タグ:庁舎 ( 80 ) タグの人気記事

2019年 07月 07日
旧都野津町役場(都野津会館)
島根県江津市の近代建築その3

山陰本線江津駅から西へ一駅、都野津の中心部から程なくの場所にかつての役場建物が残されています。
この建物は旧都野津町役場として昭和12年に建てられました。
f0116479_12204409.jpg

鉄筋モルタル2階建て。スクラッチタイルを貼った壁面には縦長窓が並び、軒まで貫いた玄関両脇の付柱の上に三角破風を構えます。
和瓦を葺いた寄棟屋根、軒下の漆喰風の白壁、寺社を思わせる三角破風等、和洋を折衷した意匠で纏められています。
地方の町村役場としては規模が大きく、意匠も当時の流行を取り入れたモダンな造り。贅を凝らしたこの庁舎は地元の実業家の寄付によって建てられたそうです。
f0116479_12210415.jpg
f0116479_12211981.jpg
f0116479_12215808.jpg
f0116479_12265378.jpg


昭和12年に建てられ、戦後の昭和29年に江津市と合併した後は公民館に転用されました。現在は地域のイベントスペースとして利用されています。
f0116479_12235919.jpg
f0116479_12242071.jpg
f0116479_12252659.jpg
f0116479_12260707.jpg

各面に貼られたスクラッチタイル。腰周りには切石を廻らせます。
f0116479_12225609.jpg
f0116479_12311582.jpg
f0116479_12275133.jpg
f0116479_12285532.jpg
f0116479_10530357.jpg

こちらは西面の眺め。奥行きが深い構造が見て取れます。













by sunshine-works | 2019-07-07 10:56 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 30日
旧江津町役場
島根県江津市の近代建築その2

江津市中心部の南方、江の川の左岸に大正期に建てられた旧町役場が残されています。この建物は大正15年に江津町役場本庁舎として建てられました。
f0116479_13245784.jpg

隣接する神社の参道脇に建つ鉄筋コンクリート2階建て、寄棟造。正面側は中央、左、右それぞれに段状の三角パラペットを立ち上げ、垂直方向に付柱を添えます。柱間には縦長窓を廻らせ、壁面の要所をレリーフで飾るモダンな意匠。当時流行したアールデコ様式が取り入れられています。
f0116479_13252827.jpg
f0116479_13261748.jpg

この建物は昭和29年に江津町と周辺町村の合併で江津市が発足した後も暫らくの間市役所として使われ、その後も公共用途に利用されて来ました。現在は郷土資料館として公開されています。
f0116479_13265242.jpg
f0116479_13350845.jpg
f0116479_13272450.jpg
f0116479_13273911.jpg

特徴的な三角パラペット。幾何学模様のレリーフを飾ります。
f0116479_13375170.jpg


太い丸柱が並ぶ館内。改修によって当時の姿が保たれています。
f0116479_13292041.jpg


側面から裏側の様子です。
f0116479_13302406.jpg
f0116479_13305062.jpg









by sunshine-works | 2019-06-30 10:46 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 24日
旧南方村役場
広島県三原市の近代建築その2

三原市の西部、旧山陽道が通る山間の集落に古い木造洋館が残っています。現在は地域の集会所として使われているこの建物はかつてこの周辺に存在した旧南方村の役場として建てられました。築年は不明ですが、大正から昭和初期の築と思われます。
f0116479_10093942.jpg

木造2階建て切妻造り。下見板貼りの壁面に上げ下げ式の縦長窓を並べます。小さな建物ですが、マンサード屋根やハーフティンバー風に仕上げた妻面、木製の窓格子等洋風意匠が盛り込まれています。
f0116479_10364216.jpg
f0116479_10383910.jpg

旧南方村は明治22年から昭和29年まで存在した村で、この建物は町村合併で本郷町になるまで使われた庁舎です。その後は農協の建物に転用されたようですが、現在はみとしろ館の名称で地元の集会所や図書館に使われています。
f0116479_10370538.jpg
f0116479_10371967.jpg
f0116479_10391879.jpg

妻面に設けられた入口。小さな庇を張り出します。
f0116479_10404707.jpg

裏側の様子。

窓枠や格子も当時の姿が保たれています。
f0116479_10435471.jpg

f0116479_10431088.jpg


by sunshine-works | 2019-03-24 11:36 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 17日
旧大森区裁判所
島根県大田市の近代建築その4

前回紹介した旧邇摩郡役所から街道に沿って町並みを進んで程なく、明治期に建てられた裁判所が残されています。現在は大森町並み交流センターとして使われているこの建物は明治23年に大森区裁判所として建てられました。
f0116479_18304656.jpg

区裁判所は明治23年に制定された法令により地方裁判所の下に置かれた下級裁判所で、現在の簡易裁判所に近い役割を果たしていました。
島根県内には計8箇所置かれましたが、現存するのはこの大森区裁判所のみで、全国的にも明治期の裁判所建物の現存例として貴重な存在となります。
f0116479_18315401.jpg
f0116479_18312653.jpg
f0116479_18321626.jpg
f0116479_18541096.jpg

全体の意匠は和風を旨とした儀洋風建築。中央の玄関庇は寺社を思わせます。
f0116479_18543377.jpg
f0116479_18551081.jpg
f0116479_18553555.jpg
f0116479_18564155.jpg
f0116479_00320268.jpg
f0116479_00330132.jpg

敷地の入口には木製の門柱と門扉を構えます。
f0116479_00335012.jpg
f0116479_00342026.jpg
f0116479_00343588.jpg




by sunshine-works | 2018-06-17 11:22 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日
旧邇摩郡役所
島根県大田市の近代建築その3

石見銀山の中心部、大森地区の一角に古い役所建物が残されています。現在石見銀山資料館として使われているこの建物は明治35年に旧邇摩郡役所として建てられました。
f0116479_10581739.jpg

旧代官所の敷地に建つ長屋門と土壁で囲まれた木造平屋建切妻造。島根県内に幾つか現存する和風を旨とした役所建物の一つです。
f0116479_11032830.jpg
f0116479_11042535.jpg
f0116479_11220806.jpg


郡役所は府県と町村の中間に置く自治体として明治中期に制定され、全国に設置されますが、自治の煩雑を招くとして30年足らずで廃止されてしまいます。その為、郡役所自体の現存例は希少なものとなりますが、島根県には4つもの郡役所が残されています。
f0116479_11052562.jpg

寺院風の玄関庇。羽目板張りの外壁も寺院や学校建築を思わせます。
f0116479_11205870.jpg
f0116479_11115522.jpg
f0116479_11170648.jpg
f0116479_11180802.jpg
f0116479_11185758.jpg
f0116479_11194363.jpg

周りを囲む塀と門は旧代官所時代の築です。
f0116479_11550434.jpg



by sunshine-works | 2018-06-10 12:00 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日
旧大田町産業会館
島根県大田市の近代建築その2

大田市の中心部の一角に古い洋風建築が残されています。
現在大田市医師会館・準看護師学校として使われているこの建物は昭和12年に大田町産業会館として建てられました。
f0116479_12052774.jpg

木造2階建てですが、壁面全面に化粧タイルを張り、屋上にパラペットを立ち上げて鉄筋コンクリート造風の外観に仕立てています。
建物中央に玄関を張り出し、シンメトリーに両側を配置、大きな窓を廻らせたモダンな意匠です。
f0116479_12081145.jpg
f0116479_12203887.jpg
f0116479_12072586.jpg
f0116479_12094794.jpg

元々の市街地の中心だった一角に位置するこのモダンな建物は町のランドマーク的な存在だったと思われます。
昭和12年に大田町産業会館として建てられた後、太田町役場から大田市役庁舎を経て商工会議所に使われ、平成初期に現用途に転用されています。
f0116479_12103767.jpg
f0116479_12130423.jpg
f0116479_12112872.jpg

窓枠はアルミサッシに換えられていますが、その他は概ね当時のまま。状態良く保たれています。
f0116479_12121453.jpg
f0116479_12135443.jpg
f0116479_12142581.jpg

建物裏側。中央部が後方に伸ばされています。
f0116479_12173348.jpg
f0116479_12180422.jpg


by sunshine-works | 2018-06-03 13:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 04月 22日
旧粕淵村役場
島根県美郷町の近代建築

美郷町の中心部、粕淵地区の一角に元村役場の庁舎として建てられた建物が残されています。現在は民間の事業所として使われているこの建物は旧粕淵村役場として建てられました。昭和2年築。
f0116479_16400783.jpg


木造2階寄棟造り。玄関庇上部にバルコニーを乗せ、アーチ窓を各面に廻らした儀洋風建築。島根県に現存する幾つかの旧町村役場の中でも意匠に優れ、竣工時の姿が良く保たれた建物です。
f0116479_16413445.jpg
f0116479_16421220.jpg

粕淵村はその後粕淵町へ昇格、戦後の昭和30年に周辺町村と合併して邑智町となります。この建物はそれぞれの役場庁舎として引き継がれ、昭和40年まで使われました。その後民間の縫製会社の所有となりましたが、現在は休眠状態となっています。
f0116479_16430952.jpg
f0116479_16432848.jpg
f0116479_16445294.jpg
f0116479_16470241.jpg

竣工当時の状態が保たれた各部の状況。玄関入口のみサッシに換えらていますが、各窓は当時のままの木枠のアーチ窓が残されています。
f0116479_16460846.jpg
f0116479_16483974.jpg
f0116479_16491297.jpg
f0116479_16494988.jpg
f0116479_16504324.jpg
f0116479_16510711.jpg
f0116479_16520645.jpg
f0116479_16522871.jpg



by sunshine-works | 2018-04-22 11:49 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日
広島県備後の近代建築補遺2
広島県備後の近代建築補遺

前回に続いて広島県備後の未掲載物件の紹介、今回は尾道市北部とその北側の世羅町の近代建築です。
f0116479_11415069.jpg

旧美ノ郷村役場として大正末期に建てられた建物。現在は公民館として使われています。
木造下見板貼の建物とモルタル壁の建物がシンメトリーに並んでいますが、左側は後年に増築されたものです。
f0116479_12103259.jpg
f0116479_12111925.jpg
f0116479_12130033.jpg
f0116479_12120486.jpg
f0116479_12123301.jpg


旧街道の宿場として栄えた市村に残る旧郵便局。元々の建物に昭和初期に洋館部分を増築しています。
f0116479_12191379.jpg
f0116479_14410689.jpg
f0116479_12195070.jpg
f0116479_12200571.jpg
f0116479_12201709.jpg

旧市村郵便局の並びに建つ木造平屋の洋館。村井医院として大正7年に建てられました。
f0116479_12230550.jpg
f0116479_12274207.jpg
f0116479_12280651.jpg
f0116479_12282288.jpg
f0116479_12283941.jpg
f0116479_12285723.jpg

府中市へ繋がる山道に残る旧郵便局。原田郵便局として昭和6年に建てられました。
f0116479_12345874.jpg
f0116479_12353131.jpg
f0116479_14443335.jpg
f0116479_12363523.jpg
f0116479_12370539.jpg
f0116479_12354477.jpg


世羅町の古い集落に残る旧郵便局。
f0116479_14554718.jpg
f0116479_14560203.jpg
f0116479_14561700.jpg
f0116479_14563130.jpg
f0116479_14564379.jpg
f0116479_14565373.jpg
f0116479_14572545.jpg

世羅町の旧道に架かる明治期の石造アーチ橋。眼鏡橋と呼ばれるこの道路橋は明治41年に竣工しています。
f0116479_14194032.jpg
f0116479_14205680.jpg
f0116479_14214051.jpg

反対側からの眺め
f0116479_14230542.jpg
f0116479_14240571.jpg
f0116479_14253529.jpg

尾道インター近くの山あいに残る旧鉄道トンネル。大正末期に開業した旧尾道軽便鉄道の唯一の遺構です。
f0116479_12384971.jpg
f0116479_12310967.jpg
f0116479_12315992.jpg
f0116479_12312157.jpg
f0116479_12322803.jpg
f0116479_12331224.jpg
f0116479_12332855.jpg



by sunshine-works | 2018-03-25 12:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 23日
旧尾道警察署
広島県尾道市の近代建築その4

尾道市の中心街から国道を西へ。三原市との市境近くに古い木造洋館が残されています。
現在民間企業の事務所として使われているこの建物は尾道警察署の庁舎として明治33年に建てられました。
f0116479_13284218.jpg

木造2階、寄棟造り。正面に切妻屋根の棟を張り出します。下見板貼りの外壁に縦長窓を並べた儀洋風様式。明治33年の築年は尾道に現存する近代建築としては最古級の建物となります。
f0116479_13305640.jpg
f0116479_13205982.jpg
f0116479_13384980.jpg
f0116479_13322753.jpg
f0116479_13335575.jpg
f0116479_13401443.jpg
f0116479_22014528.jpg
f0116479_13360490.jpg

建物北面、国道2号線からの眺めです。
f0116479_22033715.jpg
f0116479_22042775.jpg
f0116479_22223265.jpg
f0116479_22052790.jpg
f0116479_22143638.jpg
f0116479_22063721.jpg



by sunshine-works | 2017-12-23 22:31 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2017年 12月 02日
旧河内村役場
広島県尾道市の近代建築その1

尾道市北部、御調地区の街道沿いに古い木造庁舎が残されています。
現在郷土資料館として使われているこの建物は、旧御調町の基となった町村の一つ、旧河内村の役場として建てられました。
f0116479_13511330.jpg

木造2階建て寄棟造、下見板貼りの和洋折衷様式。逐年は不明ですが、明治後期の築と推測されています。
f0116479_13545283.jpg
f0116479_13565267.jpg

周囲に田圃が広がる長閑な風景の中に建つ大きな木造2階建。1階を役場事務所、2階は議場に充てられていました。
この建物は昭和30年に村が御調町と合併した後は町役場支所として使われ、その後公民館を経て歴史民族資料館に転用され現在に至ります。
f0116479_13582390.jpg
f0116479_13584285.jpg
f0116479_13585742.jpg
f0116479_13574531.jpg

鉄板を貼った扉が備わる玄関。車寄せに瓦葺きの庇を張り出します。
f0116479_13593908.jpg
f0116479_14020725.jpg
f0116479_14022658.jpg
f0116479_14030198.jpg
f0116479_14032472.jpg


by sunshine-works | 2017-12-02 15:02 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)