タグ:徳島県 ( 42 ) タグの人気記事

2014年 06月 10日
高徳線吉野川橋梁
徳島の鉄道遺産その13

前回紹介した吉野川橋(旧古川橋)から上流側へ約3キロ、この地点にも昭和初期に架けられた重要な橋が現存しています。
高松と徳島を結ぶ高徳線が吉野川を渡るこの橋梁は昭和10年に架けられました。
f0116479_11194183.jpg

広い川幅に据えられた15基のコンクリート橋脚の上を渡る長大な連続トラス橋。
両端を単径間トラス、中間部には4基の3径間連続トラスが渡されます。
3径間トラスの鉄道橋梁として日本初、橋長950mは現在もJR四国管内の河川橋梁として最長の規模を誇ります。
f0116479_11225781.jpg

f0116479_1123374.jpg

f0116479_11234985.jpg

f0116479_11243516.jpg

土手を越え、広い河川敷を横切り、その先の穏やかな川面を延々と橋が渡っていきます。
それまで連絡船が結んでいたこの地点に架けられた吉野川橋梁は、当時の最新技術を駆使した最大級の鉄道橋梁となりました。
f0116479_11272374.jpg

f0116479_11274641.jpg

f0116479_11293131.jpg

f0116479_1342762.jpg

f0116479_11221247.jpg

f0116479_1324165.jpg

f0116479_11214178.jpg
f0116479_132626.jpg

f0116479_1332091.jpg

橋の両端部に架かる単径間トラス。この時代の標準的な規格のものです。
f0116479_1355521.jpg

f0116479_1363513.jpg

f0116479_1364731.jpg

中間部には3径間を跨ぐ長いトラスが用いられました。
f0116479_2324133.jpg

f0116479_139368.jpg

f0116479_1384164.jpg

f0116479_1392766.jpg

吉野川本流に架けられた橋梁の南側には分流を跨ぐプレートガーダー橋が繋げられ、線路は築堤へと導かれます。
f0116479_13134852.jpg

f0116479_13132397.jpg

f0116479_13122865.jpg

f0116479_13125540.jpg

f0116479_13115710.jpg

f0116479_1311953.jpg


by sunshine-works | 2014-06-10 23:31 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 06月 05日
吉野川橋
徳島県徳島市の近代建築その3

徳島市街地の北方、吉野川の広い川幅を17連の連続トラス橋が渡ります。
架橋当時東洋一の規模を誇った吉野川橋は昭和3年に架けられました。設計:増田淳
f0116479_12481226.jpg

河口から約5キロの地点、1000メートルを超える対岸まで、延々とトラスが連なります。
当時既に連続トラス橋は各地に架けられていましたが、1000メートル超の道路橋として日本で始めてのものとなりました。
f0116479_12584783.jpg

f0116479_12593980.jpg

f0116479_1374383.jpg

f0116479_12491083.jpg

f0116479_12492383.jpg

f0116479_1250297.jpg

f0116479_12493532.jpg

県北部を結ぶ重要な交通路として渡された吉野川橋ですが、片側1車線と狭く、耐加重も限られる為、昭和47年に下流側に吉野川大橋が架けられました。
以降は幹線の役割を譲る形となりましたが、補修を重ねながら、現在も現役で使われています。
f0116479_12521976.jpg

f0116479_12514179.jpg

f0116479_23164164.jpg

f0116479_23205230.jpg

f0116479_23184511.jpg

複雑に組み合う鉄骨、びっしりと打たれたリベット。洗練された現在の橋とはまた違った味わいがあります。
f0116479_12523874.jpg

f0116479_12531210.jpg

f0116479_12533636.jpg

f0116479_12534799.jpg

f0116479_12542593.jpg

f0116479_12562179.jpg

f0116479_12551660.jpg

f0116479_12545369.jpg

f0116479_12553921.jpg


by sunshine-works | 2014-06-05 23:33 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 30日
佐古配水場
徳島県徳島市の近代建築その2

徳島市の西部、住宅地の奥手に続く山裾に、徳島市近代水道創設時の施設が残されています。
佐古配水場の施設として現役で使われているこれら一連の建物は、大正15年の水道開設に併せて建てられました。
f0116479_059721.jpg

現存する創設時の建物は計3棟。中央に建つこの大きな煉瓦建物は浄水を眉山中腹の配水池まで送水する為のポンプ室として建てられました。
f0116479_102521.jpg

煉瓦造平屋建、切妻屋根の妻面中央を一段高く立ち上げ、玄関上部には小さなバルコニーを据えます。
窓周りや柱形を惹き立てる切石のアクセント、ファンライトを添えた縦長アーチ窓、入口上部にはメダリオンを飾る破風。当時の水道施設に広く用いられた古典様式風の意匠で建てられています。
f0116479_113628.jpg

f0116479_11636.jpg

f0116479_1516338.jpg

斜め側面からの眺め。妻面にも正面側と同様の縦長アーチ窓を廻らせます。
f0116479_12371.jpg

f0116479_125569.jpg

旧ポンプ室の隣には円筒形の煉瓦建物が並びます。集合井と呼ばれるこの施設は、配水池に送る浄水を蓄え、計量する為のものです。
f0116479_1185236.jpg

f0116479_1195025.jpg

鋳鉄製の煙突様のものは、地下タンクの空気抜きとの事。岡山の半田山配水池にも良く似たものがありました。
f0116479_120937.jpg

f0116479_1202271.jpg

f0116479_1204274.jpg

f0116479_1205885.jpg

敷地の北側に残る方形の小さな建物。これも創設時の建物です。
f0116479_1213891.jpg

敷地を囲う煉瓦の外壁。創設時の状態を良く留めています。
f0116479_1222225.jpg

f0116479_1223763.jpg

f0116479_123425.jpg

f0116479_1232671.jpg


by sunshine-works | 2014-05-30 23:36 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 25日
旧室住医院
徳島県徳島市の近代建築その1

徳島市の西部、鮎喰駅南の静かな住宅街の一角に、目を惹く洋風住宅が建っています。
この建物は医院兼住宅として昭和2年に建てられたものです。
f0116479_19131089.jpg

木造2階建(一部3階建)、複雑に重なるマンサード屋根に洋瓦を葺き、妻面をハーフティンバー風に飾ります。
化粧タイル貼りの玄関廻り、1階2階の縦長窓、葉脈を思わせる3階窓枠、通風口の格子等々、当時流行の意匠を盛り込んだモダンな医院建築です。
f0116479_19133326.jpg

f0116479_19135113.jpg

f0116479_1914885.jpg

f0116479_19143626.jpg

f0116479_19145354.jpg

f0116479_19151261.jpg

f0116479_19152959.jpg

徳島には、大正~昭和初期に建てられた旧医院が数多く現存しますが、当時の東京や京阪神の医院建物に劣らぬモダンな意匠のこの室住医院は、徳島の医院建築の水準の高さが伺えます。
f0116479_19162776.jpg

f0116479_19154536.jpg

f0116479_1916062.jpg

タイル貼りの玄関廻り詳細です。
f0116479_19172189.jpg

f0116479_1925587.jpg

f0116479_19181583.jpg

f0116479_19182939.jpg

f0116479_19183933.jpg

f0116479_1919759.jpg

f0116479_19191532.jpg

側面、裏側から。
f0116479_19201598.jpg

f0116479_19202533.jpg

建物から南へ進んだ旧道沿いに建つ石柱。医院への案内として使われたものでしょうか。
f0116479_19222157.jpg

f0116479_1922303.jpg


by sunshine-works | 2014-05-25 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 20日
吉野川第十樋門
徳島県上板町の近代建築

県の中央を貫いて東へ流れる吉野川は、次第に川幅を広げながら下流域へ向かいます。
吉野川下流の板野郡上板町には大正12年に設置された巨大な樋門が今尚残り、現用施設として使われています。吉野川と旧吉野川が交わる地点に築かれたこの第十樋門は、竣工当時日本最大の規模を誇る樋門でした。
f0116479_1046294.jpg

吉野川改修工事の一角として、流量調整の為に設けられた分流樋門。
鉄筋コンクリート製、6連のゲートを並べます。
f0116479_23465344.jpg

f0116479_11119.jpg

f0116479_10474854.jpg

f0116479_10471193.jpg

f0116479_10483042.jpg

西岸からの眺め。
f0116479_1050831.jpg

f0116479_1050533.jpg

f0116479_1051132.jpg

f0116479_10513079.jpg

f0116479_10515726.jpg

f0116479_10535450.jpg

堤の上部には道路が敷かれ、橋として使われています。
f0116479_10544237.jpg

f0116479_10542276.jpg

f0116479_1054537.jpg

f0116479_1058545.jpg

樋門の端には水尺小屋と呼ばれる水位の観測施設が建てられています。
f0116479_1057172.jpg

f0116479_10575215.jpg

f0116479_10573568.jpg

f0116479_10581038.jpg

f0116479_10582136.jpg

f0116479_10583775.jpg

f0116479_1121060.jpg

樋門の下流側。樋門で調整された水量が旧吉野川に送られます。
f0116479_1123511.jpg

f0116479_1124745.jpg

f0116479_1135162.jpg

f0116479_1142377.jpg

f0116479_114512.jpg


by sunshine-works | 2014-05-20 23:48 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 15日
板野東小学校講堂
徳島県板野町の近代建築

高徳線板野駅の北方に連なる古い町並みの外れに、大正末期に建てられた鉄筋コンクリート造の学校建築が現存します。今も現役で使われているこの建物は、旧板西尋常小学校講堂として建てられました。
f0116479_12255.jpg

大正15年に建てられた鉄筋コンクリート造の講堂。尋常小学校のものですが、規模が大きく、造りも本格的なもの。徳島に現存するRC造の学校施設では最古と思われます。
f0116479_13241.jpg

f0116479_132345.jpg

f0116479_135839.jpg

敷地の外からの眺め。門柱や塀は当時の状態で保たれています。
f0116479_143613.jpg

f0116479_144869.jpg

f0116479_151270.jpg

f0116479_152920.jpg

f0116479_162986.jpg

f0116479_165059.jpg

こちらは西面から。東面と殆ど同じ造りで裏表がありません。
f0116479_154976.jpg

f0116479_16143.jpg

f0116479_17365.jpg

f0116479_171760.jpg

f0116479_173170.jpg

f0116479_174357.jpg

f0116479_184764.jpg


by sunshine-works | 2014-05-15 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 10日
旧山瀬郵便局
徳島県吉野川町の近代建築

徳島線山瀬駅の西方、旧道沿いに商店が点在する一角に、大正期に建てられた洋風建築が残されています。
この建物は、大正2年に郵便局として建てられ、平成6年まで使われていました。
f0116479_13142747.jpg

木造2階建て下見板貼り、玄関部分を前方に突き出し、寄棟屋根には桟瓦を葺きます。
正面左右に配置した上げ下げ窓、中央上部に建ち上がる入母屋破風、軒を飾るパージボード等、モダンな外観を示します。
f0116479_13151737.jpg

f0116479_1554847.jpg

軒飾り、上げ下げ窓、玄関廻り詳細。入口扉が替えられている意外は良好に竣工時の姿を留めています。
f0116479_13153866.jpg

f0116479_13155456.jpg

f0116479_13164651.jpg

f0116479_13162296.jpg

移転した現在の山瀬郵便局前から旧局舎を眺めます。
f0116479_13171510.jpg

f0116479_13173176.jpg

旧郵便局舎の裏手には、この特定郵便局を設置し、局長を務めた富本家の邸宅が建っています。
昭和6年に建てられた洋館と昭和8年に建てられた離れが現在も住居として使われています。
f0116479_13295177.jpg

f0116479_133013.jpg

f0116479_13301234.jpg

敷地内に並ぶ土蔵。
f0116479_13303480.jpg

南側からの眺め。この面が建物正面となります。
f0116479_13342835.jpg

f0116479_13344789.jpg

f0116479_13332173.jpg

f0116479_13333740.jpg

f0116479_13335140.jpg

f0116479_133409.jpg


by sunshine-works | 2014-05-10 23:59 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 05月 05日
四国電力吉良発電所・切越発電所
徳島県つるぎ町の近代建築その3

四国の電力を支えた吉野川水系の水力発電所は明治末期に祖谷川を始めとする県西部から開発されていきますが、やがて吉野川中流域でも水力発電所の設置が行われていきます。
つるぎ市を流れる貞光川には大正15年に吉良発電所、その上流に切越発電所が昭和5年に設置されます。
今回は現役で使われているこの二つの水力発電所を紹介します。
f0116479_11284971.jpg

貞光の市街から川に沿って南へ。程なく進むと川の対岸に切妻屋根のRC建物が見えてきます。
大正15年、貞光川最初の水力発電所として美馬水力電気が設置しました。
f0116479_11404431.jpg

f0116479_1140264.jpg

f0116479_11402031.jpg

出力2,700kwの水路式発電所。当時としては中規模なものです。
ここで作られた電力の殆どは、既に実用化されていた長距離送電技術によって香川県へ送られていました。
f0116479_11504374.jpg

f0116479_11511579.jpg

斜面を下る水圧鉄管。
f0116479_11522280.jpg

f0116479_11523864.jpg

上からの眺め。
f0116479_11563492.jpg

反対側の妻面です。
f0116479_11573398.jpg

f0116479_1158984.jpg

f0116479_11585321.jpg

この時代の地方の発電所の倣いで装飾要素は概ね控えめですが、中間部の壁面にはドイツ壁風の装飾が施されています。
f0116479_1295532.jpg

f0116479_1210779.jpg

吉良発電所から更に上流へ。狭い山道の途中に切越発電所が設置されています。
昭和5年、貞光電力が設置したダム水路式。出力4,000kw。
f0116479_12175392.jpg

f0116479_12221777.jpg

陸屋根2階建て。吉良発電所に比べるとあっさりした建物ですが、こちらも2階窓下をドイツ壁風に仕上げています。
f0116479_12203961.jpg

f0116479_1221310.jpg

f0116479_12212468.jpg

f0116479_12215351.jpg


by sunshine-works | 2014-05-05 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 25日
徳島線蔵本駅跨線橋
徳島の鉄道遺産その12

徳島市西部の蔵本駅の開業は明治32年。徳島鉄道が開通して9ヶ月後に設置されています。
この蔵本駅には、現存例として四国最古の鋳鉄製跨線橋支柱が使われています。
f0116479_133555.jpg

前回紹介した石井駅と同じ鉄道院規格の支柱。
「明治43年」「鉄道院」「横川橋梁株式会社」の銘が確認できます。
f0116479_1341696.jpg

f0116479_1351318.jpg

f0116479_1354886.jpg

f0116479_138755.jpg

この蔵本駅跨線橋も石井駅の跨線橋と同様に、当初からの羽目板壁や木製の階段踏板の仕様が保たれています。
f0116479_13242196.jpg

f0116479_1371137.jpg

f0116479_13315179.jpg

f0116479_1384299.jpg

f0116479_139617.jpg

f0116479_1395092.jpg

f0116479_13111368.jpg

f0116479_13283347.jpg

f0116479_1310443.jpg

f0116479_1312244.jpg

f0116479_13133625.jpg

補修、改修が施されていますが、駅舎本家も開業以来のものです。
f0116479_13153233.jpg

f0116479_13161123.jpg

程よく手入れされた跨線橋内部。
蔵本駅跨線橋は当初の設置場所で使い続けられる明治期の跨線橋として、全国的にも数少ない事例となります。
f0116479_13181737.jpg

f0116479_13182921.jpg

f0116479_13183863.jpg
f0116479_13201181.jpg

f0116479_13202118.jpg

f0116479_13203741.jpg

f0116479_13204880.jpg


by sunshine-works | 2013-11-25 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2013年 11月 20日
徳島線石井駅跨線橋
徳島の鉄道遺産その11

徳島線の前身、民営の徳島鉄道の開業は明治32年。徳島から鴨島間に5駅が設置されました。
この5駅の一つ、石井駅には大正4年製の跨線橋が今も使われています。
f0116479_1057059.jpg

2面を結ぶ跨線橋に使われている鋳鉄製の支柱。「大正4年」「鉄道院」「汽車製造株式会社」の刻印が読み取れます。
f0116479_10581833.jpg

f0116479_11171691.jpg

f0116479_1181520.jpg

f0116479_117312.jpg

跨線橋の仕様は、各地に現存する鉄道院時代のものと同じ造り。組上げたフレームの上に羽目板壁を張ったもの。
古い跨線橋の中にはフレーム以外を大幅に改修したものが少なくありませんが、この石井駅はほぼ設置当時の状態で使われています。
f0116479_10575834.jpg

f0116479_1105940.jpg

f0116479_1112335.jpg

f0116479_1122070.jpg

f0116479_112283.jpg

f0116479_1131646.jpg

f0116479_114668.jpg

f0116479_1134720.jpg

f0116479_11131132.jpg

遠方からの全景。
f0116479_11252255.jpg

対向ホームから眺めた駅舎本屋。建具や壁材が変更されていますが、基本構造は開業時の姿を留めています。
f0116479_11244435.jpg

木製階段を上って跨線橋内部へ。全国的にも希少な設置当初の仕様のまま使われている跨線橋です。
f0116479_10595584.jpg

f0116479_11173872.jpg

f0116479_11191749.jpg

f0116479_1117568.jpg

f0116479_11181548.jpg

f0116479_11182823.jpg

f0116479_11184496.jpg

f0116479_111945100.jpg

f0116479_1120587.jpg


by sunshine-works | 2013-11-20 23:57 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)