タグ:古塚正治 ( 6 ) タグの人気記事

2010年 07月 03日
旧徳田邸
宝塚の近代建築その8

宝塚市の東部、阪急電鉄雲雀丘花屋敷駅の北側に大正期から昭和の初めにかけて開発された住宅街が広がっています。
この雲雀丘住宅地の一角、大阪平野を見晴らす斜面の中腹に1棟の洋館が建っています。
この建物は開発初期に建てられ現存する10数棟のうちの一つで、古塚正治の設計により大正中期に建てられました
旧徳田邸_f0116479_14413268.jpg

箕面有馬電気軌道が沿線の池田や箕面、豊中等で宅地開発を行っていた同時期、長閑な農村地帯だったこの地を高級住宅街として開発したのは、灘・住吉村や芦屋の宅地開発を手掛けた阿部元太郎でした。階段状に緑豊かな邸宅が並ぶ街路には電線や下水道が地中埋設され、街灯が灯された道に乗合自動車(バス)が運行される、当時最も先進的な郊外住宅地として造成されていきました。
旧徳田邸_f0116479_1442069.jpg

設計者の古塚正治は阪神間に多種多様な作品を残していますが、この建物の設計には当時流行のセセッションスタイルを用いています。
旧徳田邸_f0116479_14452052.jpg

旧徳田邸_f0116479_14465646.jpg

旧徳田邸_f0116479_14455310.jpg

旧徳田邸_f0116479_14434921.jpg

旧徳田邸_f0116479_14475731.jpg

旧徳田邸_f0116479_14443177.jpg

旧徳田邸_f0116479_14472049.jpg

旧徳田邸_f0116479_14462098.jpg

旧徳田邸_f0116479_14581153.jpg

よく手入れされた生垣で仕切られた敷地北側。どの邸宅も豊かな植栽で飾られています。
旧徳田邸_f0116479_15132250.jpg

旧徳田邸_f0116479_1513573.jpg

旧徳田邸_f0116479_15143333.jpg

大阪平野を一望する素晴らしい眺め。雲雀丘の各戸には眺望と景観の保全に関する細かな規則が定められていました。この建物を含めて古い建物の屋根が赤く塗られているのも当時の取決めに由来しています。
旧徳田邸_f0116479_14502193.jpg

旧徳田邸_f0116479_14503388.jpg

前庭に出て建物正面を眺めます。
この地区の洋館は何処も非公開で普段は敷地内に立ち入る事が出来ませんが、この旧徳田邸(現在は元宝塚市長正司氏の邸宅)は春に実施されるオープンガーデンフェスタの期間に公開されます。
旧徳田邸_f0116479_14525575.jpg

旧徳田邸_f0116479_14531579.jpg

旧徳田邸_f0116479_14533566.jpg

旧徳田邸_f0116479_14535880.jpg

旧徳田邸_f0116479_14572916.jpg

旧徳田邸_f0116479_14553758.jpg

旧徳田邸_f0116479_14563939.jpg

東京に比べて都心部が狭い大阪では早くから郊外住宅地の開発が進められ、船場地区の富裕層も阪神間や北摂地区に居を移す事となります。この様な中で関西屈指の高級住宅地として開発された雲雀丘の手法は、雛型としてその後各地で同種の宅地開発に採り入れられていく事となります。
旧徳田邸_f0116479_15183142.jpg


by sunshine-works | 2010-07-03 16:58 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2010年 03月 07日
宝塚ホテル 旧館
宝塚の近代建築その3

大都市近郊のリゾート都市として開発された宝塚は、発展に伴って多くの観光・娯楽施設が建てられて行きます。宝塚を代表する名門ホテル、宝塚ホテルは大正15年、古塚正治の設計で建てられました。
宝塚ホテル 旧館_f0116479_10361041.jpg

明治43年、阪急電鉄の前身である箕面有馬電気軌道が梅田・宝塚の間で開業します。従来の都市間鉄道と異なり、非都市部に向かって伸ばされたこの路線は、積極的な沿線開発によって乗客の創出を行うその後の郊外型私鉄の原型となりました。
同社を率いる小林一三は、イギリスの田園都市構想に範を採った宅地開発によって沿線人口の増大を図る一方で、武庫川の畔に位置する風光明媚な宝塚を温泉リゾート地として開発し、都市圏からの集客を図ります。それまで小さな寒村にすぎなかった宝塚には、やがて大温泉、劇場、遊技施設、近郊のゴルフ場等のレジャー施設が次々と整備されて行きます。
大阪の奥座敷として宝塚が変貌を遂げつつあった大正15年、阪急電鉄系列初のホテルとして宝塚南口駅前に開業したこのホテルは、やがて宝塚の文化と社交の中心としての役割を担って行きます。
*創業当時の逸話はこのサイトが参考となります。
宝塚ホテル 旧館_f0116479_15283193.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_15285047.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18335543.jpg

この時期、阪神間で多くの作品を手掛けた古塚正治を代表する建物です。最上部を飾る大きな三角ペディメントや瓦葺の切妻屋根を用いたクラシカルな雰囲気の中にアールデコ洋式を取り込んだ、優雅さとモダンを備えた意匠となっています。
宝塚ホテル 旧館_f0116479_1833862.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18332179.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18365929.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_23515325.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18341351.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_1835525.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18353715.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18355484.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_18361895.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_1836377.jpg

太い列柱が並ぶ館内。
宝塚ホテル 旧館_f0116479_22443535.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_2245811.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_22513929.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_22455785.jpg

宝塚ホテル 旧館_f0116479_22462652.jpg

都市近郊に花開いた阪神間モダニズムと呼ばれる文化を担った阪急グループの聖地がこの宝塚でした。
その後80年を経た今日、当時を伝える建物は僅かな数が残るだけとなってしまいましたが、この宝塚ホテル旧館に華やかなりし頃を偲ぶ事ができます。
宝塚ホテル 旧館_f0116479_22552824.jpg


by sunshine-works | 2010-03-07 23:37 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 10月 08日
六甲山ホテル旧館
神戸灘区の近代建築その13

交通アクセスが整いリゾート開発が進んでいく中で、それまで本格的なホテルが無かった六甲山にもホテルが建てられるようになります。六甲山の開発に鎬(しのぎ)を削っていた2つの鉄道会社の一つ阪神電鉄によって昭和9年に六甲オリエンタルホテルが、それに先立つ昭和4年に阪急資本の手によりこの六甲山ホテルがオープンします。六甲山ホテルはその後に新館が建てられましたが開設時の建物が旧館として現存しています。設計:古塚正治

設計者の古塚正治は阪神間を中心に多くの建築を手がけています。この六甲山ホテルは同じ阪急系列の宝塚ホテルの分館として建てられたのですが宝塚ホテルも古塚の作品です。
六甲山ホテル旧館_f0116479_12371011.jpg

高原リゾートらしく山小屋風の建物。アルプスの保養地にありそうなデザインです。
木造の骨組を表面に見せるハーフティンバーと呼ばれる技法が使われています。
六甲山ホテル旧館_f0116479_12374994.jpg

六甲山ホテル旧館_f0116479_1239710.jpg


鬱蒼とした樹木が周囲を取り囲んでいて良いアングルで写真が撮れません。
六甲山ホテル旧館_f0116479_12414399.jpg
六甲山ホテル旧館_f0116479_12421054.jpg

玄関部分です。現在は閉ざされていますが当時のまま残されています。
六甲山ホテル旧館_f0116479_1245144.jpg

六甲山ホテル旧館_f0116479_12478100.jpg

色硝子が鮮やかな玄関扉
六甲山ホテル旧館_f0116479_12484198.jpg

建物裏側。左側の駐車場への出入り口は後年の物です。
六甲山ホテル旧館_f0116479_12515794.jpg

ホテル内部。大きく張り出した木製の梁と連続するアーチが特徴的です。
六甲山ホテル旧館_f0116479_1254130.jpg
六甲山ホテル旧館_f0116479_12543033.jpg

山上への交通機関が整備されホテルも開設された事で六甲山はますます便利な避暑地となっていきます。夏場はホテルを住まいとし大阪・神戸へ通う人もいたそうです。
六甲山ホテル旧館_f0116479_12545278.jpg

ケーブルカーやバス・電車を乗り継いで1時間以内で神戸や大阪から行ける便利な高原リゾート地になった六甲山ですが、その近さ故に東の代表的な避暑地軽井沢に見られる夏場に都市機能がそっくり引っ越して来る様な町並みは形成されませんでした。商業施設も文化施設も、僅か数十分で降りられる麓へ行けば幾らでも在ったのですから、さほど不自由を感じなかったのでしょう。他の理由として山上に建てられた2つのホテルがそれらの代替として機能していた事も見落とせません。
六甲山ホテル旧館_f0116479_1311985.jpg


by sunshine-works | 2007-10-08 14:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 02月 24日
多聞ビルディング
西宮の近代建築その6

昭和3年築・設計古塚正治。
西宮の酒造地域のはずれにある堂々とした建物です。
多聞ビルディング_f0116479_10432790.jpg


長く八馬汽船の本社として使われていましたが現在は空屋となっています。
最初は1階が西宮銀行、2階が八馬汽船の本社でした。いかにも銀行建築を思わせる外観はその為でしょうか。
多聞ビルディング_f0116479_1044839.jpg


八馬汽船は米穀商だった八馬家が起こした海運会社で歴代の船には多聞丸の名が付けられています。これは八馬家が信仰する毘沙門天(多聞天)に由来するものです。多聞の名称は八馬家の酒造会社多聞酒造の清酒名でも知られています。
多聞ビルディング_f0116479_10482381.jpg


エントランスホールを貫くコリント式のオーダー柱
多聞ビルディング_f0116479_10522623.jpg

多聞ビルディング_f0116479_10493791.jpg

エントランス天井の飾り
多聞ビルディング_f0116479_1054567.jpg


東面には4本のオーダー。
多聞ビルディング_f0116479_10464458.jpg


多聞ビルディング_f0116479_11145189.jpg

多聞ビルディング_f0116479_1123449.jpg


多聞ビルディング_f0116479_10581867.jpg

多聞ビルディング_f0116479_11103919.jpg


多聞ビルディング_f0116479_1123339.jpg


柱頭のアップ
多聞ビルディング_f0116479_1111445.jpg




窓、扉はふさがれ内部がどうなっているのかわかりません。補修はされているようですが空家となってだいぶ経過しているようです。他の銀行建築の事例に倣って有効な活用を図れないものでしょうか。このまま眠らせて置くのはもったいない建物です。
多聞ビルディング_f0116479_11132415.jpg


by sunshine-works | 2007-02-24 11:53 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 14日
東洋精機本館事務所

尼崎の近代建築その12
昭和16年築、設計は古塚正治。
国の登録文化財に指定されています。
東洋精機本館事務所_f0116479_1034770.jpg


古塚正治は尼崎信用組合旧本店や宝塚ホテル、六甲山ホテル、多聞ビルディング 等兵庫県を中心に多くの作品を残した「阪神間モダニズム」を代表する建築家です。

平面と直線の組み合わせを基調として左右非対称にデザインされています。窓下の張出しがアクセントとなっています。
東洋精機本館事務所_f0116479_10343680.jpg


良く手入れされた庭に小ぶりな建物が映えます。
東洋精機本館事務所_f0116479_10351031.jpg

東洋精機本館事務所_f0116479_1035332.jpg


残念ながら門衛の脇から奥へは立ち入り不可。許可された範囲からの撮影となりました。
内部は建築当時の状態が良く残されているそうです。期間を限定してでも公開していただければ嬉しいのですが・・・・・。


玄関廻り
腰壁にスクラッチタイルが貼られています。
東洋精機本館事務所_f0116479_20331192.jpg


道路側から見た側面
東洋精機本館事務所_f0116479_10355750.jpg

東洋精機本館事務所_f0116479_10361894.jpg


裏側
東洋精機本館事務所_f0116479_10363488.jpg


by sunshine-works | 2007-01-14 02:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2006年 12月 16日
尼崎信用組合旧本店

尼崎の近代建築その8
以前紹介した尼崎信用組合旧本部事務所から建物一つ隔てた位置にあります。レンガ造りの旧本部事務所の次の2代目本店事務所として昭和5年に建てられました。地元兵庫県を中心に活躍した古塚正治の設計です。
尼崎信用組合旧本店_f0116479_135223.jpg


昭和5年当時は新しい建築の流れが地方都市にも波及しだした頃ですが、銀行建築は依然として様式建築が主流を占めていました。この建物は従来の荘厳な銀行建物のイメージから離れ、流行のモダニズム様式を取り入れた設計となっています。
尼崎信用組合旧本店_f0116479_1353362.jpg

尼崎信用組合旧本店_f0116479_136346.jpg

尼崎信用組合旧本店_f0116479_1363970.jpg


あっさりとしたデザインですが平面とカーブが巧みに組み合わされています。
尼崎信用組合旧本店_f0116479_12471197.jpg

尼崎信用組合旧本店_f0116479_1372789.jpg

尼崎信用組合旧本店_f0116479_1375034.jpg


外壁の最上部には緩やかな反り返えしがつけられています。
尼崎信用組合旧本店_f0116479_1393211.jpg


その後の改修で竣工当時とはエントランス部や窓等が変更されています。外壁も最初は黄土色に近い色合いだったようです。
竣工時の外壁の色を再現してみました。(館内に飾られている当時の絵を参考にしました)

尼崎信用組合旧本店_f0116479_1385622.jpg


新本店ビルの建設に伴い、この建物は「世界の貯金箱博物館」として余生を送っています。
尼崎信用組合旧本店_f0116479_1394870.jpg


by sunshine-works | 2006-12-16 13:00 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)