タグ:庁舎 ( 84 ) タグの人気記事

2019年 12月 29日
愛媛県庁舎本館
愛媛県松山市の近代建築その14

松山市街地の中心部、松山城の城山の麓に愛媛県庁の建物が並びます。本館として使われている建物は昭和4年に建てられました。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14032736.jpg

鉄筋コンクリート3階建て(一部4階建て)、ドーム屋根を冠した玄関棟の左右にシンメトリーに建物を配し、両脇を前面に張り出します。戦前に建てられ、本館として使われている府県庁舎としては3番目に古い築年となるこの建物は、関西や地元愛媛に多くの作品を残した木子七朗の代表作となりました。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14040375.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14042461.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14052137.jpg

大きく分厚い庇を張り出す車寄せ。その上に並ぶ3連のアーチ窓、頂部にはドームを乗せて重厚感と象徴性を高めます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14124954.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14121841.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14261656.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14103366.jpg

重厚なモールドが施された玄関廻り。玄関天井部分の細密な装飾も当時のままです。
愛媛県庁舎本館_f0116479_10372247.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14131837.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14242342.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14142460.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14145210.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14171266.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14202754.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14222386.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14205961.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14162146.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_10424960.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14183124.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14194046.jpg


大理石が貼られた玄関ホールから館内へ進みます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14290537.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14293154.jpg

市松模様のタイルが貼られた床。柱や梁には多用な装飾が施されています。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14294568.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14300413.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14301504.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14303566.jpg

吹き抜けの階段が最上階まで通じます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14305015.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14310371.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14320077.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14321636.jpg

当時の面影を残すエレベーター。おそらく県内最古のものと思われます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14324108.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14311702.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14330332.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14332920.jpg

前方に張り出した建物両脇。建物配置は上から見るとコの字の形になっています。
張り出し部分の窓はアーチ型の刳型で囲まれ、左右にはテラコッタの飾りを添えます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14345418.jpg

こちらは西側面の眺め。こちら側もアーチの刳型、テラコッタの飾りを添えます。
愛媛県庁舎本館_f0116479_14374380.jpg
愛媛県庁舎本館_f0116479_14372531.jpg


by sunshine-works | 2019-12-29 10:48 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 12月 15日
愛媛県教育会館
愛媛県松山市の近代建築その12

前回紹介した松山気象台の北西程無くの所に昭和初期に建てられた大きな木造建築物が残されています。四国では珍しい帝冠様式を採り入れたこの建物は昭和12年に建てられました。
愛媛県教育会館_f0116479_10531594.jpg

教職員の研修施設として建てられた木造3階建て。コンクリート風に仕上げた壁面に縦長窓を並べ、玄関脇には丸窓を添えます。3階部分を下階と蛇腹で仕切り、その上の和風屋根は鉄板で葺いています。
洋風建築に城郭風の屋根を乗せた帝冠様式と呼ばれる意匠で、昭和初期に主に公共機関に用いられました。
愛媛県教育会館_f0116479_11125027.jpg


玄関上部に乗せられた城郭風の破風。同様の破風はこの側面、裏面にも設けられています。
愛媛県教育会館_f0116479_11172975.jpg
愛媛県教育会館_f0116479_11183207.jpg

館内は木造建築らしい重厚な木質感が漂います。
愛媛県教育会館_f0116479_11210672.jpg

2階には大きな講堂が設えられています。
愛媛県教育会館_f0116479_11223516.jpg


by sunshine-works | 2019-12-15 11:47 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 12月 08日
松山地方気象台
愛媛県松山市の近代建築その11

松山城の東、閑静な住宅街の一角に昭和初期に建てられたモダンな鉄筋コンクリート建物が残されています。
この建物は昭和3年に松山測候所として建てられ、現在も気象台として使われています。
松山地方気象台_f0116479_12463295.jpg

玄関を挟んで左右非対称に建屋を配置した鉄筋コンクリート造。右側は切妻平屋、左側が陸屋根2階建て。玄関上部のバルコニーや軒蛇腹、時計が嵌められていた円形の縁飾り、陸屋根上部のパラペット等々、モダニズム建築の中に古典様式の要素が取り込まれています。
松山地方気象台_f0116479_12472473.jpg
松山地方気象台_f0116479_12481842.jpg

小さな庇を張り出す玄関。上部にバルコニーを設けます。
松山地方気象台_f0116479_12521139.jpg
松山地方気象台_f0116479_12523777.jpg
松山地方気象台_f0116479_12525972.jpg
松山地方気象台_f0116479_12535392.jpg

玄関両脇の柱の基部と頂部には特異なモールドが施されています。
松山地方気象台_f0116479_12531920.jpg
松山地方気象台_f0116479_12543078.jpg
松山地方気象台_f0116479_12550194.jpg
松山地方気象台_f0116479_12551628.jpg

茶色の帯を廻らせた塔屋上部。帯に挟まれた丸い窪みはかつて掲げられていた大時計の跡です。
松山地方気象台_f0116479_12553576.jpg
松山地方気象台_f0116479_12555483.jpg



by sunshine-works | 2019-12-08 11:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 11日
旧美又信用購買販売組合
島根県浜田市の近代建築その2

有福温泉から県道を南へ、山あいの集落の中心に目を惹く洋風建築が残されています。
現在は民間企業の施設として使われているこの建物は昭和12年に信用購買販売組合の事務所として建てられました。
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12283744.jpg

木造2階建て下見板貼り、折れ屋根風の切妻造り、中央に三角破風を立上げます。玄関両脇の飾り壁の上端はアーチを描き、軒周りはドイツ壁、両脇の妻面はハーフティンバー風に仕上げる凝った造りです。
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12302058.jpg
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12290681.jpg
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12305499.jpg


信用購買販売組合とは明治33年に施行された産業組合法によって各地に設立された共同組合で、農村に於いては現在の農業共同組合に近い役割を担っていました。多くの組合は戦後に改組されて農業共同組合となりますが、この建物も近年までJAいわみの施設として使われていました。
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12351092.jpg

ハーフティンバーに仕上げた両脇の妻面。
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12385741.jpg

軒下の破風中央には産業組合の紋章、玄関庇の破風には三又(美又)の紋を掲げます。
旧美又信用購買販売組合_f0116479_12374815.jpg



by sunshine-works | 2019-08-11 11:25 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 07日
旧都野津町役場(都野津会館)
島根県江津市の近代建築その3

山陰本線江津駅から西へ一駅、都野津の中心部から程なくの場所にかつての役場建物が残されています。
この建物は旧都野津町役場として昭和12年に建てられました。
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12204409.jpg

鉄筋モルタル2階建て。スクラッチタイルを貼った壁面には縦長窓が並び、軒まで貫いた玄関両脇の付柱の上に三角破風を構えます。
和瓦を葺いた寄棟屋根、軒下の漆喰風の白壁、寺社を思わせる三角破風等、和洋を折衷した意匠で纏められています。
地方の町村役場としては規模が大きく、意匠も当時の流行を取り入れたモダンな造り。贅を凝らしたこの庁舎は地元の実業家の寄付によって建てられたそうです。
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12210415.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12211981.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12215808.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12265378.jpg


昭和12年に建てられ、戦後の昭和29年に江津市と合併した後は公民館に転用されました。現在は地域のイベントスペースとして利用されています。
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12235919.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12242071.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12252659.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12260707.jpg

各面に貼られたスクラッチタイル。腰周りには切石を廻らせます。
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12225609.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12311582.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12275133.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_12285532.jpg
旧都野津町役場(都野津会館)_f0116479_10530357.jpg

こちらは西面の眺め。奥行きが深い構造が見て取れます。













by sunshine-works | 2019-07-07 10:56 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 30日
旧江津町役場
島根県江津市の近代建築その2

江津市中心部の南方、江の川の左岸に大正期に建てられた旧町役場が残されています。この建物は大正15年に江津町役場本庁舎として建てられました。
旧江津町役場_f0116479_13245784.jpg

隣接する神社の参道脇に建つ鉄筋コンクリート2階建て、寄棟造。正面側は中央、左、右それぞれに段状の三角パラペットを立ち上げ、垂直方向に付柱を添えます。柱間には縦長窓を廻らせ、壁面の要所をレリーフで飾るモダンな意匠。当時流行したアールデコ様式が取り入れられています。
旧江津町役場_f0116479_13252827.jpg
旧江津町役場_f0116479_13261748.jpg

この建物は昭和29年に江津町と周辺町村の合併で江津市が発足した後も暫らくの間市役所として使われ、その後も公共用途に利用されて来ました。現在は郷土資料館として公開されています。
旧江津町役場_f0116479_13265242.jpg
旧江津町役場_f0116479_13350845.jpg
旧江津町役場_f0116479_13272450.jpg
旧江津町役場_f0116479_13273911.jpg

特徴的な三角パラペット。幾何学模様のレリーフを飾ります。
旧江津町役場_f0116479_13375170.jpg


太い丸柱が並ぶ館内。改修によって当時の姿が保たれています。
旧江津町役場_f0116479_13292041.jpg


側面から裏側の様子です。
旧江津町役場_f0116479_13302406.jpg
旧江津町役場_f0116479_13305062.jpg









by sunshine-works | 2019-06-30 10:46 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 24日
旧南方村役場
広島県三原市の近代建築その2

三原市の西部、旧山陽道が通る山間の集落に古い木造洋館が残っています。現在は地域の集会所として使われているこの建物はかつてこの周辺に存在した旧南方村の役場として建てられました。築年は不明ですが、大正から昭和初期の築と思われます。
旧南方村役場_f0116479_10093942.jpg

木造2階建て切妻造り。下見板貼りの壁面に上げ下げ式の縦長窓を並べます。小さな建物ですが、マンサード屋根やハーフティンバー風に仕上げた妻面、木製の窓格子等洋風意匠が盛り込まれています。
旧南方村役場_f0116479_10364216.jpg
旧南方村役場_f0116479_10383910.jpg

旧南方村は明治22年から昭和29年まで存在した村で、この建物は町村合併で本郷町になるまで使われた庁舎です。その後は農協の建物に転用されたようですが、現在はみとしろ館の名称で地元の集会所や図書館に使われています。
旧南方村役場_f0116479_10370538.jpg
旧南方村役場_f0116479_10371967.jpg
旧南方村役場_f0116479_10391879.jpg

妻面に設けられた入口。小さな庇を張り出します。
旧南方村役場_f0116479_10404707.jpg

裏側の様子。

窓枠や格子も当時の姿が保たれています。
旧南方村役場_f0116479_10435471.jpg

旧南方村役場_f0116479_10431088.jpg


by sunshine-works | 2019-03-24 11:36 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 17日
旧大森区裁判所
島根県大田市の近代建築その4

前回紹介した旧邇摩郡役所から街道に沿って町並みを進んで程なく、明治期に建てられた裁判所が残されています。現在は大森町並み交流センターとして使われているこの建物は明治23年に大森区裁判所として建てられました。
旧大森区裁判所_f0116479_18304656.jpg

区裁判所は明治23年に制定された法令により地方裁判所の下に置かれた下級裁判所で、現在の簡易裁判所に近い役割を果たしていました。
島根県内には計8箇所置かれましたが、現存するのはこの大森区裁判所のみで、全国的にも明治期の裁判所建物の現存例として貴重な存在となります。
旧大森区裁判所_f0116479_18315401.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18312653.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18321626.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18541096.jpg

全体の意匠は和風を旨とした儀洋風建築。中央の玄関庇は寺社を思わせます。
旧大森区裁判所_f0116479_18543377.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18551081.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18553555.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_18564155.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_00320268.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_00330132.jpg

敷地の入口には木製の門柱と門扉を構えます。
旧大森区裁判所_f0116479_00335012.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_00342026.jpg
旧大森区裁判所_f0116479_00343588.jpg




by sunshine-works | 2018-06-17 11:22 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 10日
旧邇摩郡役所
島根県大田市の近代建築その3

石見銀山の中心部、大森地区の一角に古い役所建物が残されています。現在石見銀山資料館として使われているこの建物は明治35年に旧邇摩郡役所として建てられました。
旧邇摩郡役所_f0116479_10581739.jpg

旧代官所の敷地に建つ長屋門と土壁で囲まれた木造平屋建切妻造。島根県内に幾つか現存する和風を旨とした役所建物の一つです。
旧邇摩郡役所_f0116479_11032830.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11042535.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11220806.jpg


郡役所は府県と町村の中間に置く自治体として明治中期に制定され、全国に設置されますが、自治の煩雑を招くとして30年足らずで廃止されてしまいます。その為、郡役所自体の現存例は希少なものとなりますが、島根県には4つもの郡役所が残されています。
旧邇摩郡役所_f0116479_11052562.jpg

寺院風の玄関庇。羽目板張りの外壁も寺院や学校建築を思わせます。
旧邇摩郡役所_f0116479_11205870.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11115522.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11170648.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11180802.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11185758.jpg
旧邇摩郡役所_f0116479_11194363.jpg

周りを囲む塀と門は旧代官所時代の築です。
旧邇摩郡役所_f0116479_11550434.jpg



by sunshine-works | 2018-06-10 12:00 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2018年 06月 03日
旧大田町産業会館
島根県大田市の近代建築その2

大田市の中心部の一角に古い洋風建築が残されています。
現在大田市医師会館・準看護師学校として使われているこの建物は昭和12年に大田町産業会館として建てられました。
旧大田町産業会館_f0116479_12052774.jpg

木造2階建てですが、壁面全面に化粧タイルを張り、屋上にパラペットを立ち上げて鉄筋コンクリート造風の外観に仕立てています。
建物中央に玄関を張り出し、シンメトリーに両側を配置、大きな窓を廻らせたモダンな意匠です。
旧大田町産業会館_f0116479_12081145.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12203887.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12072586.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12094794.jpg

元々の市街地の中心だった一角に位置するこのモダンな建物は町のランドマーク的な存在だったと思われます。
昭和12年に大田町産業会館として建てられた後、太田町役場から大田市役庁舎を経て商工会議所に使われ、平成初期に現用途に転用されています。
旧大田町産業会館_f0116479_12103767.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12130423.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12112872.jpg

窓枠はアルミサッシに換えられていますが、その他は概ね当時のまま。状態良く保たれています。
旧大田町産業会館_f0116479_12121453.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12135443.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12142581.jpg

建物裏側。中央部が後方に伸ばされています。
旧大田町産業会館_f0116479_12173348.jpg
旧大田町産業会館_f0116479_12180422.jpg


by sunshine-works | 2018-06-03 13:40 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)