タグ:庁舎 ( 74 ) タグの人気記事

2009年 01月 23日
福良警部派出所(旧福良警察署)
淡路島の近代建築その10

淡路島の南端、鳴門海峡に臨む福良の町は港を中心に発展した南部の中心地です。この福良の旧道に面して建つ警部派出所の建物は昭和3年に福良警察署の庁舎として建てられました。
f0116479_20152797.jpg

大きな島である淡路島には中心都市の洲本の他に幾つかの拠点となる町が栄えました。特に福良は四国を結ぶ交通の要として、また豊かな漁場を控えた漁港として発展し、古い町並みの中に民間企業や銀行の支店、県や国の行政機関等の近代建築が幾つも建てられていきました。
f0116479_201685.jpg

中心部からやや離れた場所の旧道沿いに位置します。比較的狭い前面道路ですが、昔は港や中心街から繫がる賑やかな通りだったと思われます。
f0116479_2023551.jpg

道路に面した建物正面。派手な意匠はありませんがこの時代の庁舎らしく玄関周りに凝った装飾が施されています。
f0116479_20241043.jpg

f0116479_20244874.jpg

f0116479_2025176.jpg

f0116479_20253784.jpg

f0116479_202639.jpg

f0116479_20263498.jpg

築後80年近く経過していますが、竣工当時の写真と見比べて見ても一部の窓が塞がれていたり窓枠がサッシに変わっている以外は外観に大きな改修は加えられていないようです。
f0116479_20274735.jpg

f0116479_20282639.jpg

玄関周り以外には3階窓上部のテラコッタ飾りと屋上の素焼瓦のパラペットをアクセントとしています。系統的にはスパニッシュ様式になるのでしょうか。警察署としては何ともユニークな建物です。
f0116479_2018173.jpg

f0116479_20271136.jpg

f0116479_20291611.jpg

裏側にあたる建物南側。こちらからの眺めはなおさら南欧色が濃く出ています。
f0116479_2038373.jpg
f0116479_20381990.jpg
f0116479_20382710.jpg
f0116479_20384555.jpg

警察庁舎はその威厳を示す目的もあって、どっしりとした重厚な建物が各地に建てられましたが近年その多くは建て替えや改装によって姿を消しています。兵庫県内でも戦前に建てられ今なお現役の警察庁舎はごく僅かとなってしまいました。
特殊な建物故に転用が難しいのでしょうが、個性を活かせばいろいろな使い方があるかもしれません。
f0116479_2039089.jpg


by sunshine-works | 2009-01-23 21:27 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2009年 01月 14日
旧三原郡役所
淡路島の近代建築その8

淡路島の中南部を占める南あわじ市は合併によって平成17年に誕生した新しい市です。この南あわじ市の市域の大半を構成していた旧三原郡の郡役所が淡路島中央の観光施設(淡路ファームパーク)に移設公開されています。現存する洋風建築物としては淡路島で最も古く、また兵庫県内に残る旧郡役所の中でも最古のものです。明治17年築。
f0116479_18424862.jpg

この建物が建てられた明治17年当時は神戸の外国人居留地を別にすれば洋風建築物はまだまだ珍しい存在でした。
文明開化とは言え都市部以外の地域の住環境は江戸時代とさほど変わっていなかったこの時代、それまで誰も見たことが無かった洋風の建築意匠が地域の中に取り入れられる先鞭となるのが学校や役場などの公共施設でした。これらの多くは後に偽洋風と呼ばれる地元の大工・棟梁達が日本建築の技法で手がけた和洋折衷様式の建物でした。
f0116479_18454045.jpg

f0116479_18463142.jpg

明治17年に竣工してから大正15年まで三原郡役所として使用されました。郡制が廃止された後は幾つかの公共施設に転用されながら現役で使われていました。
f0116479_18535152.jpg

f0116479_185341100.jpg

平成7年の阪神淡路大震災でこの建物は半壊する被害を受けました。当初は取り壊される予定だったのですが地元からの保存要望を受けて解体保存され、平成19年にこの地に再建されました。
破損や腐食した箇所が多く、元の部材は全体の4割程度との事なので厳密に言えば復元ではなく再現と言えなくもありませんが、外装は新旧の部材が巧みに組み合わされておりほとんど違和感の無い仕上りになっています。
f0116479_18474539.jpg

f0116479_18481857.jpg

f0116479_18492950.jpg

f0116479_1850144.jpg

f0116479_18504795.jpg

f0116479_19165313.jpg

f0116479_19172154.jpg

f0116479_19174040.jpg

f0116479_1918285.jpg

いかにも役場らしい堂々とした玄関周り。玄関の屋根瓦はオリジナルのものが使われているそうです。
f0116479_190692.jpg

f0116479_1924634.jpg

f0116479_18585662.jpg

f0116479_18594946.jpg

f0116479_1904684.jpg

f0116479_1901226.jpg

f0116479_1914680.jpg

f0116479_19215100.jpg

f0116479_1973635.jpg

室内は大きく改装されていますが所々に当初のイメージが残されています。
f0116479_1942446.jpg

f0116479_1954394.jpg

f0116479_196846.jpg

f0116479_1963411.jpg

新政府により各地に建てられ、地方に洋風建築を広める先駆けとなった町村役場はその多くが木造建築だったこともあり、現存しているものはごく僅かとなってしまいました。
再建されたこの旧三原郡役所は当時の役場建築の姿を伝える資料性の高い建物として平成20年に国の登録有形文化財に登録されています。
f0116479_19103970.jpg


by sunshine-works | 2009-01-14 20:02 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 05月 15日
旧国立神戸移民収容所(神戸移住センター)
神戸中央区の近代建築その46

諏訪山の麓に沿って山本通りを東へ向かいます。元町へ繋がる鯉川筋が交わるあたりに建つこの建物は、昭和3年に南米移住者の教習施設として建てられました。設計:兵庫県営繕課
f0116479_20471376.jpg

今年は最初のブラジル移民船笠戸丸が神戸港を出航してちょうど100年にあたります。神戸港は全体の4割にあたる南米移民を送り出した最大の拠点でした。この建物は移住者が渡航前の研修や準備を行う施設として設置されたものです。内部には宿泊施設の他に教習室、診療所、集会所等が設けられていました。
f0116479_21105396.jpg

f0116479_21113326.jpg

この建物は戦時中の中断期間を挟んで昭和46年まで使用され、その後は看護学校の校舎、看護学校が移転した後はアートスペースとして活用されました。
f0116479_21474061.jpg

施設の性質から華美な装飾はありません。玄関周りに控えめな装飾表現が見られますが全体的にはシンプルなモダン建築です。
f0116479_21185050.jpg

f0116479_21194166.jpg

f0116479_21202114.jpg

f0116479_21205155.jpg

f0116479_21211793.jpg

f0116479_21215150.jpg

f0116479_21245926.jpg

f0116479_2341357.jpg

(一時期使用していた看護婦学校の看板が残っていました)
f0116479_21222039.jpg

低い天井に剥き出しのダクトが連なる館内廊下。長い船旅に慣れる為にあえて船内に似せた造りにしているそうです。
f0116479_21295690.jpg

f0116479_21304455.jpg

f0116479_2132815.jpg

f0116479_21324173.jpg

f0116479_21331548.jpg

f0116479_21333321.jpg

f0116479_2134085.jpg

f0116479_21343477.jpg

f0116479_2135617.jpg

現在使われていない裏側。かなり朽ちた状態です。
f0116479_21381643.jpg

f0116479_21384940.jpg

f0116479_21391836.jpg

f0116479_21393454.jpg

本館が手狭になった為、その後裏手に建てられた別館。現在は草に埋もれた状態です。
f0116479_21415117.jpg

f0116479_21421160.jpg

この建物を管理する神戸市はこの建物をブラジル移民記念館として再生する事を決定し、現在改修工事を行っています。(2009年春完成予定)
深い歴史が刻まれたこの建物も一時は解体撤去の話もあったそうですが、記念施設として保存される事となりました。このような活用方法は建物にとって最も望ましい形ではないでしょうか。
f0116479_21132399.jpg


by sunshine-works | 2008-05-15 23:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(1)
2008年 04月 24日
旧兵庫県庁舎(兵庫県公館)
神戸中央区の近代建築その42

現在の兵庫県庁舎の南東には昭和58年まで使われていた旧庁舎が県公館として保存されています。この建物は山口半六の設計により、明治35年に建てられました。
f0116479_12224100.jpg

廃藩置県によって設けられた兵庫県の県庁舎は当初、現在の兵庫区に置かれていました。その後この近辺(地方裁判所のあたり)に移され、明治35年、4代目庁舎として当地に建てられたのがこの建物です。
f0116479_1232965.jpg

f0116479_1243413.jpg

設計者の山口半六は技官として多くの学校建築を手掛けました。留学先のフランスの影響を受けた優雅なデザインの作品を全国各地に残しています。一旦引退した後、兵庫県に請われてこの庁舎を設計しましたが残念ながら完成を見ることなく亡くなってしまいました。
フランスルネッサンス式の荘厳なデザインです。現存する県庁舎の中では数少ない明治期に建てられた煉瓦造の庁舎です。
f0116479_1252654.jpg

中庭を取り囲んだロの字型の大きな建物です。南面に正門が設けられています。
f0116479_1271942.jpg

f0116479_136449.jpg

f0116479_135114.jpg

f0116479_1353374.jpg

側面に整然と窓が並びます。
f0116479_1385510.jpg

f0116479_1403095.jpg

f0116479_140463.jpg

f0116479_1411554.jpg

f0116479_1414528.jpg

f0116479_1425493.jpg

f0116479_2323940.jpg

東面中央の入口
f0116479_1434881.jpg

通りに面した北側にも大きな玄関が設けられています。
f0116479_1454256.jpg

f0116479_2343858.jpg

f0116479_1471152.jpg

f0116479_1473279.jpg

こちらも同様に美しく窓が並びます。
f0116479_157017.jpg

f0116479_1572395.jpg

f0116479_1575482.jpg

f0116479_236218.jpg

f0116479_2333275.jpg

f0116479_1583898.jpg

f0116479_205130.jpg

f0116479_201035.jpg

各地を代表する近代建築として建てられた県庁舎も戦後に続々と建て替えが行われ、現役で使われている庁舎は僅かになってしまいました。この兵庫県庁舎は昭和58年に新庁舎が完成した後、修復工事を行って迎賓館や資料館として再利用されることとなりました。地方財政が厳しい中、旧施設を保存し活用していくことは難しくなっていますが、地域の歴史が刻まれた庁舎を後世に残していくことは大変有意義な事と思います。
f0116479_1464312.jpg


by sunshine-works | 2008-04-24 02:38 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 04月 16日
神戸地方裁判所
神戸中央区の近代建築その40

神戸駅から北方向、山手側へ探訪を進めます。オフィスや商業地区で賑わうJR線の南側に対し、北側は官庁や文教施設が集まる閑静な雰囲気漂う一帯となっています。この一角に置かれている神戸地方裁判所には旧建物の煉瓦壁が再生保存されています。元々の建物は明治37年に河合浩蔵の設計で建てられました。
f0116479_0112327.jpg

f0116479_0131613.jpg

古典様式で建てられた煉瓦造3階建の大きな建物でした。河合浩蔵が留学したドイツの影響を受けていると言われています。
f0116479_0134045.jpg

f0116479_0142366.jpg

f0116479_0145263.jpg

f0116479_0265424.jpg

河合浩蔵は技官として多くの官公庁の建物を手掛けた後、神戸で独立しました。置塩章や清水栄二、渡辺節等が大正・昭和初期に神戸で活躍しましたが、その前の時代を代表する設計者として創成期の神戸に様々な作品を残しました。ちなみに、この神戸地方裁判所は氏の独立前の最後の作品になります。
f0116479_0153495.jpg

f0116479_016345.jpg

f0116479_0165292.jpg

f0116479_0171194.jpg

f0116479_0184734.jpg

f0116479_018359.jpg

f0116479_0191787.jpg

f0116479_0424656.jpg

ほぼ全周に渡って旧建物の外壁が取り込まれています。建物の高層化に伴って屋根は撤去され、代わりに鏡面仕様のガラス壁で上層階が重ねられています。
f0116479_0212485.jpg

f0116479_020335.jpg

f0116479_0253684.jpg

f0116479_0215863.jpg

上層部を目立たせない配慮からガラス壁としています。空と同化させる効果を狙ったのでしょうが、やはり違和感は拭えません。
f0116479_0233991.jpg

保存された部分は明治の造りとは思えない良好な状態です。
f0116479_0244827.jpg

f0116479_0241683.jpg

f0116479_038247.jpg

f0116479_0485436.jpg

f0116479_039268.jpg

この建物の再生についてはその賛否が様々に論議されて来ました。外壁の保存方法としては他にも例のある手法なのですが、ガラス壁の新造部分との相性が想像以上に無理があったようです。そもそも、敷地に余裕があるこの施設を、あえて高層化する必要があったのでしょか。新館を建て、旧館は補強して別用途に転用したほうが良かった様な気がします。
f0116479_0272961.jpg


by sunshine-works | 2008-04-16 00:50 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2008年 02月 08日
旧居留地15番館
神戸中央区の近代建築その23

横浜正金銀行神戸支店と筋を隔ててコロニアル式の建物が建っています。15番館と呼ばれていたこの洋館は旧居留地時代の姿を偲ばせる唯一の建物です。明治13年に建てられた後にアメリカ領事館が置かれ、その後は商館として使われました。
f0116479_21102980.jpg

現在はビルが立ち並ぶオフィス街となっている旧外国人居留地区ですが、元々は海岸沿いの寂れた荒地の様な場所でした。地元民の集落から距離を置くためにあえて辺鄙な場所が選ばれました。開発が進められた居留地は整然と区分された区画毎に分譲されていきます。この建物に付けられた15番館という呼び名の様に、全ての建物には番号が付けられていました。
f0116479_21142568.jpg

f0116479_2137869.jpg

f0116479_21144426.jpg

幕末から旧ピッチで造成された居留地区にはその後商館や商業施設、住居が続々と建てられていきます。明治初年にはこの15番館と同様な木造コロニアル様式の建物が並ぶ当時の東洋の居留地の中でも最大規模の外国人居留地が完成します。
f0116479_21151441.jpg

f0116479_2126870.jpg

南面にベランダが設けられています。北野の異人館に見られる様なガラスのサンルームは付けられず、本来のコロニアルスタイルのままとなっています。
f0116479_21162118.jpg

f0116479_21401063.jpg

f0116479_21172555.jpg

f0116479_21301352.jpg

外国人居留地はわずか30年あまりでその使命を終え、民間に払い下げらた一帯はオフィス街へ変貌を遂げていきます。この過程で旧居留地時代の建物の多くが取り壊されてしまいます。(一部の建物は北野の高台へ移設された物もありました)
残った建物もその後の戦災と戦後の開発で失われてしまい、唯一この建物が当時の姿を伝える物となってしまいました。
f0116479_21464649.jpg

f0116479_21353516.jpg

f0116479_21331232.jpg

戦災を生き抜いたこの建物ですが阪神淡路大震災では全壊の被害を受けます。被災当時の写真を見ると完全に倒壊・崩落し、まるで廃材置場のような惨状となっていました。
今ある姿は被災後に再建された物ですが、崩れ落ちた木片を繫ぎ合わせ、実にその7割を元の部材により修復するという信じられない様な緻密な作業が行なわれました。再建というよりは復元あるいは修復と呼ぶべき物でした。
f0116479_21223486.jpg

f0116479_21185869.jpg

f0116479_21194977.jpg

壊滅的被害を受けたこの建物の修復に際しては、新造するよりもはるかに多額のコストと時間が費やされています。しかし神戸の原点とも言える貴重な歴史遺産をこのような形で甦らせた事は何物にも代え難い事であり、文化を伝えていく者として誇るべきすばらしい功績であったと思います。
f0116479_21285912.jpg


by sunshine-works | 2008-02-08 22:08 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 12月 14日
神戸税関旧館
神戸中央区の近代建築その11

新港地区にその優美な姿を見せる神戸税関は国際貿易港神戸のシンボルであり港の歴史を語る上で欠かせない建物です。昭和2年築、設計は大蔵省営繕課です。
f0116479_2130510.jpg

幕末に開かれた神戸港(当事の名称は兵庫港)には慶応3年に税関が設置されました。当初はここから少し西方に置かれていたのですが大正時代に火災で消失、昭和2年に現在の地に建てられました。鉄筋コンクリート造石貼りの4階建、東洋一の港の顔に相応しい堂々とした造りです。
f0116479_2131339.jpg

この建物は阪神淡路大震災による修復の際に外壁部分を残して再建されたものです。倒壊や崩落こそしませんでしたが強度に不安があった為に当初は解体も検討されたのですが市民の強い要望により元の姿に復元されました。
f0116479_21331950.jpg

正面入口のある東南の角を基点に台形に広がる大きな建物です。時計台になっている円柱の塔屋はいかにも庁舎らしい意匠です。ちなみに時計は正面側と港側それぞれに向けられています。
f0116479_21355545.jpg

f0116479_21383461.jpg

神戸港は横浜港と共に、日本を代表する国際貿易港として発展しました。特に関東大震災で横浜港が被災した後には日本の玄関として大きな飛躍を遂げます。東洋のマンチェスターとも呼ばれた大阪一円の工業発展や中国大陸との交易拡大によって神戸港の貿易額は日本全体の4割を占めるまでに成長していきます。 
この建物はちょうど神戸が日本一の港になる時期に建てられ、その後80年に亘って港の要としての役割を担ってきた事になります。
f0116479_21305322.jpg

西側には新館が増築されています。旧館と新館が一体となって海岸通り沿いに延々と建物が続きます。
f0116479_2140558.jpg

東南角のファサードとその下にある正面入口です
f0116479_21425719.jpg

f0116479_21511068.jpg
f0116479_21515611.jpg

東の側面をアップで
f0116479_21534917.jpg
f0116479_21542377.jpg
f0116479_2155473.jpg

f0116479_21594488.jpg

入口は港に向いた南側にも設けられています。
f0116479_21571342.jpg
f0116479_21572827.jpg

港方向から見た南面
f0116479_21591051.jpg

海外渡航や交易を船に頼っていた当事は、港と街は今よりもっと密接に係わっていました。戦後になって沖合いに埋め立てた二つの人口島や周辺部に造った新しい埠頭に入港船舶の大半が接岸するようになった事で、物理的にも港は遠いものとなってしまいました。
更に、コンテナ船が主流になって船員も荷役作業員も減り、かっての港の賑わいはすっかり失われてしまった感があります。
とは言え、今日でも神戸の経済は港を中心に回っています。80年を超えて今尚現役施設として港を支えているこの建物は景観の上でも役割に於いても神戸港の要として変わらぬ存在感を持ち続けています。
f0116479_21393176.jpg


by sunshine-works | 2007-12-14 22:18 | 近代建築 | Trackback | Comments(4)
2007年 12月 05日
旧国立生糸検査所
神戸中央区の近代建築その9

前回紹介した神戸市立生糸検査所の隣にはもう一棟の生糸検査所が並んでいます。この建物は昭和7年、置塩章の設計によって建てられました。
f0116479_19344530.jpg

神戸の生糸検査は昭和2年に建てられた神戸市立生糸検査所で行なわれていたのですが、昭和6年に施設ごと国に移管されます。西日本の生糸生産の増大もあって旧施設が手狭になった事からその翌年に別館として建てられたのがこの建物です。
f0116479_19373482.jpg

f0116479_19382485.jpg

神戸市営繕課と兵庫県営繕課それぞれをほぼ同時期に課長として率いた清水栄二と置塩章の作品が並んで建っています。どちらもゴシックを基本としていますが比べてみると二人の作風の違いが良く現れていて興味をそそります。
f0116479_19393432.jpg

f0116479_2002785.jpg
f0116479_1941413.jpg

兵庫県以外にも多くの公共建築を残した置塩章らしい風格のある意匠です。スクラッチタイルが重厚な雰囲気に良く似合います。
f0116479_19431025.jpg
f0116479_19434652.jpg

本来中央に配置される事の多い塔屋が建物東端に設けられています。建物の顔に当たる部分なのですが主導線の国道から遠く離れ、倉庫街や貨物駅を結んだ街路に面しています。
庁舎と言えども検査所と言う性格上、用途を優先した設計がなされた為でしょうか。この建物に沿って鉄道の引込線が敷かれていましたので荷役の便を考慮した結果かもしれません。
f0116479_19443658.jpg
f0116479_19445758.jpg

東西方向に長い建物ですが、塔屋を基点に南北方向にも建物が伸びています(L字方となっています)。正面側から見ると東に寄った塔屋はバランスが悪いように見えますが、南東から見ると非常に納まりよく映ります。
f0116479_19454592.jpg

f0116479_2014088.jpg

数箇所設けられた入口扉。物品の搬入に使われたものと思われます。
f0116479_19472254.jpg
f0116479_19473894.jpg

隣の旧市立生糸検査所もそうですが、4階建てにしてはボリューム感のある建物です。ほぼ同じ高さで一列に並ぶこの生糸検査所と隣の税関の脇を抜けて埠頭へ続く臨港線をいくつもの貨車を連ねた列車が走る様は壮観な眺めだったと思います。
f0116479_1948865.jpg
f0116479_19483074.jpg

神戸港の生糸輸出は関東大震災後から昭和初年が最盛期でその後は戦時体制によって激減して行きます。戦後は更に化学繊維の発達や需要の変化により衰退の一途を辿ります。この建物も生糸検査所の役割を離れ、その後は農水省の施設として使用されてきました。
f0116479_19593438.jpg

現在この建物の売却が報じられていますが、この建物は神戸港が大きく飛躍する事となった時代の象徴であり、建築資料としても価値の高いものと言われています。
新港地区の景観はこの建物と神戸税関や周辺の建物・倉庫群が一体となって構成されているもので、どの建物も欠くことの出来ない存在となっています。 
震災で被害を受けた神戸税関は外観を損ねることなく元の姿に修復されました。他の神戸の歴史的建造物の多くも必死の努力で震災の傷を修復し復元を図りました。いままで重ねてきたこのような苦労が虚しいものとならないことを祈るばかりです。
f0116479_19502598.jpg


by sunshine-works | 2007-12-05 20:30 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 12月 01日
旧神戸市立生糸検査所
神戸中央区の近代建築その8

フラワーロードの南端、新港地区と呼ばれるこの一帯は戦前の建物が並ぶ古き時代の港街神戸を偲ばせる一角です。今回からこの地区に残る近代建築を順番に紹介していきます。

新港地区の入口には神戸税関と向かい会って神戸市立と国立、2棟の旧生糸検査所が建っています。神戸市営繕課によって昭和2年に建てられた旧神戸市立生糸検査所を最初に紹介します。
f0116479_15154473.jpg

開国以来の日本の主要輸出品であった生糸は生産地が北関東や甲信越に集中していた事もあって9割以上が横浜を積出港としていました。しかし、独占状態にあった横浜の生糸輸出港としての地位は大正12年の関東大震災によって大きく変わってしまいます。壊滅状態となった横浜の港湾施設を代替する形で急遽神戸港がその役割を担い、国内各地から神戸に生糸が集められます。それまで横浜にのみ置かれていた生糸検査所も神戸に設置する必要に迫られ、仮設の検査所を経てこの建物が造られる事となります。
f0116479_15171562.jpg

f0116479_15181883.jpg

神戸市営繕課は神戸に数々の作品を残した清水栄二が大正15年まで課長を務めていました。この建物は清水栄二が独立した後の昭和2年に竣工しましたが氏の作風は色濃く受け継がれており、少なくとも基本設計までは係わっていたか、独立後に共同参画していたかと思われます。
f0116479_15192644.jpg

庁舎に多く見られるゴシック調のデザインですがその中でもネオゴシックと呼ばれる様式に分類されるそうです。清水栄二はこの6年後に代表作である御影公会堂を手掛けますがこの生糸検査所の縦のラインの表現手法などは後の御影公会堂のデザインと共通する要素が伺えます。
f0116479_15202588.jpg
f0116479_15204265.jpg

f0116479_15222982.jpg

エントランス上部の不思議な飾りは蚕を模ったものです。この蚕は南西のコーナーにも取り付けられています
f0116479_15232237.jpg

f0116479_1520539.jpg

f0116479_15233894.jpg
f0116479_152408.jpg

玄関はゴシック様式の尖塔アーチになっています。
f0116479_15353024.jpg
f0116479_15355813.jpg

玄関両脇の柱は建物頂部を越えて空に突き抜けています。
f0116479_1543882.jpg

先日、この建物と次回紹介する国立生糸検査所の二つの建物について非常に気がかりなニュースが報道されました。現在この建物の所有者となっている農水省が2008年度中に施設を売却するらしいのです。売却後の予定は発表されていませんが解体される事も充分予想されます。
何とも不安な雲行きなのですが景観上も歴史的にも神戸港を象徴するこの建物の今後の動向を注目して行きたいと思います。
f0116479_1543384.jpg


by sunshine-works | 2007-12-01 16:18 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(0)
2007年 07月 23日
旧魚崎町役場

神戸東灘区の近代建築その5

現在の東灘区にあたる一帯は神戸市に編入される昭和25年までは幾つかの町や村に分かれていました。
区の中央に位置する魚崎もかっては魚崎町として独立した自治体でした。この建物は魚崎町役場として昭和12年に建てられたものです。設計:清水栄二設計事務所
f0116479_2255593.jpg

清水栄二の代表作である御影公会堂から4年後の作品ですが印象はかなり異なります。役場と公会堂という用途の違いからなのでしょうか。
f0116479_22554784.jpg

f0116479_2354216.jpg

f0116479_22525772.jpg

町役場として建てられたこの建物ですが、神戸市と合併後は診療所や文化センターを経て現在は区民センター分館として使用されています。
f0116479_2302452.jpg

装飾のほとんどは正面に集中しています。
f0116479_22575241.jpg

玄関ホールの庇
f0116479_22571727.jpg

ビスケットやウエハースを連想させる正面ファサードの飾り
f0116479_22581417.jpg

正面入口の飾り縁
f0116479_22582661.jpg

側面および裏面です。軒蛇腹以外は飾り気がほとんどありません。
f0116479_2332881.jpg
f0116479_234787.jpg

f0116479_235139.jpg

側面の入口
f0116479_23284991.jpg


御影公会堂もそうなのですが、この建物も水害、戦災、震災と3つの大きな災害を乗り越えて来ました。早くから耐震構造に着目していた清水栄二の設計した建物は同時代の建物の中でも頑丈な造りであった様です。(次回紹介する高嶋平介邸も阪神淡路大震災に際して周辺の建物郡が倒壊する中無傷で残りました)

***************************************
道を挟んで向かい側には同じく清水栄二が設計した魚崎小学校が建っていました。現在の魚崎小学校は元のイメージのまま2001年に建替えられたものです。清水栄二は神戸市内に数多くの学校を建てました。この魚崎小学校は市内で最後まで残っていた清水栄二設計の小学校でした。
f0116479_2312464.jpg

f0116479_23184167.jpg

中央の円筒形の階段室が印象的です。
f0116479_2313124.jpg


by sunshine-works | 2007-07-23 22:42 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)