jpg

f0116479_13485711.jpg
f0116479_13461995.jpg

正面側となる北面。2階の軒まで延ばされた6本のジャイアントオーダーを等間隔に並べ、中央にやや小ぶりな玄関を設けます。
f0116479_13423747.jpg
f0116479_13474195.jpg

f0116479_13474932.jpg

f0116479_13475741.jpg

f0116479_1348565.jpg

f0116479_13501880.jpg

アーチのファンライトを飾る美しいステンドグラス。
f0116479_14222079.jpg

f0116479_1473681.jpg

南隣に大原家住宅、その奥手に大原美術館を望む西側面。
この西面にもほぼ同規格の玄関が設けられています。
f0116479_13521073.jpg

f0116479_13545380.jpg

f0116479_13514965.jpg

第一合同銀行倉敷支店の建設にあたっては、前年に建てられた日銀岡山支店が大きな刺激となりました。
大原家の建築顧問を務めていた薬師寺主計は、日銀岡山支店を施工した藤木工務店の技術を高く評価、この第一合同銀行倉敷支店の施工を任せます。以降この3者は深い繋がりを持ち、多くの大原家関連施設を手掛ける事となります。
f0116479_13522346.jpg

倉敷の中心部には大原孫三郎と薬師寺主計・藤木工務店の手になる優れた近代建築が数多く残されています。これらは古い町並みに良く融け込み、優れた観光資源として貴重な役割を果たしています。
f0116479_1353795.jpg


by sunshine-works | 2012-10-17 20:24 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2012年 04月 18日
旧百十四銀行丸亀支店
香川県丸亀市の近代建築その2

丸亀駅から南へ続く商店街の一角に旧銀行店舗が残されています。
現在はイベントスペースとして使われているこの建物は、百十四銀行丸亀支店として昭和2年に建てられました。
設計・施工:清水組
f0116479_801654.jpg

鉄筋コンクリート造2階建て、建物外壁に人造石を貼ります。
北に正面を向け、東面に路地が通じます。現在はアーケードに塞がれ全貌を眺める事が出来ませんが、その優美な姿は、長きに渡って中心街のランドマークとして親しまれて来ました。
f0116479_81279.jpg

明治に始まり大正期に頂点を極める威厳と風格を備えた重厚な銀行建築は、昭和に入るとより幅広い顧客層を取り込む必要から権威主義的な印象を薄めていきます。
昭和2年に建てられた旧百十四銀行丸亀支店は、この時期に建てられた銀行建築の現存例の一つです。
f0116479_832339.jpg

f0116479_7593379.jpg

建物正面の詳細です。
ジャイアントオーダーに代表される従来の古典主義銀行建築に比べると意匠表現は簡素化されていますが、要所要所に適度な装飾が施され、重々しさを減じつつ壮麗さを保ちます。
f0116479_13555288.jpg

f0116479_1272829.jpg

f0116479_1285299.jpg

f0116479_1291454.jpg

f0116479_128096.jpg

玄関はやや小ぶりな造り。銅板製の入口庇を張出します。
f0116479_1212447.jpg

f0116479_12123648.jpg

南北方向に交わる小路から東側面を眺めます。
f0116479_135501.jpg

f0116479_1220115.jpg

f0116479_12202324.jpg

f0116479_13541634.jpg

側面の通用口にも銅板製の庇が付けられています。
f0116479_12211083.jpg

f0116479_12253273.jpg

f0116479_12234862.jpg

f0116479_12264327.jpg

軒や壁面を飾るレリーフ。側面は古典様式の伝統を残します。
f0116479_122269.jpg

f0116479_12222895.jpg

f0116479_12243668.jpg

店舗内部です。正確には2階建てではなく一部2階建てと呼ぶべきでしょうか。
内部に広い吹抜け空間を設け周囲に犬走りを巡らせる、当時の銀行建築で広く使われた造りです。
f0116479_12322296.jpg

f0116479_12333075.jpg

f0116479_12335532.jpg

店舗2階部分です。
f0116479_12345175.jpg

f0116479_12364527.jpg

f0116479_1235269.jpg

f0116479_13514769.jpg

f0116479_13492562.jpg

外装に於いてギリシア・ローマ風意匠は抑えめですが、内部空間にはトスカナ式の柱頭飾りやアーカンサスの彫刻が多用されており、旧来の銀行建築の雰囲気が色濃く残されています。
f0116479_123792.jpg

f0116479_1235104.jpg

f0116479_12362419.jpg

戦前に建てられた百十四銀行の店舗としては他に高松本店長尾支店、坂出支店が現存しています。同一銀行の店舗が4店も当時の姿で残っている例は珍しく、建てられた時代に応じた様式の変遷を伺う優れた資料となっています。
f0116479_12311793.jpg


by sunshine-works | 2012-04-18 18:20 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(2)