タグ:学校建築 ( 112 ) タグの人気記事

2020年 01月 19日
京都大学工学部土木工学教室本館
京都市左京区の近代建築その7

吉田地区に広がる京都大学のメインキャンパスとなる本部構内(中央キャンパス)は明治30年の開学時に始まる長い歴史があります。広い敷地の中には各時代に建てられた近代建築が数多く現存し、その多くが今も現役で使われています。今回から暫らくはこの本部構内に現存する戦前築の施設・建物を巡ります。

まず最初は本部構内の北側、工学部の校舎が並ぶ一角に建つ土木工学教室本館を紹介します。煉瓦造2階建てのこの建物は大正6年築。山本治兵衛と永瀬狂三が設計を手掛けました。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12194591.jpg

中央玄関を中心にシンメトリーに棟を配置した横長の建物。大正13年に左右両翼が延ばされて現在の規模となっています。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12431713.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12435052.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12440807.jpg

赤煉瓦に白御影石のアクセント、壁面にアーチ型を連ねた美しい姿形。京都大学にはこの他にも煉瓦造の建物が幾つか現存しますが、大正6年以降の築年のものは無く、この建物が煉瓦校舎の最終形、完成形となります。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12445085.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12453891.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12460456.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13060302.jpg

建物の左右中程に中央部分と同様な三角破風を掲げます。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_12463748.jpg

窓枠は更新されているようですが、当初の意匠が良く保たれています。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13074138.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13065453.jpg


中央玄関詳細。入口は建物規模に比べると小さなものです。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13010811.jpg


こちらは建物裏側。中央と左右の破風部分の反対側を後ろに突き出しています。
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13094955.jpg
京都大学工学部土木工学教室本館_f0116479_13091152.jpg




by sunshine-works | 2020-01-19 11:38 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2020年 01月 12日
京都大学旧演習林事務室

京都市左京区の近代建築その6

京都大学の本キャンパス、吉田地区から道路を隔てた北側、京都大学北部構内には理学部と農学部の施設が置かれています。この敷地の一角に、昭和初期に建てられた木造の洋風建築が残されています。
この建物は農学部演習林事務所として昭和6年に建てられました。
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23005420.jpg


木造平屋建て、スパニッシュ瓦の屋根を葺き、周囲に廻廊を廻らせたバンガロー風の意匠。この周囲に広がる北白川試験地(演習林)の事務棟として建てられました。京大営繕科の大倉三郎が設計を手掛けています。
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23222104.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23240399.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_11241360.jpg

多くの近代建築が残る京都大学構内の建物の中で異彩を放つ独特の木造平屋建物。設置環境との調和が図られています。
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23230928.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23232994.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23243267.jpg


建物角の石段を上がって玄関ホールへ。建物に沿って外廊下が廻ります。
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23251460.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23284619.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23272958.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23404872.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23254861.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23262520.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23264786.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23270923.jpg


建物奥手の眺め。廊下の突き当たりに別棟が繋がります。
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23291951.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23342893.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23334693.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23352680.jpg
京都大学旧演習林事務室_f0116479_23361185.jpg



by sunshine-works | 2020-01-12 11:41 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2019年 12月 01日
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)
愛媛県松山市の近代建築その10

松山市中心街の東部、住宅街の並びに愛媛大学付属中学校の広い校地が置かれています。この中学校は大正8年に設立された旧制松山高校の跡地を校地としていますが、この敷地の一角には旧制松山高校時代の大正11年に建てられた木造講堂が残されています。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14154638.jpg

ルネサンス様式を採り入れた木造2階建ての大きな建物。下見板貼り壁面の各面に上げ下げ式の縦長窓を並べ、玄関両脇の張り出し部分屋上に塔屋を乗せます。正面玄関にはトスカナ様式のオーダー柱が支える庇を張り出す重厚な意匠。高等教育機関に相応しい象徴性を備えます。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14343847.jpg

木製の丸柱が支える庇。奥の入口扉と左右の窓はファンライト付のアーチ形状になっています。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14393503.jpg
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14362003.jpg

玄関脇の塔屋部分。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14402552.jpg

側面から裏面の眺め。奥行きのある大きな構え。各面に小さな出入口が設けられています。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14441246.jpg

この建物は明治期に第一から第八まで設立されたナンバースクールに続いて大正期に各地に設けられた一連のネームスクール(地名を冠した校名)の現存建物で、四国では唯一のものとなります。
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14423363.jpg
愛媛大学附属中学校講堂(旧制松山高等学校講堂)_f0116479_14415433.jpg




by sunshine-works | 2019-12-01 10:43 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 10月 13日
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)
愛媛県松山市の近代建築その6

前回紹介した旧白楊会館から南東方向、伊予鉄道山西駅の傍に私立新田高校の校地が広がります。この新田高校の正門近く、敷地の北東に同校の前身となった旧制新田中学時代の校舎が残されています。現在記念館として使われているこの建物は昭和15年に建てられました。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18435084.jpg


木造2階建て切妻造り。建物中央部分は化粧タイルを貼りRC建物風にファサードを設えます。方形の列柱が支える大きな庇、玄関廻りを飾る切石、明り取りのブロックガラス、窓間を貫く付柱等々、モダンな意匠が施されています。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18455675.jpg
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18444324.jpg


松山市で最初の私立中学校となった旧制新田中学は、内外汽船社長の新田仲太郎によって当地に創設されます。この建物は本館として建てられたもので、愛媛県出身の後藤 種一が設計を手掛けました。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18482076.jpg
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18462682.jpg
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18464365.jpg
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18492237.jpg

玄関周りの詳細。戦時色が強まり、大規模建築物の規制が始まる昭和15年当時の建物ですが、それらを一切感じさせないシンボリックで堂々とした意匠です。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18525489.jpg
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_18555122.jpg


玄関両脇に配した明り取りのガラスブロック。柱廻りは大理石で飾ります。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_19000046.jpg

南側の妻面。この建物は平成4年に移築された際に両翼部分が削られており、この面は移築時に付け足されたものと推測されます。


こちらは建物裏側です。6本の付け柱が正面側の付柱と正対する位置に配置されています。
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)_f0116479_19034927.jpg



by sunshine-works | 2019-10-13 12:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2019年 08月 04日
旧有福小学校
島根県浜田市の近代建築その1

国道9号線から有福温泉へ向かう県道の途中に古い学校建築が残されています。平成27年に廃校となったこの有福小学校には大正期から昭和初期にかけて建てられた建物が現存しています。
旧有福小学校_f0116479_14522829.jpg

校門を入って左手に建つ昭和11年築の鉄筋コンクリート造の講堂。ギリシア神殿風の石柱を構える玄関周りが特徴的な重厚な建物です。
旧有福小学校_f0116479_14592941.jpg
旧有福小学校_f0116479_14594394.jpg
旧有福小学校_f0116479_15035484.jpg
旧有福小学校_f0116479_15022435.jpg
旧有福小学校_f0116479_15031202.jpg

柱上部には柱頭飾りを乗せます。
旧有福小学校_f0116479_15025871.jpg
旧有福小学校_f0116479_15045113.jpg
旧有福小学校_f0116479_15050979.jpg
旧有福小学校_f0116479_15053209.jpg
旧有福小学校_f0116479_15062648.jpg
旧有福小学校_f0116479_15063910.jpg
旧有福小学校_f0116479_15065477.jpg

木造とRC造の違いはありますが、大きな切妻屋根、妻面の換気窓の意匠、入母屋風の庇、入口に据えた円柱等、前回紹介した跡市小学校の講堂と共通する雰囲気があります。
旧有福小学校_f0116479_15082865.jpg
旧有福小学校_f0116479_15084060.jpg
旧有福小学校_f0116479_15090690.jpg
旧有福小学校_f0116479_15092921.jpg

こちらは反対側の面。表と裏はほぼ同じ造りです。
旧有福小学校_f0116479_15115222.jpg
旧有福小学校_f0116479_15121202.jpg
旧有福小学校_f0116479_15123071.jpg


講堂の先、一段高い場所に木造2階建ての木造校舎が建てられています。建物西側の増築部分が昭和9年築、東側は大正11年の築です。
旧有福小学校_f0116479_15104759.jpg
旧有福小学校_f0116479_15110153.jpg
旧有福小学校_f0116479_15163167.jpg
旧有福小学校_f0116479_15131512.jpg
旧有福小学校_f0116479_15133125.jpg
旧有福小学校_f0116479_15134615.jpg
旧有福小学校_f0116479_15150592.jpg
旧有福小学校_f0116479_15141093.jpg

講堂から校舎へ棟が繋げられています。
旧有福小学校_f0116479_15154665.jpg

右手側の一段低い棟が大正11年に建てられた部分です。
旧有福小学校_f0116479_15144384.jpg






















by sunshine-works | 2019-08-04 11:46 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 28日
旧跡市小学校
島根県江津市の近代建築その5

江津市西部、跡市町の中心部に昭和初期に建てられた校舎が残されています。平成27年に閉校となったこの旧跡市小学校には尋常小学校時代の昭和13年に建てられた木造校舎と講堂が現存しています。
旧跡市小学校_f0116479_12155354.jpg


敷地内には木造2階建て羽目板張りの校舎と木造平屋モルタル造の講堂と付属建物が閉校時のまま残されています。
旧跡市小学校_f0116479_12205118.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12211061.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12220337.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12230224.jpg

壁面は下見板貼りを基本とし上下階間の窓間は縦貼りの羽目板仕上げ。一部の窓枠には当時の木製のものが残されています。
旧跡市小学校_f0116479_12242633.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12251483.jpg

校舎中央の入口。石柱が支える寄棟屋根の庇。建物上部の三角破風にはアーチの縁取りを添えます。
旧跡市小学校_f0116479_12235758.jpg

敷地左手に並ぶ講堂。切妻屋根の妻面に入母屋風の庇を張り出す凝った造り。入口周りも講堂らしい風格ある意匠が施されています。
旧跡市小学校_f0116479_12291051.jpg


側面から裏面の様子。
旧跡市小学校_f0116479_12324166.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12334853.jpg

こちらは校舎裏側。奥側に建屋が伸ばされ、その先に幾つもの付属棟が配置されています。
旧跡市小学校_f0116479_12375257.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12373087.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12384000.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12390401.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12415621.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12445083.jpg
旧跡市小学校_f0116479_12382386.jpg


by sunshine-works | 2019-07-28 10:58 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 07月 21日
旧波積小学校講堂
島根県江津市の近代建築その5

江津市の東部、本郷地区の中心部にかつて小学校の講堂として使われていた建物が残されています。
現在は地域の交流施設として使われているこの建物は昭和9年に建てられました。
旧波積小学校講堂_f0116479_22165665.jpg

木造平屋切妻造下見板貼り。正面中央に三角破風を掲げた入口を構えます。日の入る南面に大きな窓を並べた学校建築ならではの意匠。
旧波積小学校講堂_f0116479_22173115.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_22175742.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_22181424.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_13015071.jpg

中央の入口。三角破風は掻き落とし風のモルタル塗り、中心部に円形の紋(校章?)を刻みます。
旧波積小学校講堂_f0116479_13072446.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_13075428.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_13080762.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_13092236.jpg
旧波積小学校講堂_f0116479_13094804.jpg


側面にも小さな入口を構えます。
旧波積小学校講堂_f0116479_13112005.jpg

こちらは裏面。4面の中でこの面にだけバットレスが設けられています。
旧波積小学校講堂_f0116479_13160734.jpg



by sunshine-works | 2019-07-21 11:13 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
2019年 06月 09日
旧郷野小学校
広島県安芸高田市の近代建築

安芸高田市の中心部吉田地区から南西方向、長閑な田園地帯の一角に昭和10年に建てられた木造校舎が残されています。
この建物は安芸高田市立郷野小学校の校舎として平成31年の閉校まで80年以上に渡って使われました。
旧郷野小学校_f0116479_12514748.jpg

木造2階建て下見板貼りの寄棟造。中央に玄関を設け、上部に三角破風を立上げます。当時の木造校舎の一般的な意匠ですが、玄関周りやファサードに凝った装飾が施されています。
旧郷野小学校_f0116479_13162477.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13180210.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13182822.jpg

旧郷野小学校_f0116479_13165624.jpg

玄関周り詳細。ハーフティンバー風の破風、壁面はドイツ壁仕上げ。丸型の通気口がアクセントになっています。
旧郷野小学校_f0116479_13185304.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13191789.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13193308.jpg

旧郷野小学校_f0116479_13203726.jpg


玄関内部の様子。
旧郷野小学校_f0116479_13254307.jpg

この郷野小学校は平成31年3月で休校となりましたが、1年建った現在もその後の用途が定まらず、再生に向けて模索中のようです。
広島県内で戦前に建てられた木造校舎として希少な現存例で、意匠的にも優れたこの建物がどう活用されるか、気になるところです。
旧郷野小学校_f0116479_13242699.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13213004.jpg

正面玄関の他に、校舎の左右に入口が設けられています。
旧郷野小学校_f0116479_13251669.jpg


校舎裏側からの眺め。
旧郷野小学校_f0116479_13262689.jpg
旧郷野小学校_f0116479_13260844.jpg


by sunshine-works | 2019-06-09 11:54 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 01月 27日
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)
京都市左京区の近代建築その1

北山通りを南へ折れ、静かな住宅街を進んで程なく、京都工芸繊維大学のキャンパスが広がります。
ここには前身の京都高等工芸学校時代に建てられた昭和初期の校舎が現存し、現用施設として使われています。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20191867.jpg

京都高等工芸学校は日本で三番目の官立工業学校として明治35年に現在の左京区吉田泉殿町に開設されます。
その後同校は手狭になった校地から新たな移転先として松ヶ崎村に新校舎を建て、昭和5年に移転開校します。
この際に建てられたのが現在3号館として使われている旧本館で、戦後に新制大学として設立された京都工芸繊維大学に引き継がれます。
この校舎を含め松ヶ崎に新設された一連の建物施設は当時同校の図案課教授を勤めていた本野精吾が設計を担当しています。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20291869.jpg

壁面にスクラッチタイルを貼った鉄筋コンクリート3階建て。
玄関を設けた東面の北側と南側に棟を繋げ、裏面の講堂にも通路を結んだ大きな校舎。上から見るとヨの字型の構造になっています。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20230733.jpg

中央の玄関部分を手前に張り出した東面。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20324746.jpg

京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20330543.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20332802.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20351832.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20353624.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20570699.jpg

幾何学的な装飾を施した玄関扉を抜けて館内へ。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20355145.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20360782.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20364628.jpg

当時の姿を良く保つエントランスホール。要所に石を用いた重厚な造りです。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20372369.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20374938.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20381311.jpg

階段窓から見える別棟の講堂。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20391960.jpg

東面の角から直角に南面が繋がります。日当たりの良いこの面に設けられた大きな連続窓は当時まだ珍しいものでした。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20430274.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20501308.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20461109.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20470112.jpg



日本のモダニズム建築創成期を代表する建築家として知られる本野精呉の作ですが、スクラッチタイルや凹凸を多用した壁面の仕様等は同時期の氏の作品と比べ先鋭的な意匠が抑えらたものとなっています。
当初案では壁面はコンクリート打ち放し、連続窓も各面に配置される予定でしたが最終的には現在の姿に落ち着きました。この辺は学校建築を所管する文部省の意向があったものと言われています。

玄関棟の裏側の眺め。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_20590356.jpg

このキャンパス内には旧本館と同時期に建てられた建物が他にも現存します。旧本館の南に建つこの小さな建物は倉庫として使われました。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21115642.jpg

東南角の正門脇に設けられた門衛所。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21205168.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21200757.jpg
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21193870.jpg

西南角にも古い木造モルタル造の門衛所が残されています。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21283896.jpg

現在の正門脇に建つ建物。大きく改装されていますが、かつて車庫として建てられたものです。
京都工芸繊維大学3号館(旧京都高等工芸学校本館)_f0116479_21330894.jpg


by sunshine-works | 2019-01-27 12:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
2018年 12月 16日
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)
京都市北区の近代建築その7

烏丸北大路交差点の一角に校舎を構える大谷大学は東本願寺の学寮に遡る古い歴史を持つ学校です。
この大谷大学には大正期に建てられた煉瓦造りの旧本館が今も残り、現役施設として使われています。
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10041539.jpg

煉瓦造2階建て、寄棟屋根瓦葺き。ルネサンス様式の重厚な意匠です。
小さく前に張り出した玄関部を中心にシンメトリーな建物配置、屋根上にはドーマを設け、中央破風上に小塔を乗せます。
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10043714.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10195913.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10122163.jpg

赤煉瓦の壁面には白石の帯を廻らせます。白い切石はアーチ窓のキーストーンや2階の窓石にも用いられ、単調さを和らげるアクセントとなっています。  
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10202968.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10133832.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10131649.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10161426.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10170243.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10205906.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10171202.jpg

瓦葺きの庇を突き出した車寄せ。上部には大学紋章のレリーフを掲げます。
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10185364.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10153030.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10145581.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10173970.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10142618.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10191987.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10160662.jpg


側面から裏側の様子です。
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10250095.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10222665.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10231517.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10233372.jpg
大谷大学尋源館(大谷大学旧本館)_f0116479_10234646.jpg



by sunshine-works | 2018-12-16 11:43 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)