タグ:庁舎 ( 74 ) タグの人気記事

2016年 03月 25日
旧志楽村役場
京都府舞鶴市の近代建築その17

東舞鶴から福井方面へ向かう街道際に古い木造庁舎が残されています。
この建物はかつてこの地域を治めていた旧志楽村の役場として昭和8年に建てられました。
f0116479_19534856.jpg


旧志楽村は昭和13年に市制を実施した旧東舞鶴市の母体となった2町3村の一つで、丹後街道に沿って福井県境から舞鶴湾岸までの一帯を村域としていました。この建物は明治22年に周辺8村の合併によって誕生した志楽村の最後の庁舎として建てられ、その後は市の支所や農協施設に転用されました。
f0116479_19544220.jpg
f0116479_19522246.jpg

木造2階建、寄棟屋根の中央上部にはドーマー屋根を立ち上げます。外壁や屋根材は張替えられていますが概ね竣工当時の姿を留めています。
f0116479_19560035.jpg
f0116479_19570732.jpg
f0116479_19585335.jpg
f0116479_19595497.jpg

切妻屋根を張り出した玄関庇
f0116479_20064509.jpg
f0116479_20073051.jpg


by sunshine-works | 2016-03-25 21:22 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 12月 15日
旧舞鶴税務署
京都府舞鶴市の近代建築その3

西舞鶴の中心部、旧田辺城跡の近くに大正期に建てれた旧庁舎が残されています。この建物は大正11年に舞鶴税務署として建てられ、その後図書館、商工会館と用途を変えながら近年まで使われていました。
f0116479_13561492.jpg

公共施設や学校、公園が集まる一角に木造2階建タイル貼りの建物と平屋煉瓦造の倉庫が並びます。
現在2階建て建物は空家でフェンスに囲われた状態、税務署時代に文書庫に使われていた煉瓦建物は消防施設として利用されています。
f0116479_13563906.jpg
f0116479_13565112.jpg
f0116479_13573032.jpg
f0116479_13584521.jpg

近年まで現役で使われた建物は各所に改装や補修の跡が見られます。多くの窓は塞がれ、煉瓦風のタイルの一部も剥落しています。
f0116479_13592805.jpg
f0116479_13595979.jpg
f0116479_14001694.jpg

2階の一角に僅かに残る当時の上げ下げ窓。
屋根は桟瓦葺きとの事ですが、付け足されたパラペットで囲まれて確認出来ません。
f0116479_14002770.jpg

舞鶴税務署として建てられたこの建物ですが、僅か5年で廃署となりその役割を終えます。
建物は地元の事業家の寄付により町立図書館に転用され、40年余に亘って使われました。その後は商工会館として更に40年近く利用された後、平成17年に用途を終えます。
f0116479_14011802.jpg

入口が設けられた西面。
f0116479_14015255.jpg
f0116479_14021783.jpg
f0116479_14040691.jpg
f0116479_14024789.jpg
f0116479_14031424.jpg
f0116479_14043696.jpg
f0116479_14045419.jpg

旧文書庫。
f0116479_14055127.jpg
f0116479_14062596.jpg
f0116479_14073070.jpg





by sunshine-works | 2015-12-15 11:25 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 03月 08日
旧加悦町役場
京都府与謝野町の近代建築その3

加悦町の中心部の東に平成14年まで使われた旧加悦町役場が現存します。現在は与謝野町観光案内所として利用されているこの建物は昭和4年に建てられました。
f0116479_19493488.jpg
木造2階寄棟造り、外壁はコンクリート仕上げ。
北丹後大地震後に建てられた丹後地区の他の公共建築と同様に、耐震性を重視した堅固な構造が採り入れらました。
f0116479_19500585.jpg
f0116479_19511821.jpg
f0116479_19515503.jpg
赤い洋瓦を葺いた大きな寄棟屋根、1階窓を囲むドーム形、屋根上のドーマ窓の意匠、基礎を飾る煉瓦のアクセント、荒く仕上げた外壁。
当時流行ったスパニッシュ建築の要素を採り入れています。
f0116479_19523387.jpg
f0116479_19525227.jpg
f0116479_19531031.jpg
f0116479_20072862.jpg
f0116479_19535137.jpg
f0116479_19541326.jpg
f0116479_22383889.jpg
玄関周りの詳細
f0116479_19552391.jpg
f0116479_19560623.jpg
f0116479_19545251.jpg
f0116479_19572176.jpg
f0116479_19574127.jpg
f0116479_20034459.jpg
f0116479_19580285.jpg
f0116479_20065395.jpg
f0116479_20052590.jpg
f0116479_20054762.jpg
f0116479_20061511.jpg
観光案内所として使われている館内。後年に改装されていると思われますが、概ね当時の面影を留めています。
f0116479_22273604.jpg
f0116479_22281738.jpg
f0116479_22283297.jpg
f0116479_22284567.jpg
壁面の要所を飾るレリーフ
f0116479_20044352.jpg
側面の出入口も凝った造りです。
f0116479_19585711.jpg
f0116479_19591057.jpg
f0116479_19592264.jpg
f0116479_19593443.jpg


by sunshine-works | 2015-03-08 22:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2015年 01月 31日
旧口大野村役場
京都府京丹後市の近代建築その5

旧大宮町の中心街の北に木造の古い役場建物が残されています。昭和4年、旧口大野村役場として建てられました。
f0116479_0462593.jpg
戦後に5村が合併して誕生した旧大宮町の中心に位置するこの建物は、元々は口大野村役場として建てられました。大宮町発足後は同町の役場として使われ、役場移転後は公民館、銀行支店、商工会館等に使われましたが、その後は長く空家となっているようです。
f0116479_0484660.jpg
f0116479_0474477.jpg
角地に建てられた木造2階建て。羽目板貼りの外壁、屋根に和瓦を葺いた儀洋風建物。
コーナーに設けた玄関、その上部に付け柱を飾り、屋根に三角破風を立ち上げます。
長く張り出した庇、交互に塗り分けらた外壁羽目板、大きな窓が並ぶ壁面等々、昭和初期のモダンな木造庁舎の姿を伝えます。
f0116479_047460.jpg
f0116479_0515311.jpg
f0116479_0584695.jpg
f0116479_059315.jpg
f0116479_053227.jpg
背面はドイツ下見板貼り仕上げ。2階の窓は省かれています。手前に見える門柱は隣接して建てられていた旧小学校の遺構です。
f0116479_055347.jpg
コーナーに設けられた玄関。シャッタに置き換えられてしまっているのが残念です。
f0116479_058116.jpg
f0116479_0572184.jpg
f0116479_0593555.jpg
f0116479_0594769.jpg
f0116479_102289.jpg
f0116479_103822.jpg
玄関上部の破風には旧大宮町の徽章を飾ります。
f0116479_113780.jpg



by sunshine-works | 2015-01-31 22:02 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2014年 12月 25日
旧久美浜県庁舎玄関棟/旧久見谷町役場
京都府京丹後市の近代建築その2

京都府の北西部、兵庫県との境に位置する久美浜一帯は日本海航路の要衝として栄え、天領となった江戸時代には代官屋敷を中心とした町並みが築かれていました。
その後、久美浜代官所の管轄区域は幕末に設置された久美浜県に移行され、京都・兵庫の中北部から生る大きな県域を治めましたが、程なく明治4年に廃止され、生野、豊岡両県に分割されます。
行政の中心としての役割を失ったものの、久美浜はその後も地域の拠点としてその地位を保ち、明治期から昭和初期に幾つもの近代建築が建てられました。
京丹後市探訪の2回目は、久美浜町中心部に残る旧久美浜県庁舎の旧玄関棟と昭和7年築の旧久美谷町役場を紹介します。
f0116479_14315295.jpg

旧久美浜県役場は明治元年に久美浜代官所敷地内に初代庁舎が置かれましたが、明治3年に近接地に新築されます。この庁舎も翌4年には久美浜県が廃された事により新設された豊岡県庁舎として移築されますが、大正後年に玄関部分が再び久美浜に戻され、神社の社務所として使用されました。
f0116479_14322883.jpg

現存するのは玄関棟として建てられた木造平屋、漆喰壁、瓦葺きの和風建物。
中央玄関部分に切妻の破風を張り出す、寺社や武家屋敷風の意匠です。
f0116479_14371739.jpg
f0116479_14375199.jpg
f0116479_14421209.jpg

明治期の庁舎の多くは儀洋風と呼ばれる和洋折衷様式で建てられましたが、幕末から明治初年に設置されたこれら初期の役所建物には洋風の意匠は用いられず、江戸時代の代官屋敷や武家屋敷に倣った造りでした。
f0116479_14383280.jpg
f0116479_14384768.jpg
f0116479_14390706.jpg
f0116479_14401877.jpg

明治初期の庁舎建物は各地に残されていますが、廃藩置県以前の三冶制と呼ばれる行政制度に於いて設置された庁舎の現存例は極僅かです。
この旧久美浜県庁舎は当時の姿を伝える資料として貴重な建物となります。
f0116479_14393375.jpg




久美浜駅から駅前通りを進んで程なく、通りに面して木造2階建ての洋風建築が見えてきます。
この建物は、昭和7年に久美谷町役場として建てられ、戦後に周辺合併で誕生した久美浜町の庁舎として使われました。
f0116479_01430177.jpg
f0116479_01431978.jpg

木造2階建て、和瓦を葺いた寄棟屋根、外壁は下見板貼り、軒下を漆喰壁で仕上げます。
各部はその後に張替えられ、窓もサッシに代えられた為に古さを感じませんが、地方役場に多用された儀洋風意匠の姿を良く伝えています。
f0116479_10585757.jpg
f0116479_01440441.jpg
f0116479_11004011.jpg

正面入口に張り出した切妻屋根の玄関庇。儀洋風の役場建物や校舎に用いられた様式ですが、上掲の旧久美浜県庁舎に見られる武家屋敷の意匠を引き継いだものと思えます。
f0116479_10571399.jpg
f0116479_11011698.jpg
f0116479_01443855.jpg
f0116479_11013744.jpg


by sunshine-works | 2014-12-25 19:31 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(2)
2014年 10月 29日
旧徳島県庁舎
徳島県徳島市の近代建築その6

徳島市の中心市街から南へ約5キロメートル。
園瀬川の畔に、美術館や博物館、図書館が並ぶ徳島県文化の森総合公園が置かれています。
この公園の一角で県立文書館として使われている建物は、昭和5年に建てられた徳島県庁舎の中央部分を移築および再現したものです。設計:佐藤利器
f0116479_1348026.jpg

公園の東端、小高い丘の裾に西に正面を向けて建つ鉄筋コンクリート3階建。
昭和61年の新庁舎の竣工に伴い解体された旧徳島県庁舎の中央玄関部分と、短縮した両翼部分が移されています。
移築に伴って規模が減じられ、部材の一部は複製が使われていますが、往時の姿を良く伝えています。
f0116479_13485656.jpg

f0116479_1350241.jpg

正面入口へ続くアプローチからの眺め。庁舎に相応しい石造の豪奢な車寄せを中央に据えます。
f0116479_1351876.jpg

f0116479_13544985.jpg

f0116479_13514861.jpg

f0116479_13553066.jpg

f0116479_1356452.jpg



f0116479_13584169.jpg



f0116479_13592737.jpg

f0116479_140633.jpg


f0116479_1403450.jpg


f0116479_1411653.jpg

f0116479_1415810.jpg


f0116479_1357681.jpg

f0116479_135742100.jpg

f0116479_13581586.jpg


f0116479_142611.jpg

上層階の外壁はスクラッチタイル貼り、1階外壁には切石を廻らせます。
f0116479_1422571.jpg

f0116479_143219.jpg

f0116479_1432854.jpg

f0116479_1441100.jpg

f0116479_1444411.jpg

f0116479_1445843.jpg

f0116479_1473524.jpg

f0116479_1475046.jpg

背後の山の遊歩道を登って裏面を眺めます。
f0116479_1451883.jpg

f0116479_1453868.jpg

f0116479_1462319.jpg

f0116479_1465328.jpg

f0116479_1472085.jpg


by sunshine-works | 2014-10-29 23:55 | 近代建築 徳島県 | Trackback | Comments(0)
2014年 08月 05日
旧笠岡町役場(笠岡市議事堂)
岡山県笠岡市の近代建築その2

笠岡市役所に並んで、市議会の議場が建てられています。この建物は旧笠岡町役場として使われていたものです。
f0116479_0485572.jpg

通りに面して建つ木造モルタルと思われる2階建て。玄関を中心にシンメトリーに建物を配置、両翼を僅かに張り出します。
この建物については、明治32年に当時の笠岡町役場として建てられたと言われていますが、建築意匠は大正期から昭和初期に用いられた表現が見られ、正確な築年は不詳です。
距離を置いて眺めると、パラペットの後ろ側に寄棟屋根が隠れており、笠岡町役場として建てられた建物を基に、改修を加えたものとも思えます。
f0116479_048138.jpg

f0116479_0561393.jpg

角柱が支える庇を張り出した玄関ポーチ。この辺りの意匠も明治期のものとは異なります。
f0116479_0504177.jpg

f0116479_0501956.jpg
f0116479_0495314.jpg

玄関上部に掲げられた市章。
2階中央部の縦長窓は埋められています。
f0116479_0511322.jpg

玄関周り詳細。玄関扉はアルミ扉に更新され、両横の面格子も換えられていますが、概ね当時の様相を保ちます。
f0116479_0514767.jpg

f0116479_0515728.jpg

f0116479_0521334.jpg


f0116479_059263.jpg

f0116479_058520.jpg


by sunshine-works | 2014-08-05 23:59 | 近代建築 岡山県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 26日
豊岡市役所旧本庁舎(旧豊岡町役場)
豊岡の近代建築その6

豊岡の中心街、大開通りに面して建つ豊岡市役所。平成25年に落成した新庁舎の前面には豊岡町役場として建てられ、新庁舎完成まで豊岡市役所として使われた旧庁舎が保存されています。設計:原科準平、昭和2年築。
f0116479_23929.jpg

鉄筋コンクリート3階建て。当初2階建てとして竣工しましたが、戦後に塔屋の両側を増築して3階建てに変更しています。
中央車寄せ上部に設けたバルコニー、上階のアーチ窓や壁面のレリーフ飾り、張り出したコーニス等、この時代の庁舎ならではの意匠が随所に表現されています。
f0116479_2310176.jpg

f0116479_235919100.jpg
f0116479_2311156.jpg

新庁舎の建設に際し当初は旧庁舎の取り壊し案も検討されましたが、移設保存が選ばれ、現在の場所に曳家によって移されました。耐震補強を加えた上で議場および市民交流スペースとして使われています。
f0116479_23113231.jpg

f0116479_23542375.jpg

f0116479_23114395.jpg

f0116479_011783.jpg

新庁舎の手前に移された旧庁舎の玄関は、そのまま新庁舎の入口として使われています。
f0116479_23131342.jpg

f0116479_23132363.jpg

f0116479_23133391.jpg

f0116479_23144885.jpg

正面、側面の見上げ。様々な装飾意匠が施されています。
f0116479_2316132.jpg
f0116479_23155142.jpg

f0116479_23165036.jpg


by sunshine-works | 2014-01-26 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 16日
旧出石郡役所
豊岡の近代建築その4

古い家並みが続く出石町の中心部に、明治期に建てられた郡役場が残されています。
現在資料館として公開されているこの建物は、明治25年に旧出石郡役場として建てられました。
f0116479_13324987.jpg

木造2階建て、下見板貼り。寄棟屋根には和風瓦を葺いた和洋折衷様式。
ギリシア風の円柱が支える庇に三角破風を立ち上げ、縦長窓の上部にも同型の破風を飾ります。
明治期に各地に建てられた地方役場の特徴的な姿を良く留めています。
f0116479_1333267.jpg

f0116479_13334478.jpg

郡制が敷かれていたのは明治中期から大正までのおよそ30年。期間が短かった事もあって郡役場の現存例は少数ですが、兵庫県内には他に3例(旧美方郡役所、旧神埼郡役所旧三原郡役所)と多くが残っています。
これらは築年に違いがあるものの、共通する意匠が多く、統一規格があったとも思われます。
f0116479_13335860.jpg

f0116479_13342625.jpg

庇を飾る破風の詳細。
f0116479_1335215.jpg

f0116479_13355733.jpg

f0116479_13352778.jpg

f0116479_13373332.jpg

玄関廻りを側面から。
フルーティングを施したコリント式円柱が並びます。
f0116479_13362188.jpg

f0116479_13364187.jpg

f0116479_1336503.jpg

f0116479_13371740.jpg

f0116479_13375286.jpg

f0116479_13382328.jpg

建物裏手。
正面の間口は然程広くは在りませんが、奥行きが長い建物です。
f0116479_13412641.jpg

f0116479_13413589.jpg

f0116479_13415010.jpg

f0116479_1342317.jpg


by sunshine-works | 2014-01-16 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
2014年 01月 06日
旧日高町役場
豊岡の近代建築その2

平成17年に豊岡市と合併した旧日高町に、旧町役場の庁舎が残されています。
現在は商工会館として使われているこの建物は、昭和10年頃に建てられ、昭和57年まで日高町役場として使われました。
f0116479_114261.jpg

山陰本線江原駅の西、町の中心部に建つ木造2階建て、寄棟造り。
玄関を中心としたシンメトリー配置、1階、2階それぞれに縦長窓を廻らせ、中央上部に三角破風を立ち上げます。壁面はスクラッチタイル貼り、軒周りをモルタルで仕上げます。アールデコの要素を備え、地方役場の庁舎としては非常にモダンな意匠です。
f0116479_1151218.jpg
f0116479_11662.jpg

f0116479_1142120.jpg

玄関廻り。化粧タイルを貼った角柱で分厚い庇を支えます。
玄関扉は自動ドアに換えられ当時の趣はありません。分厚い庇も後年に改修されたものと思われます。
f0116479_1165136.jpg

f0116479_117398.jpg

f0116479_1174821.jpg

f0116479_118921.jpg

f0116479_1183139.jpg

当時流行のスクラッチタイルが貼られた壁面。
f0116479_12442230.jpg
f0116479_12441410.jpg

f0116479_12444464.jpg

f0116479_12445488.jpg


by sunshine-works | 2014-01-06 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)