タグ:競技施設 ( 2 ) タグの人気記事

2007年 09月 30日
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス
神戸灘区の近代建築その11

六甲ケーブルの駅を出て山上を巡る周遊道路を進みます。美しい高原の景色を眺めながら小路を入っていくとゴルフ場の鮮やかな芝生が見えてきます。
六甲山は明治半ばから主に外国人向けの避暑地として開発されて行きましたが、その外国人たちによって日本で最初のゴルフ場としてオープンしたのがこの神戸ゴルフ倶楽部です。ゴルフ場の開設は明治期ですが昭和7年に建てられたクラブハウスが現在も使われています。設計:W.M.ヴォーリズ
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_23584060.jpg

交通アクセスが整備されるまで、外国人達は六甲の山上へ行くのに馬や籠を利用していました。急峻な山道を数人の人足が担ぐ籠で上っていくのは相当な労力を要しますが料金もかなりの高額でした。当時この場所でゴルフを楽しむ事が出来たのは貿易商を営む外国人や一部の富裕層だけだったようです。それでも開設時は4ホールの簡素なコースだった六甲ゴルフ倶楽部もその後拡張を繰り返し本格的なゴルフ場へ発展していきます。このクラブハウスが建てられた昭和7年は六甲ケーブル開通の年であり、ロープウェイや自動車道も完成間もない頃でした。ちょうど特権階級の為の施設からより広い層へ向けた施設への節目となった時期に建てられた事になります。(とは言えゴルフはまだまだ高価な道楽であり、庶民が楽しむレベルまでは一般化していませんでした。)
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_23594639.jpg

いわゆる高原ロッジ風の建物です。ワインレッドに塗られた下目板が目に鮮やかです。
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_005013.jpg

神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_02693.jpg
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_024090.jpg

神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_013126.jpg

神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_1235966.jpg

18番ホールのホールアウトを前庭のテラスから眺めます。客船のサンデッキの様でリゾート気分も高まります。
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_0458.jpg
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_044497.jpg
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_05144.jpg

こざっぱりした玄関周り。余分な装飾はほとんどありません。
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_064787.jpg

かなり年季の入った石標。
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_0103622.jpg

日本で最初のゴルフ場としてスタートした神戸ゴルフ倶楽部は名門コースとしてのステータスを築きあげました。現在の標準的なクラブハウスに比べれば規模は小さく豪華さや施設の充実度も劣るのかもしれませんが、使い込まれたこのクラブハウスの風格は名門コースに相応しい物となっています。
神戸ゴルフ倶楽部 クラブハウス_f0116479_0253687.jpg


by sunshine-works | 2007-09-30 00:40 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 05月 26日
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)
西宮の近代建築その24

阪神甲子園駅から南へ進むと武庫川女子大のキャンパスが見えてきます。大学付属中学・高校の施設として使われているこの校舎はかってこの場所にあった鳴尾競馬場の建物を転用したものです。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_1184734.jpg

竣工は昭和10年。施工は大林組です。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_1363928.jpg

元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_23325435.jpg

この面はかっての競馬場の正面入口にあたります。玄関周りの装飾は石を巡らした風格ある造りです。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_2353017.jpg

元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_2353299.jpg

大きな庇が端まで伸びています。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_23562359.jpg

1階内部です。競馬場と言うより劇場の様な階段。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_0343491.jpg

天井の梁に施された飾り
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_0361147.jpg


玄関部分に比べると他はシンプルな外観です。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_0213674.jpg

さりげなく軒蛇腹が巻かれています。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_1381221.jpg

古い写真を確認してみると、この面の反対側にはメインスタンドがありました。現在はこの建物だけが残っている様です。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_1495044.jpg


反対側に回って見ました。メインスタンドがあった場所は教室となっています。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_0241780.jpg

最上部に見える2本の柱と両脇の部屋は入口側建物の最上階です。かってはメインスタンドを見下ろしていた特等席だったのでしょうか。
元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_0311122.jpg


昭和初期の鳴尾~甲子園一帯はこの競馬場の他にもゴルフ、テニス、水泳、遊園地、(もちろん野球場も)等の施設が広がる一大レジャー地帯となっていました。しかし戦争の進展に伴いこの地に
軍需工場(川西航空機)が進出し競馬場はそっくり工場敷地に変わってしまいました。戦後、航空機工場の跡地は団地になりましたが、一部が武庫川女子大の校地となった事によりこの建物が校舎として再利用されているのです。

元鳴尾競馬場建物(武庫川女子大附属中学・高等学校芸術館)_f0116479_23335921.jpg



*THANKS:この建物についてはこちらのブログ記事で知りました。素晴らしい建築を教えていただきありがとうございます。
喫茶店で瞑想して、 銭湯で元気になる

by sunshine-works | 2007-05-26 23:04 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)