タグ:銀行 ( 53 ) タグの人気記事

2018年 02月 04日
旧住友銀行尾道支店
広島県尾道市の近代建築その10

前回は大正期に建てられた旧尾道銀行本店を紹介しましたが、この並びには更に古い歴史を持つ銀行建物が残されています。現在は尾道市の施設として使われているこの建物は住友銀行尾道支店として明治37年に建てられました。
f0116479_12283182.jpg

別子銅山と住友本家の置かれた大阪の中間に位置する尾道は住友家にとって重要な拠点でした。
明治24年に山陽鉄道が尾道まで延伸した翌年、尾道には神戸に継ぐ分店が置かれ、明治28年の新居浜-尾道間の航路開設によって別子銅山と大阪を結ぶ海陸の中継点となった事で尾道の重要度は更に高まります。
住友銀行尾道支店は同年に銀行業に進出した住友銀行初の支店として住友尾道分店の敷地内に開設、9年後の明治37年に当地に移転新築されます。
f0116479_21253705.jpg


木造平屋建寄棟造。前面に並ぶ縦長窓をアーチが囲みます。一見するとコンクリート造や石造風に見えますが木壁にモルタルを盛ったもの。
この住友銀行尾道支店は、後に住友営繕を経て日建設計へと繋がる住友臨時設計部を率いた野口孫一の初期の作品となります。
f0116479_12324299.jpg
f0116479_12312818.jpg
f0116479_12315983.jpg
f0116479_12321519.jpg
f0116479_12343917.jpg

市の管理部件となっていますが、現状は各部の劣化が進んだまま放置された状態。最低限の補修はされているのでしょうが何らかの措置が必要と思われます。
f0116479_12352194.jpg
f0116479_12354727.jpg
f0116479_12362579.jpg

裏面の眺め。こちら側には活用されている気配があります。
f0116479_12391977.jpg



by sunshine-works | 2018-02-04 21:27 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 01月 28日
旧尾道銀行本店
広島県尾道市の近代建築その9

尾道駅前から連なるアーケード街の途中を南へ下って程なく、かつて銀行浜と呼ばれていた一角に大正期の銀行建築が残されています。現在おのみち歴史博物館として使われているこの建物は尾道銀行の本店として大正12年に建てられました。
f0116479_11580085.jpg

角地に建つ鉄筋コンクリート2階建て。道路に面した二面に化粧タイルを貼り、アーチで囲んだコーナーの入口周りを切石で飾ります。大正期の銀行建物ですが当時としては非常にモダンな意匠です。
f0116479_11591310.jpg
f0116479_12001050.jpg
f0116479_12005935.jpg
f0116479_12014914.jpg
f0116479_12050481.jpg
f0116479_12030677.jpg
f0116479_12035080.jpg

良港に恵まれ鉄道との中継地となった尾道は広島県東部随一の経済都市として栄え、この銀行が建てられた一帯には多くの金融機関が建ち並びました。
尾道銀行はこの建物が竣工した8年後に備後地区の2銀行と合併、戦後に芸備銀行を経て最後は広島銀行の主張所として平成16年まで使われました。
f0116479_12065323.jpg
f0116479_12242014.jpg
f0116479_12250663.jpg

後ろ側からの眺め。小さな入口をアーチが囲みます。
f0116479_12255039.jpg
f0116479_12260412.jpg
f0116479_12261725.jpg
f0116479_12263303.jpg



by sunshine-works | 2018-01-28 23:45 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2017年 09月 23日
旧福知山信用組合本店

京都府福知山市の近代建築その1

福知山の中心部、商店街の外れに旧銀行店舗が残されています。現在は和菓子店として使われているこの建物は福知山信用組合本店として昭和10年頃に建てられました。

f0116479_12020294.jpg


角地に建つ鉄筋コンクリート2階建て。道路に添った2面の壁面に3列のアーチ状の窓型を並べ、それぞれの面に入口を設けます。
窓脇の付柱、上下の窓間に配したレリーフ、玄関庇に添えられた古代ギリシア風のオーダー柱、コーナー2階窓の半円形の窓台等、当時の先進的な商業建物に用いられたモダン意匠が盛り込まれています。

f0116479_17413736.jpg
f0116479_17551273.jpg
f0116479_12054998.jpg
f0116479_12061803.jpg
f0116479_12162793.jpg
f0116479_12142412.jpg
f0116479_12125417.jpg
f0116479_12081765.jpg

福知山信用組合は戦後の信用金庫法の施行に伴って福知山信用金庫へ改変、この建物は同金庫の本店として営業を続けますが、昭和47年に店舗は駅前に移転、その後は長く倉庫として使われました。以下の6枚は現在の和菓子店に改装される前の2013年当時の様子です。
f0116479_13020370.jpg
f0116479_13021797.jpg
f0116479_13022902.jpg
f0116479_13023915.jpg
f0116479_17485660.jpg
f0116479_13025499.jpg

店舗への改装に伴って内装を一新、外装は縦長窓のシャッターや入口の鉄扉を取り除いて壁面を塗りなおし、腰周りの切石も磨かれて創建時の美しい状態が再現されています。
f0116479_12171127.jpg
f0116479_12134601.jpg
f0116479_12150394.jpg


by sunshine-works | 2017-09-23 22:39 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 17日
旧住友銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その3

新居浜市の臨海部、背後に住友系列の工場が連なる一角、住友化学工業の敷地の外れに明治期の銀行建物が残されています。現在は同社の資料館として使われているこの建物は明治34年に住友銀行新居浜支店として建てられました。
f0116479_14581169.jpg

新居浜の町の臨海部は明治中期に別子銅山の精錬所設置に伴って開発され、鉱山機械の工場や二次製品の工場が建てられていきました。周辺には従業員社宅や福利厚生施設も整備され、惣開と呼ばれたこの一帯は近代工業地帯に変貌します。
この銀行は別子鉱業所本部の隣に建てられ、付近には郵便局や住友系列の病院が並ぶ住友別子鉱業の企業城下町の中核を成していました。
f0116479_14584567.jpg
f0116479_14593575.jpg
f0116479_15000371.jpg

小さな建物ですが、各所に本格的な洋風意匠が用いられています。設計は住友本店臨時建築部と推測されており、後の住友工作部、長谷部竹腰建築事務所へ発展する「住友営繕」の最初期の作品の現存例となります。
f0116479_10375353.jpg
f0116479_10333640.jpg
f0116479_10342192.jpg
f0116479_10352121.jpg

モルタル壁面は溝が刻まれた石造風の仕様。上げ下げ式の縦長窓は竣工時のままに木枠が使われています。
f0116479_10384519.jpg
f0116479_10413224.jpg
f0116479_10415300.jpg

建物北側に並ぶ煉瓦造の蔵。同時期に建てられ金庫として使われていたようです。
f0116479_10422987.jpg
f0116479_10424981.jpg



by sunshine-works | 2017-06-17 21:38 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 03日
旧芸備銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その1

新居浜市中心部の北方、臨海部の町並みの一角にかつての銀行店舗が残されています。現在は医院として使われているこの建物は旧芸備銀行新居浜支店として建てられました。昭和6年築。
f0116479_12515227.jpg

商店街の裏手、静かな住宅街の中に建つ木造モルタル造2階建て。元々は吹き抜けを設けた平屋でしたが医院への改装時に床を張って2階を設けたものと思われます。
f0116479_12523750.jpg
f0116479_12532253.jpg

正面に並ぶアーチ型の窓型、何層にも重なる軒蛇腹、アールを付けたコーナー、三角形状に張り出した柱形、中央に設けた入口庇。小さな建物ですが当時流行の意匠を盛り込んだモダンな建物です。
f0116479_12570117.jpg
f0116479_12544462.jpg
f0116479_12551895.jpg
f0116479_12575122.jpg
f0116479_12581801.jpg
f0116479_12555802.jpg
f0116479_12562130.jpg
f0116479_12584746.jpg



by sunshine-works | 2017-06-03 19:28 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 04月 15日
島根県出雲の近代建築 補遺1
ここまで島根県出雲地区に残る代表的な近代建築を廻ってきましたが、未掲載の建物が幾つかありました。数回に分けてこれらを紹介します。初回は銀行建築と医院です。
f0116479_11190677.jpg

松江市の中心市街に残る旧国立第三銀行松江支店の建物。現在は呉服店として使われています。明治35年築。
f0116479_11231188.jpg
f0116479_11241355.jpg

古くから続く商店が並ぶ町並みに建つ土蔵造り2階建て。明治大正期の銀行店舗にはこの様な造りのものが幾つかありました。同じ旧国立第三銀行の現存建物として残る倉吉支店も同様な土蔵造りです。
f0116479_12132735.jpg
f0116479_12135194.jpg

奥出雲の掛合に残る旧松江銀行支店。昭和2年築。現在は地元の酒造会社の倉庫として使われています。
f0116479_13134545.jpg
f0116479_13144786.jpg

木造2階建て、下見板貼りの外壁に上げ下げ式の縦長窓を廻らせ、ハーフティンバー風の軒の上に折屋根を葺く本格的な洋風意匠。
f0116479_13163791.jpg
f0116479_13171020.jpg

出雲大社の参道から西へ進んだ住宅街の一角に残る旧銀行建物。杵築銀行の店舗として大正期に建てられました。
f0116479_12594743.jpg
f0116479_13000725.jpg

玄関周りや屋根は改修されていますが、外壁のタイルやレリーフ飾りがそのまま残されています。
f0116479_13054095.jpg

地元の方から「昭和の始め頃、ここでダンスを習った」と伺いました。銀行店舗として使用されたのは短かったと思われます。
f0116479_13021030.jpg


雲南市加茂の商店街に残る旧銀行店舗。旧加茂信用組合として昭和5年に建てられました。
f0116479_16130102.jpg
f0116479_16131693.jpg
f0116479_16133785.jpg

こちらも加茂町に残る旧銀行店舗。旧松江銀行加茂支店は昭和3年築。現在は本町自治会館として使われています。
f0116479_16221597.jpg

松江市東部、中海に面した本庄町の津森医院。昭和元年に建てられた現役の医院建築です。
f0116479_16412220.jpg
f0116479_16414843.jpg
f0116479_16421108.jpg
f0116479_16423713.jpg
f0116479_16433130.jpg
f0116479_16435849.jpg

松江市の古い町並みに残る旧田野医院。島根県の近代建築で最古となる明治四年築。
f0116479_16530648.jpg
f0116479_16562214.jpg
f0116479_16553259.jpg


松江市宍道町に残る木造下見板寄棟屋根の儀洋風建築。大正末期に建てられた坪内医院の旧建物です。
f0116479_17384515.jpg
f0116479_17514041.jpg
f0116479_17524697.jpg
f0116479_17531834.jpg



by sunshine-works | 2017-04-15 20:36 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2017年 03月 11日
旧簸川銀行本店
島根県出雲市の近代建築その9

出雲市の中心街の古い町並みに、大正期に建てられた銀行店舗が残されています。現在は地元のNPO法人の施設として使われているこの建物は簸川銀行の本店として大正9年に建てられました。設計:木小七郎。
f0116479_14071353.jpg


木造2階建て寄棟造。化粧煉瓦が貼られた外壁や前面に並ぶ縦長窓、コーニス等の洋風意匠を備えますが、全体の印象は日本の古い商家や土蔵を思わせる造り。軒先や入口庇に葺いた和瓦等も古い町並みに沿わしたものと思えます。
f0116479_11354449.jpg
f0116479_14045124.jpg
f0116479_14055314.jpg

玄関は当時の姿から改変されていますが、張り出した庇はそのまま活用されています。
f0116479_14103391.jpg
f0116479_14154071.jpg

和風の趣を印象付ける軒下の造作。
f0116479_14193286.jpg
f0116479_14202058.jpg
f0116479_14210156.jpg
f0116479_14225041.jpg


by sunshine-works | 2017-03-11 18:17 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2016年 11月 05日
旧広島農工銀行三次支店
広島県三次市の近代建築その3

前回紹介した旧三次銀行本店からほど近く、ここにも古い銀行店舗が残されています。
現在菓子店として使われているこの建物は広島農工銀行三次支店として大正12年に建てられました。
f0116479_11095919.jpg

農工銀行は農家や中小工業者への融資を目的に設立された政府系特殊銀行の一つで、各府県に設けられました。各地の農工銀行はその後段階的に勧業銀行に合併統合され、現在のみずほ銀行の母体の一つとなりました。
広島農工銀行は昭和12年に勧業銀行と合併、この三次支店も日本勧業銀行の支店として継承されますが戦後間もなく廃止となり、昭和25年から平成17年までは広島銀行三次支店として使われました。その後は地元の建設会社に所有が移り、正面区画に和菓子店が入居しています。
f0116479_11152987.jpg
f0116479_12495648.jpg
f0116479_12531403.jpg

石畳の街路に建つ復興ルネサンス様式のコンクリート造2階建。大正期から昭和初期の商業建物に多く用いられた建築意匠です。
f0116479_12482496.jpg
f0116479_12544120.jpg

腰周りは荒削りの花崗岩を貼ったルスティカ積み。壁面は旧三次銀行本店と同様にコンクリートに目地を刻んで石積み風に仕上げています。
f0116479_10124388.jpg
f0116479_10133558.jpg
f0116479_10143768.jpg
f0116479_10153729.jpg
f0116479_10162253.jpg
f0116479_10181002.jpg
f0116479_10172635.jpg


化粧タイルが貼られた玄関の床面。
f0116479_10192326.jpg
f0116479_10202461.jpg

側面から背面の景色。
f0116479_10220159.jpg
f0116479_10224794.jpg
f0116479_11294824.jpg
f0116479_11303884.jpg


by sunshine-works | 2016-11-05 11:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 10月 29日
旧三次銀行本店
広島県三次市の近代建築その2

古い町並みが残る三次市本通の中程に旧銀行店舗が残されています。この建物は三次銀行本店として昭和2年に建てられました。
f0116479_12521490.jpg

鉄筋コンクリート造2階建。建物意匠については案内板に次の記述があります。
「洋風の石積み建築を模したシンプルで力強い建物である。正面の柱の上部には、楕円形を中心に曲線模様のレリーフ装飾が施されており、直線が強調され建物のアクセントになっている」
この店舗が建てられた昭和初期の銀行建築の流れを汲んだ建物で、明治大正期の重厚な建築意匠が薄らいで古典様式を留めつつ直線と平面を基調にした簡潔な表現となっています。
f0116479_13184063.jpg
f0116479_13151349.jpg
f0116479_13173044.jpg

三次銀行は県北部を営業拠点とした地域銀行として発足し、昭和20年に後の広島銀行となる芸備銀行と合併します。
三次銀行の本店だったこの建物は中町支店として継承されますが5年後に廃止され、翌年から昭和52年までを三次郵便局、その後は市に移管されて民俗資料館として使われています。
f0116479_13292877.jpg
f0116479_13310307.jpg
f0116479_13290182.jpg
f0116479_13294746.jpg
f0116479_15170148.jpg

玄関周り詳細。
f0116479_13385382.jpg
f0116479_13480219.jpg


外壁はコンクリート仕様、腰周りは切石積み。壁面は目地を切って石積風の表現としています。
f0116479_13434556.jpg
f0116479_13444439.jpg



石畳の通りの北側から眺めます。
f0116479_13332638.jpg
f0116479_13320475.jpg

駐車場からの南面の眺め。深い奥行きの壁面に縦長窓が連なります。
f0116479_13490409.jpg
f0116479_13494999.jpg
f0116479_13503503.jpg
f0116479_13513998.jpg


by sunshine-works | 2016-10-29 08:37 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2016年 06月 11日
しまなみ信用金庫鞆支店
広島県福山市の近代建築その1

古くから潮待ち港として栄えた福山市南端に位置する鞆の浦。町の中心部には江戸期から昭和初期に至る各時代に建てられた歴史ある建築物が並んでいます。
この鞆の浦の一角に現役で使われている昭和初期の銀行店舗が建っています。
福鞆信用金庫支店を経て平成15年にしまなみ信用金庫に引き継がれたこの建物は昭和13年に建てられました。
f0116479_00162284.jpg
f0116479_00235700.jpg
f0116479_00245825.jpg
f0116479_00261492.jpg

狭い街路に囲まれた角地に建つ鉄筋コンクリート2階建て、玄関を中心にシンメトリーな構造。
戦時体制に移行する直前の昭和13年に建てられたこの建物は、戦前の銀行建築の晩期のものとなります。
従来の重厚な様式から脱し、アールデコの要素を取り入れたモダンな意匠は戦後の銀行建築に受け継がれて行く流れとなりました。
f0116479_00424444.jpg
f0116479_00272377.jpg
f0116479_00340648.jpg

コーナーに設けられた玄関扉。頑丈な鉄扉も当時のままと思われます。
f0116479_00281639.jpg
f0116479_00292086.jpg


コンクリートの質感と程よい退色具合、隣接する建物に揃えた高さは伝統建築が並ぶ周囲の町並みと違和感無く調和します。
f0116479_00320997.jpg
f0116479_00312319.jpg
f0116479_00332492.jpg
f0116479_00325264.jpg
f0116479_00352229.jpg
f0116479_00344717.jpg
f0116479_00342753.jpg



by sunshine-works | 2016-06-11 00:59 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)