タグ:遠藤新 ( 4 ) タグの人気記事

2009年 05月 15日
京見会館
姫路の近代建築その9

加古川、高砂から続く播磨工業地帯は姫路の臨海部にも及び、明治以降多くの近代産業の工場が築かれていきました。中でも昭和15年に操業を開始した日本製鉄広畑製鉄所は、姫路で最大規模の大工場となりました。今回は同製鉄所の施設として建てられた建物を紹介します。
f0116479_2161533.jpg

姫路の西部、幾つかの低山が連なる山地の麓に建つこの建物は広畑製鉄所の迎賓施設として昭和16年に建てられました。設計:遠藤新
f0116479_2011041.jpg

豊かな緑を背景に、水平方向になだらかに建物が伸びます。自然と建築が一体となって景観を織り成す、ライトの哲学を受け継いだ遠藤らしい作風です。
f0116479_20182149.jpg

設計者の遠藤新は帝国ホテルの設計スタッフとしてライトを補佐し、その後の旧山邑邸甲子園ホテルでは日本に於けるライトの後継者として腕を振るいます。この建物もどことなく旧山邑邸や甲子園ホテルを彷彿させるゆったりとしたシルエットになっています。
f0116479_2019122.jpg

f0116479_2020013.jpg

f0116479_2024140.jpg

窓枠や柱は濃い赤茶色で塗られています。独特のこの色合いは遠藤が手がけた多くの住宅にも見られる特徴となっています。
f0116479_20211096.jpg

f0116479_20213096.jpg

f0116479_20224288.jpg

この建物は北側に庭が設けられ、南は裏面になっています。塀に接する南面の景色です。
f0116479_20294290.jpg

f0116479_2030293.jpg

f0116479_20301785.jpg

f0116479_20303531.jpg

西側の玄関周り。水平にまっすぐ伸びるポーチはいかにもライト風です。
f0116479_20473127.jpg

f0116479_20332546.jpg

f0116479_2040851.jpg

f0116479_2043509.jpg

f0116479_2044716.jpg
f0116479_20441885.jpg
f0116479_20442617.jpg
f0116479_20443520.jpg
f0116479_20444478.jpg

ガラス越しに玄関内部を覗います。
f0116479_2045468.jpg

この建物が建てられた昭和16年は、まさに戦時体制へ移行する時期にあたります。大規模な建造物の新築が規制されていた当時、軍事施設や生産設備でもない、いわば贅沢品の迎賓施設がこれだけの規模で建てられたのは極めて異例と思われます。国策企業であった日本製鉄(新日本製鉄の前身)でなければ実現不可能だったかも知れません。さすがに優先資材である鉄やコンクリートは使わずに木造としましたが、館内の装飾や調度品には贅を凝らし、一流の絵画や美術品も多く飾られています。
f0116479_20323149.jpg

かつて、大企業の事業所や工場は自前の迎賓施設を設ける例が多く見られました。都市部から離れた工場周辺にはホテルも少なく、交通アクセスが未整備だった事もあって、内外の賓客や会社幹部の接待、宿泊の場としてこのような建物が会社の威信を掛けて建てられた物と思われます。
合理化や経費削減が主要な経営課題となってしまった今日の感覚からすると、贅沢極まりない施設なのかも知れませんが、これらは日本の産業が活気に満ちていた時代を象徴する建物でもあります。
f0116479_2039485.jpg


by sunshine-works | 2009-05-15 21:07 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2007年 02月 16日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)3
西宮の近代建築その4
甲子園ホテルその3

正面エントランスのある西側の風景
f0116479_2338389.jpg

東ウイングの側面
f0116479_23463510.jpg

東ウイングから眺めた西ウイング。
f0116479_23472027.jpg

同じく西ウイングを回廊から。紅葉が鮮やかでした。
f0116479_23474636.jpg


玄関内側からの眺め
f0116479_23574736.jpg


ロビーの様子
f0116479_23532819.jpg

f0116479_2354317.jpg


照明器具は竣工時のものではありませんが忠実に復元されています。
f0116479_23503735.jpg

f0116479_23511572.jpg

f0116479_23523186.jpg

f0116479_23525773.jpg


ロビー中央にある蹲(つくばい)。打出の小槌から懇々と水が湧き出す様を表しています。
f0116479_2354294.jpg


元バーがあった場所の暖炉跡。
f0116479_23545817.jpg


ロビーから前庭側に出る扉
f0116479_03264.jpg


ロビー中2階にある応接室からの眺め。
f0116479_014265.jpg

f0116479_071521.jpg


高級ホテルとして関西社交界の華やかな舞台となった甲子園ホテルですが、進駐軍接収の後暫くは放置されていたようです。その後国から譲り受けた武庫川学院により改修・修復されこのように素晴らしい状態で維持されています。優れた建築物を守り伝えていく為には良き所有者との出会いもまた重要な要素です。


f0116479_034942.jpg


by sunshine-works | 2007-02-16 01:44 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 02月 12日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)2
西宮の近代建築その3
前回に引き続いて旧甲子園ホテルを紹介します。

ダンスホール・宴会場だった西ホールの内部です。
f0116479_23303263.jpg

f0116479_22464440.jpg


「滴」をモチーフにした石膏のレリーフが張られています。
f0116479_21593173.jpg

f0116479_23211274.jpg

f0116479_23323192.jpg

拡大するとこうなっています。打出の小槌を振って迸る水滴を意味しているそうです。
f0116479_2202353.jpg

ホール入口の欄間飾りには大きな打出の小槌が。
f0116479_2241724.jpg

ホールからの眺め。正面の列柱の向こうに見えるのは東ホール。
f0116479_2275779.jpg

f0116479_23231553.jpg



上階から各部の眺め。
f0116479_22134073.jpg

f0116479_2224618.jpg

f0116479_2226841.jpg

f0116479_22265468.jpg

f0116479_22273979.jpg

ここにも打出の小槌が。
f0116479_22213192.jpg



屋上の煙突廻り
f0116479_2233498.jpg

f0116479_2242795.jpg


美しい前庭の景色
f0116479_22474243.jpg


by sunshine-works | 2007-02-12 23:35 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 09日
甲子園ホテル(武庫川学院甲子園会館)1
西宮の近代建築その2
前回紹介した武庫大橋のすぐ傍にある素晴らしい建物です。見所が多く、とても1回では紹介し切れませんのでシリーズでお伝えします。

関西随一の高級リゾートホテルとして昭和5年に建てられました。設計はフランク・ロイド・ライトの愛弟子、遠藤新です。

*武庫川学院 甲子園会館のHP

正面の眺め。左右のウイングにホールと食堂を振り分け1対の煙突を配したシンメトリー構造となっています。
f0116479_095798.jpg

同じ面を池の畔から。昔は船遊びが出来る大きな池だったそうです。
f0116479_01036100.jpg

西側のウイング。ダンスホールや宴会場として利用されていました。
f0116479_0111669.jpg

ウイングの背後がかって客室だった場所です。
f0116479_012512.jpg

正面の詳細。
f0116479_0295470.jpg

特異なレリーフや柱。「打出の小槌」をモチーフにしたレリーフが随所にあります。
f0116479_0144336.jpg

f0116479_0151936.jpg

f0116479_0181978.jpg

インカやマヤ風にも見える不思議な光景。
f0116479_0392681.jpg


整然と並ぶ列柱のデザインは波を表しているそうです。
f0116479_015591.jpg

f0116479_0274783.jpg

f0116479_0163412.jpg

f0116479_0185572.jpg


f0116479_0191629.jpg
f0116479_0195010.jpg

f0116479_0174398.jpg

f0116479_0205663.jpg


帝国ホテルと並び評された甲子園ホテルですがホテルとしてはわずか15年ほどでその使命を終え、海軍病院、進駐軍宿舎を経て武庫川学院の施設となりました。現在は同学院の建築学科(女子大の建築科は珍しいです)が使用しています。こんな素晴らしい校舎で建築を学べるなんて最高の環境ではないでしょうか。

f0116479_0212930.jpg


*次回へ続く

by sunshine-works | 2007-02-09 01:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)