タグ:美術館・博物館 ( 4 ) タグの人気記事

2013年 08月 15日
大原美術館
岡山県倉敷市の近代建築その17

倉敷の観光名所、倉敷川に面した美観地区の一角に、一際目を惹く洋風建造物が建てられています。
この大原美術館は日本最初の本格的な私設美術館として昭和5年に建てられました。
施主:大原孫三郎、設計:薬師寺主計、施工:藤木工務店。
大正期から昭和初期に掛けて倉敷に数多くの近代建築を残したこの三者を代表する建物です。
f0116479_20295329.jpg

美観地区のほぼ中央、石橋を渡った先にギリシア・ローマの神殿建築を模した建物が聳えます。
鉄筋コンクリート2階建。石造に見える外観の殆どはセメントを使った人造石仕上げです。
f0116479_20301694.jpg

f0116479_20303640.jpg

f0116479_2031399.jpg

f0116479_20312431.jpg

f0116479_2031119.jpg

正面側の見上げ。中央2本にイオニア式のオーダー柱、その上に三角ペディメントを構えます。
当時の内外の美術館や博物館等文化施設の多くに採用されたアメリカンルネッサンス様式(ボザール様式)で建てられています。
f0116479_20334811.jpg
f0116479_20333720.jpg
f0116479_20325437.jpg
f0116479_20324396.jpg

f0116479_20351559.jpg
f0116479_20345918.jpg
f0116479_20342787.jpg

正面入口の眺め。列柱が並ぶ中央に小さな入口を構えます。
f0116479_2036215.jpg

f0116479_2058420.jpg

f0116479_20562842.jpg

f0116479_21344335.jpg

岡山出身の洋画家で大原孫三郎と親交の深かった小島虎次郎のコレクションを収蔵・展示する美術館として建てられました。西洋美術館として日本で最古、私立美術館としても戦前唯一の建物でした。
f0116479_20353414.jpg

f0116479_20515449.jpg
f0116479_20371177.jpg
f0116479_20364862.jpg
f0116479_20481772.jpg

f0116479_20482828.jpg

f0116479_20483862.jpg

日本の私立美術館の嚆矢として知られる美術館に相応しい優美な姿を湛えます。
多くの近代建築が並ぶ美観地区の中核を成す建物として欠かせない建物となっています。
f0116479_20434737.jpg


by sunshine-works | 2013-08-15 23:43 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2011年 02月 24日
金比羅宮宝物館
香川県琴平町の近代建築その2

参詣者で賑わう金毘羅宮の参道。象頭山の中腹にある社殿まで延々と続く石段を登って行くと、脇道に和洋折衷様式の石造建物が見えてきます。この建物は金毘羅宮の宝物館として明治38年に建てられました。設計は文部省技師の久留正道。
f0116479_22264674.jpg

金毘羅宮の参道に建つ建物だけに各所に和風の意匠が採り入れられています。唐破風の庇を持つ玄関、城郭のような入母屋造りの屋根、寺院を思わせる2階バルコニーの意匠等、洋の中に和を巧みに取り合わせた独特の様式となっています。
f0116479_22271195.jpg

f0116479_22272953.jpg

f0116479_22275393.jpg
f0116479_222859.jpg

f0116479_22305839.jpg

f0116479_22304162.jpg

f0116479_22311914.jpg

f0116479_22314040.jpg

f0116479_2232987.jpg

南平面のバルコニー。銅版が張られています。
f0116479_22292720.jpg

f0116479_22294043.jpg

f0116479_22295733.jpg

f0116479_22301979.jpg

こちらは裏面。宝物館に相応しい石造のがっしりとした構えです。
f0116479_22385643.jpg

f0116479_22392922.jpg

f0116479_22394744.jpg

f0116479_22402529.jpg

東京、奈良、京都に建てられた帝室博物館がわが国の博物館建築の始まりとなりましたが、この金比羅宮宝物館は地方の一施設ながら、これらの直後に建てられた同種の建物として極めて意義ある存在とされています。
f0116479_2243611.jpg


by sunshine-works | 2011-02-24 23:39 | 近代建築 香川県 | Trackback | Comments(0)
2007年 11月 10日
旧池長美術館(神戸市文書館)
神戸中央区の近代建築その3

旧池長邸から北西方向、神戸市中心街に向かってしばらく進んだところには池長氏がコレクションした南蛮美術の美術館として建てられた建物が建っています。昭和13年築。設計は池長邸と同じく小川安一郎です。
f0116479_22481745.jpg

当初は池長氏の私設美術館として開設されました。戦後運営は神戸市に移管され神戸市立南蛮美術館となりました。昭和57年に収蔵品が新設された神戸市美術館に移された後は神戸市の文書館として使われています。
f0116479_22521912.jpg

池長邸はスパニッシュミッション様式ですがこの美術館はアールデコスタイルの建物です。正面側に白色のタイルを貼りファサードは大きなグリルで飾られています。玄関は中央に置かれていますが全体のデザインを左右比対象とすることで単調さを和らげています。
f0116479_22542281.jpg

f0116479_22553967.jpg

f0116479_23191175.jpg

f0116479_22565824.jpg

この建物や旧池長邸を設計した小川安一郎は住友工務部の出身で関西を拠点に活動した建築家です。旧池長邸や大阪に残る氏の設計した建物(イトーキクレビオビル清水猛商店)を見ると装飾に鋳物や鍛造品が多く使われています。この建物も随所にグリルや金物が美しく飾られています。
f0116479_22592260.jpg

f0116479_2259034.jpg
f0116479_22593920.jpg

f0116479_2314016.jpg
f0116479_2321153.jpg

f0116479_2303644.jpg

f0116479_2322443.jpg
f0116479_2324816.jpg
f0116479_2331362.jpg
f0116479_2335059.jpg

この美術館の元となった池長コレクションについてはこちらに詳しいのですが
結局池長氏は貴重なコレクションを手放す事となってしまいます。(莫大な財産税が課された様です) 自邸も売却せざるを得ない状況の中で美術館と収蔵品は神戸市に無償で譲渡しコレクションの散在を防いだ逸話にはコレクターの心意気を感じます。
f0116479_2345383.jpg

市に移管され、その後も美術館として使われた事で今日まで原形のままの美しい姿が守られてきました。文書館として転用された事も用途として相応しい使われ方と思います。市民の財産として長く残していってもらいたい建物です。
f0116479_23233519.jpg


by sunshine-works | 2007-11-10 23:40 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)
2007年 07月 14日
白鶴美術館

神戸東灘区の近代建築その3

灘中学を設立した二つの嘉納家のもう一方、清酒白鶴の醸造元である白嘉納家は本嘉納家の分家として創業した灘五郷の中でも長い歴史を持つ蔵元です。
明治以降は積極的な海外戦略や新商品開発を行い、灘を代表する銘柄に成長していきます。この頃の当主である7代目嘉納治兵衛は東洋美術の愛好家としても知られ、数々の貴重な美術工芸品を収集していました。この建物はこれらの美術コレクションの収蔵館として建てられたものです。
昭和6年竣工、設計は竹中工務店の鷲尾九郎です。
f0116479_1648272.jpg

創建時に建てられた事務棟と本館(美術館)の2棟が主要な建物です。同時に建てられた土蔵は阪神淡路大震災で失われてしまいました。

最初に見えてくるのが事務棟です。この入口から入館します。
f0116479_1664271.jpg

f0116479_16414146.jpg

f0116479_16492910.jpg
f0116479_16495894.jpg
f0116479_16501165.jpg


事務棟を抜けると中庭を挟んで美術館が大迫力で迫ってきます。
f0116479_16552275.jpg

f0116479_16562676.jpg

和洋折衷様式に分類されるのでしょうが、西洋技法で作った寺院建築と言ったイメージです。
RC造二階建、天井を高く取った大きな建物です。
f0116479_1657333.jpg

敷地手前側の事務棟と奥の美術館は回廊で結ばれています。
f0116479_1705525.jpg

美術館側から見た事務棟 右手が回廊です。
f0116479_172166.jpg

美術館の1階部分です。
f0116479_175980.jpg
f0116479_1753441.jpg

f0116479_1762430.jpg

重厚な鉄扉
f0116479_1755547.jpg

f0116479_1774958.jpg
f0116479_1781051.jpg

2階のテラスに出て見ます。美しい中庭の景色と神戸の街並みが望めます。
f0116479_1711815.jpg
f0116479_17113623.jpg
f0116479_1712967.jpg
f0116479_17123449.jpg

展示品は撮影禁止ですが室内は写真OKとの事です。2階の展示室の様子。
f0116479_17143692.jpg

天井には白鶴の紋が描かれています。
f0116479_17154389.jpg

こちらは1階展示室 
f0116479_17163133.jpg

階段脇の附室にこんな灯具がありました。
f0116479_17193347.jpg


こちらは事務棟の内部
f0116479_17214981.jpg
f0116479_1723287.jpg
f0116479_17231774.jpg

f0116479_17241092.jpg


これだけの建物が(収蔵されている美術品も含めて)一個人のコレクションの為に建てられたという事実は現在の目からすると驚くべきことです。当時の事業家の資産力は今日の経営者レベルとは比較にならない一桁も二桁も違う物のようです。
彼らの多くは(動機はともかく)社会奉仕として文化事業、公益事業に多大の寄付や貢献を行い地域文化を育んでいきました。
f0116479_17271321.jpg


by sunshine-works | 2007-07-14 17:44 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)