タグ:住宅 ( 79 ) タグの人気記事

2007年 08月 18日
旧乾新治邸

神戸東灘区の近代建築その10

関西の事業家が競って豪邸を建てた旧住吉村は現在も閑静な高級住宅街としてその佇まいを残しています。しかし開発から100年近い年月を経る中で多くの邸宅が建て替えらてしまいました。それでも建築当初の姿を留めている建物も少なからず残っています。今回紹介する旧乾新兵衛邸は当地に現存する邸宅の中でも規模や内外装のすばらしさに於いて随一と言える建物です。
昭和11年築。設計 渡辺節
f0116479_18531633.jpg

乾新治(後に新兵衛を襲名)は昭和初期に乾汽船社長を務めた人物です。先代の乾新兵衛が創業した乾汽船の2代目として裕福な環境に育ち、この地に当時最高レベルの邸宅を建てました。設計者の渡辺節はダイビルや綿業会館で有名ですが個人宅の設計はあまり多くありません。交友関係にあった縁で渡辺節に設計依頼をしたようです。
f0116479_1857953.jpg

中央に張出部分を設け1階左に和室、右に吹き抜けのホールを配した造りとなっています。
中央張り出し部分が建物の印象を強く特徴的付けています。
f0116479_18581990.jpg
f0116479_18585338.jpg
f0116479_18592233.jpg


緑豊かな前庭。季節の木々が目を楽しませます。
f0116479_1913584.jpg
f0116479_1922564.jpg
f0116479_1931387.jpg


正面各部詳細
f0116479_1941198.jpg
f0116479_1943584.jpg
f0116479_1944731.jpg
f0116479_1952383.jpg
f0116479_195445.jpg
f0116479_1973382.jpg

f0116479_19121414.jpg

f0116479_19124995.jpg
f0116479_19131642.jpg

f0116479_19215212.jpg

車寄せから玄関までを結ぶ回廊。建物を見渡せるようにあえて距離を長く取っているそうです。
f0116479_1994389.jpg

f0116479_1982238.jpg

f0116479_1984722.jpg

f0116479_1992362.jpg

f0116479_1911157.jpg

f0116479_19101187.jpg

f0116479_1910443.jpg

来客用玄関に貼られている中東風のタイル飾り。
f0116479_19112448.jpg
f0116479_1911397.jpg

東面には大きな明り取り窓が設けられています。
f0116479_19234567.jpg
f0116479_19243382.jpg
f0116479_19244788.jpg

西面。こちら側にはかって和館が建っていました。
f0116479_1926863.jpg

室内はチーク材を随所に使用した贅沢な造りです。階段手摺のカーブ部分は継合わせではなく1本の原木からの削り出しとの事。
f0116479_1914031.jpg
f0116479_19142055.jpg

f0116479_192067.jpg

室内各所のすばらしい装飾
f0116479_19145481.jpg
f0116479_19153841.jpg
f0116479_19162610.jpg

f0116479_19173194.jpg

f0116479_19165951.jpg

f0116479_19182649.jpg
f0116479_1918488.jpg
f0116479_1919833.jpg
f0116479_19193658.jpg
f0116479_19205236.jpg

f0116479_19202930.jpg

乾新治から乾豊彦へ当主が代わった後も乾家の邸宅として使われてきましたが平成5年、乾豊彦が死去した際に相続対策として国に物納されてしまいました。今後の行方について明確な結論が出ていない何とも気になる状況に置かれています。現在はその存続を図るべく市民団体により保存運動が続けられています。
旧室谷邸のように貴重な建物を取り壊してしまう愚が繰り返されないことを祈るばかりです。
f0116479_19212454.jpg


*神戸東灘区の近代建築巡りはひとまず今回で終了、次回からは灘区を巡ります。

by sunshine-works | 2007-08-18 19:40 | 近代建築 | Trackback(1) | Comments(2)
2007年 08月 08日
旧小寺源吾別邸

神戸東灘区の近代建築その9

東灘区の山の手、旧住吉村や御影町の高級住宅街についてはこれまで紹介してきましたが、阪神電鉄沿いの深江も戦前に開発された住宅地として知られています。この地区は別名を深江文化村と呼ばれ、多くの文化人が居住していました。残念ながら当時建てられた文化村の建物は今では4棟を残すのみとなってしまいました。
この深江地区に隣接した海辺の一角にW.M.ヴォーリズ設計の住宅が現存しています。大日本紡績(旧尼崎紡績、現在のユニチカ)の社長を務めた小寺源吾の別邸だった建物です。
f0116479_15965.jpg


小寺源吾は住吉村に自邸がありました。この深江の家は海辺の別荘・別邸として使用されていたようです。
f0116479_23155998.jpg
f0116479_23171037.jpg

この地にヴォーリズの設計した建物があることは知りませんでした。こちらのブログでこの建物の事を知り訪ねてみました。(ノン様ありがとうございました)
深江文化村の設計にはヴォーリズの弟子、吉村清太郎が係わっていますのでヴォーリズ自身の建築があっても不思議のない場所柄なのですが以外にも文献やWeb上でこの建物の存在は触れられていませんでした。
f0116479_23195248.jpg
f0116479_23203859.jpg
f0116479_23214460.jpg

細部のディティールです。ヴォーリズらしさが随所に見られます。
f0116479_23351551.jpg

f0116479_233619.jpg
f0116479_23364212.jpg
f0116479_23374820.jpg
f0116479_23382636.jpg
f0116479_2339228.jpg

1階正面のテラス。いかにも別荘らしい造りです。
f0116479_012551.jpg

f0116479_2357092.jpg
f0116479_23573179.jpg

この建物に特徴的なのが1階の各窓に取り付けられた美しい飾り格子です。
f0116479_23422522.jpg
f0116479_23443636.jpg
f0116479_234745.jpg
f0116479_23451331.jpg

f0116479_23455518.jpg

f0116479_2343347.jpg

裏側の窓の格子。
f0116479_23503634.jpg

裏側および勝手口
f0116479_045053.jpg
f0116479_052457.jpg


戦後当地に酒造工場が造られた際に敷地ごとこの建物が移管されたようです。現在はこの酒造会社の貴賓館として使われています。
歴史的価値のある建物を会社の迎賓館、来客施設として利用している例は他にもよく見られます。時代に裏付けられた風格と気品を備えた建物はもてなしの場として相応しい使われ方だと思います。
f0116479_06259.jpg


by sunshine-works | 2007-08-08 23:41 | 近代建築 | Trackback(2) | Comments(2)
2007年 08月 04日
旧小寺敬三邸

神戸東灘区の近代建築その8

東灘区住吉本町、旧住吉村時代には観音林と呼ばれていた地区は当時の著名な関西財界人が居を構えた高級住宅街でした。大会社の社長、会長宅が並ぶこの地の一角にW.M.ボーリズが手がけた小寺敬一邸が建っています。
残念ながら小寺敬一邸は現住している私邸で非公開建物なのですが、この小寺敬一邸の南側、斜面に沿って一段下の敷地に建っているのが今回紹介する旧小寺敬三邸です。
f0116479_1325494.jpg

f0116479_13265478.jpg

f0116479_14114619.jpg

小寺敬一氏は岐阜県出身の実業家小寺成蔵氏の息子で関西学院大学の商学部教授を務めた人です。小寺敬三はこの小寺敬一の息子にあたります。
f0116479_13275695.jpg

奥に偶然写っているのが小寺敬一邸です。
f0116479_13283534.jpg


二つの小寺邸をヴォーリズが設計したのは関西学院大学との縁なのでしょうか。ちなみに六甲山に建てた小寺敬一の山荘と東灘区深江にある小寺源吾(小寺成蔵の娘婿)の別邸もヴォーリズの設計です。
*これらについては別途紹介したいと思います
f0116479_13351450.jpg

f0116479_14383636.jpg

f0116479_13355651.jpg

f0116479_13362294.jpg
f0116479_13365937.jpg

小寺敬一邸に比べると小さな建物ですが(小寺敬一邸は非常に大きな建物です)、ヴォーリズ建築の特徴をよく表した建物です。
f0116479_13403267.jpg

f0116479_13491382.jpg

f0116479_14343694.jpg

f0116479_1347346.jpg

f0116479_13581595.jpg

現在は輸入家具のショールームとして使われています。内部を拝見させていただきました。
f0116479_13594359.jpg
f0116479_140244.jpg
f0116479_1403449.jpg
f0116479_141453.jpg

2階の窓から屋根瓦を写しました。
f0116479_142790.jpg


全国に1600棟も建てられたといわれるヴォーリズ建築ですが、この建物のように商業施設として再利用されている例も幾つかあります。特徴的なスパニッシュデザインの建物とスペイン家具の取り合わせはまさにベストマッチング、良い活用方法だと思います。
f0116479_14123014.jpg


by sunshine-works | 2007-08-04 16:31 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 27日
旧高嶋平介邸(甲南漬資料館)

神戸東灘区の近代建築その6

酒造業の中心地である灘は関連産業や2次製品業者も数多く集まっています。御影郷の西端、御影塚町にあるこの建物は酒粕問屋を振り出しに甲南漬(奈良漬)製造で成功を納めた高嶋平介商店の2代目当主邸宅として建てられました。昭和5年築、設計清水栄二。
f0116479_21202955.jpg


御影公会堂とも魚崎町役場とも傾向の異なるデザインです。当時流行しつつあった分離派の様式を取り入れているようです。
f0116479_21233482.jpg

f0116479_21244252.jpg

この建物を特徴付けている玄関上の階段室の窓と蒲鉾屋根。
f0116479_21255312.jpg

玄関の庇も独特です。
f0116479_21271154.jpg
f0116479_21275175.jpg

前庭に面した張り出し部分
f0116479_2134272.jpg

f0116479_212922.jpg
f0116479_21291554.jpg
f0116479_2130229.jpg

建物東側の1階には日本庭園に面して和室が設えてありました。現在は食事処になっています。
f0116479_2131276.jpg
f0116479_21321434.jpg
f0116479_21325945.jpg

f0116479_21344949.jpg

建物の東面
f0116479_21363120.jpg

母屋の西側の別棟
f0116479_21374932.jpg

室内には甲南漬に関する道具や資料が展示されています。
f0116479_2140256.jpg
f0116479_21403762.jpg

f0116479_21414488.jpg

f0116479_21491535.jpg

f0116479_21421343.jpg

f0116479_2156219.jpg

f0116479_21504723.jpg

f0116479_21541530.jpg

階段室の窓の内側はこのようになっています。
f0116479_21425536.jpg
f0116479_21432569.jpg

建物裏側。工場や倉庫のようなイメージです。
f0116479_21585845.jpg

このように住居としての使命を終えた個人宅を資料館として公開している建物は他にも多くの例があります。比較的自由に(入館料が必要な所もありますが)内部の見学が出来て写真撮影も可能なのでマニアとしては非常に有り難いです。
f0116479_21515268.jpg


by sunshine-works | 2007-07-27 22:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 03日
旧山口吉郎兵衛邸(滴翠美術館)
芦屋の近代建築その6

芦屋川を越えて西へ、旧山邑邸と川を挟んだ反対側の山芦屋町も大きな屋敷が並ぶ古くからの邸宅街です。
この一角に陶磁器や日本の美術工芸品を展示する美術館が開かれています。この建物は山口銀行(三和銀行の前身)を創設した山口吉郎兵衛の邸宅を利用したものです。
設計者 安井武雄 昭和8年築。

f0116479_1975692.jpg


建物は2つの棟に分かれています。こちらは美術館として使用されている棟の玄関部分です。
f0116479_18522866.jpg

f0116479_19171549.jpg

f0116479_1964151.jpg

f0116479_19252569.jpg
f0116479_19243845.jpg

玄関扉にはこのようなオブジェ風の装飾が取り付けられています。
f0116479_1928222.jpg


美術館の側面部分です。
f0116479_204276.jpg

f0116479_20152273.jpg


安井武雄はかって大阪倶楽部や野村ビル等独特の様式のビルを手がけましたが、この個人邸も和と洋が渾然とした何とも不思議な雰囲気を持っています。
f0116479_20154669.jpg



東側部分。植栽と塀に囲まれた庭に面しています。
f0116479_19363145.jpg
f0116479_1937452.jpg

f0116479_19394661.jpg
f0116479_19403772.jpg

建物裏手、西側からの景色。
f0116479_19595431.jpg

f0116479_2001513.jpg


北側の棟は現在使用されていないようです。
f0116479_2082350.jpg

f0116479_2051314.jpg

こちらの玄関の柱は円柱です。
f0116479_2062779.jpg

天守のような塔屋
f0116479_20125956.jpg

北側からの眺め
f0116479_2030216.jpg

f0116479_20271799.jpg

f0116479_20275398.jpg


この邸宅の当主であった山口吉郎兵衛氏の個人コレクションを公開するために昭和39年に美術館として改装されました。個人の邸宅を美術館や博物館として転用する例は多く見られます。美しい美術品と優れた建築物を共に鑑賞出来るすばらしいコラボレーションです。
f0116479_19155162.jpg


by sunshine-works | 2007-07-03 21:19 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 06月 29日
旧山邑家住宅(ヨドコウ迎賓館)
芦屋の近代建築その5

阪急線を越えて坂道を上っていくと大きな屋敷が並ぶ芦屋の山の手エリアになります。街並みを見下ろす斜面の頂上に建つこの建物はフランク・ロイド・ライトが日本に残した建築物の中で唯一完全な形で現存する邸宅です。*1974年、重要文化財指定
f0116479_136560.jpg

f0116479_042072.jpg

f0116479_0315940.jpg


清酒「櫻正宗」の酒造元である山邑家の別邸として大正13年に建てられました。
F・Lライトの基本設計を基に弟子の遠藤新、南信が引継いで完成させました。(着工時にはライトはすでに帰国していました)
f0116479_0324191.jpg

f0116479_0331755.jpg


大谷石を主材として全体を複雑な彫刻やレリーフで飾る外観は甲子園ホテル(設計:遠藤新)や帝国ホテルに共通するこの時代のライトに特徴的な様式です。
f0116479_0342673.jpg

f0116479_10368.jpg

f0116479_151331.jpg

f0116479_113663.jpg

f0116479_1233957.jpg


屋上のテラスの様子です。遥か大阪湾を望む街並や六甲の山並みが広がります。
f0116479_1134643.jpg
f0116479_113383.jpg
f0116479_1131954.jpg

f0116479_1173699.jpg

f0116479_1191998.jpg
f0116479_119534.jpg
f0116479_120934.jpg


整然と並ぶ石の門のような物は明かり取窓の飾り枠です。
f0116479_119392.jpg

f0116479_202940.jpg

f0116479_13168.jpg



建物北側及び裏側部分です。
f0116479_1274735.jpg
f0116479_1282554.jpg

f0116479_1261949.jpg
f0116479_1264763.jpg
f0116479_127834.jpg


山邑家がこの邸宅を使用していたのは大正13年の竣工から昭和10年までのわずか10年あまりでした。その後は進駐軍の接収を経て昭和22年に淀川製鋼所の所有となりました。
大規模な修復工事を実施したり、阪神大震災による被害を補修するなど80年以上前の建築物とは思えない良好な状態が保たれています。
優れた建築物を所有者の責務として大切に維持していくこの様な姿勢は大手企業ならではの良識を感じさせます。

f0116479_030566.jpg


by sunshine-works | 2007-06-29 23:43 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 03月 14日
旧新田邸(松山大学温山記念会館)
西宮の近代建築その10

昭和3年築。設計木子七郎。
旧甲子園ホテルの傍の閑静な住宅街にあります。
スパニッシュスタイルを基本としていますが一部に和風の要素も取り入れています。
f0116479_20442052.jpg


庭に面した正面側の景色
f0116479_20471567.jpg

f0116479_20553974.jpg

f0116479_20564623.jpg

f0116479_2058494.jpg


f0116479_2104934.jpg

水牛羊の吐水口
f0116479_2111113.jpg

暖炉の煙突のようです。
f0116479_2115234.jpg


この建物は愛媛県出身で大阪で皮革業やベルト製造業を興した新田長次郎が孫の新田利国の為に建てた邸宅です。設計者の木子七郎は愛媛県庁や各地の日赤関係建物を手掛けた有名な設計者ですが、新田長次郎の娘婿にあたります。新田の出身地である愛媛には木子七郎の設計した建築が数多くあります。

東側部分に和室が配されています。
f0116479_20515776.jpg

f0116479_20523658.jpg

北面の様子。
f0116479_20535443.jpg


玄関のある西面の様子
f0116479_2135551.jpg

f0116479_215859.jpg

玄関周り詳細
f0116479_2144599.jpg


f0116479_21285344.jpg

アーチ窓部分のステンドグラス
f0116479_2110439.jpg



エントランスにはスパニッシュタイルが貼られています。
f0116479_2161931.jpg

f0116479_2163857.jpg

タイルのアップ
f0116479_2172812.jpg


玄関脇の窓は独特のガラス(ビンの底の様な)が使われています。
f0116479_219294.jpg


玄関横にある照明器具
f0116479_2139078.jpg


現在は新田長次郎が設立した松山大学へ寄贈され同大学の関西セミナーハウスとして使われています。(温山とは長次郎の号。出身地の温泉郡山西村に由来)

神戸の旧室谷邸が最近取り壊されましたが、個人邸が維持保存されていくのはかなり難しくなっています。管理コストや相続税を考えると個人レベルでは到底対応できなくなっているようです。この新田邸のように寄贈の形で残されていくのは少数で、多くは惜しまれながら失われているのが現状のようです。

f0116479_22274485.jpg


by sunshine-works | 2007-03-14 22:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 03月 02日
旧辰馬喜十郎邸
西宮の近代建築その7

明治22年築。 白鹿酒造で知られる南辰馬家の邸宅として建てられました。
案内板には南辰馬家当主の辰馬喜十郎が大工の山下某に命じて神戸の英国領事館を模して造らせたと書かれています。

f0116479_19231213.jpg


1,2階に回廊を巡らせたコロニアル風デザインとなっています。
f0116479_19235334.jpg

f0116479_19251098.jpg

f0116479_19241915.jpg

f0116479_19305357.jpg



高名な建築家が手掛けた建物ではなく棟梁が見よう見まねで造った洋館です。日本建築の技術をベースにしたいわゆる擬洋風住宅ですが当時の欧米建築の特色がよく表現されており職人の技術力の高さが伺えます。
f0116479_19292631.jpg

f0116479_1933063.jpg

f0116479_1933279.jpg


残念ながら門の中へは入れません。
f0116479_19341069.jpg



和風の鬼瓦。辰馬家の紋入です。
f0116479_2338945.jpg


窓は両開きの鎧戸付。正面側はアーチ窓、裏面は四角窓となっています。
f0116479_19361726.jpg

f0116479_19363741.jpg


レンガ煙突を備えた付属建物。浴室との事です。
f0116479_23443126.jpg

f0116479_23445214.jpg


裏側
f0116479_1937290.jpg


阪神間には灘の酒造家に関連した近代建築が数多くあります。洋館建の邸宅や酒造工場,酒蔵を残した他、美術館・博物館を建てたり学校を創設するなど地域文化に大きな貢献を果たしました。
f0116479_19372588.jpg


by sunshine-works | 2007-03-02 00:41 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 01月 27日
旧上村盛治邸(日本キリスト教団尼崎教会)
尼崎の近代建築その13
昭和4年築。尼崎市長だった上村盛治氏の邸宅として建てられました。
f0116479_22565338.jpg

f0116479_22371290.jpg

f0116479_22373679.jpg

f0116479_2259383.jpg

尼崎市では珍しいスパニッシュスタイルの建物です。
f0116479_22485539.jpg

f0116479_22404822.jpg

f0116479_22412383.jpg
f0116479_22424189.jpg

f0116479_22571991.jpg


持主が代わり昭和39年からは教会の建物となっています。
f0116479_22444229.jpg

f0116479_231311.jpg

f0116479_22482641.jpg


*2008年解体されました。

by sunshine-works | 2007-01-27 23:19 | 近代建築 | Trackback | Comments(3)