2007年 07月 27日
旧高嶋平介邸(甲南漬資料館)

神戸東灘区の近代建築その6

酒造業の中心地である灘は関連産業や2次製品業者も数多く集まっています。御影郷の西端、御影塚町にあるこの建物は酒粕問屋を振り出しに甲南漬(奈良漬)製造で成功を納めた高嶋平介商店の2代目当主邸宅として建てられました。昭和5年築、設計清水栄二。
f0116479_21202955.jpg


御影公会堂とも魚崎町役場とも傾向の異なるデザインです。当時流行しつつあった分離派の様式を取り入れているようです。
f0116479_21233482.jpg

f0116479_21244252.jpg

この建物を特徴付けている玄関上の階段室の窓と蒲鉾屋根。
f0116479_21255312.jpg

玄関の庇も独特です。
f0116479_21271154.jpg
f0116479_21275175.jpg

前庭に面した張り出し部分
f0116479_2134272.jpg

f0116479_212922.jpg
f0116479_21291554.jpg
f0116479_2130229.jpg

建物東側の1階には日本庭園に面して和室が設えてありました。現在は食事処になっています。
f0116479_2131276.jpg
f0116479_21321434.jpg
f0116479_21325945.jpg

f0116479_21344949.jpg

建物の東面
f0116479_21363120.jpg

母屋の西側の別棟
f0116479_21374932.jpg

室内には甲南漬に関する道具や資料が展示されています。
f0116479_2140256.jpg
f0116479_21403762.jpg

f0116479_21414488.jpg

f0116479_21491535.jpg

f0116479_21421343.jpg

f0116479_2156219.jpg

f0116479_21504723.jpg

f0116479_21541530.jpg

階段室の窓の内側はこのようになっています。
f0116479_21425536.jpg
f0116479_21432569.jpg

建物裏側。工場や倉庫のようなイメージです。
f0116479_21585845.jpg

このように住居としての使命を終えた個人宅を資料館として公開している建物は他にも多くの例があります。比較的自由に(入館料が必要な所もありますが)内部の見学が出来て写真撮影も可能なのでマニアとしては非常に有り難いです。
f0116479_21515268.jpg


# by sunshine-works | 2007-07-27 22:12 | 近代建築 | Trackback | Comments(2)
2007年 07月 23日
旧魚崎町役場

神戸東灘区の近代建築その5

現在の東灘区にあたる一帯は神戸市に編入される昭和25年までは幾つかの町や村に分かれていました。
区の中央に位置する魚崎もかっては魚崎町として独立した自治体でした。この建物は魚崎町役場として昭和12年に建てられたものです。設計:清水栄二設計事務所
f0116479_2255593.jpg

清水栄二の代表作である御影公会堂から4年後の作品ですが印象はかなり異なります。役場と公会堂という用途の違いからなのでしょうか。
f0116479_22554784.jpg

f0116479_2354216.jpg

f0116479_22525772.jpg

町役場として建てられたこの建物ですが、神戸市と合併後は診療所や文化センターを経て現在は区民センター分館として使用されています。
f0116479_2302452.jpg

装飾のほとんどは正面に集中しています。
f0116479_22575241.jpg

玄関ホールの庇
f0116479_22571727.jpg

ビスケットやウエハースを連想させる正面ファサードの飾り
f0116479_22581417.jpg

正面入口の飾り縁
f0116479_22582661.jpg

側面および裏面です。軒蛇腹以外は飾り気がほとんどありません。
f0116479_2332881.jpg
f0116479_234787.jpg

f0116479_235139.jpg

側面の入口
f0116479_23284991.jpg


御影公会堂もそうなのですが、この建物も水害、戦災、震災と3つの大きな災害を乗り越えて来ました。早くから耐震構造に着目していた清水栄二の設計した建物は同時代の建物の中でも頑丈な造りであった様です。(次回紹介する高嶋平介邸も阪神淡路大震災に際して周辺の建物郡が倒壊する中無傷で残りました)

***************************************
道を挟んで向かい側には同じく清水栄二が設計した魚崎小学校が建っていました。現在の魚崎小学校は元のイメージのまま2001年に建替えられたものです。清水栄二は神戸市内に数多くの学校を建てました。この魚崎小学校は市内で最後まで残っていた清水栄二設計の小学校でした。
f0116479_2312464.jpg

f0116479_23184167.jpg

中央の円筒形の階段室が印象的です。
f0116479_2313124.jpg


# by sunshine-works | 2007-07-23 22:42 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 19日
御影公会堂

神戸東灘区の近代建築その4

国道2号線と石屋川の交わる辺りに一際目立つスクラッチタイル貼りの公会堂が建っています。この御影公会堂の建設にも白鶴酒造の嘉納家が深く係わっていました。
f0116479_2053150.jpg

昭和8年築。設計 清水栄二
f0116479_20554344.jpg

白嘉納家7代当主 嘉納治兵衛はこれまで紹介した様に灘中学校の創設や白鶴設美術館の建立に巨費を投じたのですが、更にもうひとつ、この御影公会堂の主要な資金提供者でもありました。建設費は当時の金額で24万円、その8割を嘉納家が拠出しており、実質的にはこの公会堂は嘉納家が作ったものと言えます。
f0116479_2056304.jpg


丸窓、アーチ窓、アールをつけたコーナーの処理、全体に貼られたスクラッチタイル、水平を強調する庇等この時代の建築スタイルを満載した建物です。
f0116479_2163177.jpg
f0116479_2164877.jpg
f0116479_2172569.jpg

f0116479_216385.jpg

f0116479_218668.jpg

この建物は面によってだいぶ表情が異なります。こちらは正面エントランス側です。
f0116479_21152425.jpg

f0116479_21553522.jpg

エントランスホールの詳細
f0116479_2118206.jpg

正面側の1階と地下は西端がガラス張りの部屋となっています。
(地階はオムライスが有名な食堂です。)
f0116479_21322839.jpg
f0116479_21331724.jpg
f0116479_21335515.jpg


こちらは西面
f0116479_20574564.jpg

北西角~北面にかけて
f0116479_2121293.jpg
f0116479_21232043.jpg

f0116479_19142834.jpg

東面
f0116479_21254568.jpg
f0116479_21261376.jpg
f0116479_21273666.jpg

太い円柱が並ぶ館内通路
f0116479_21403059.jpg
f0116479_21411529.jpg
f0116479_21413456.jpg
f0116479_21414745.jpg

f0116479_2145339.jpg

f0116479_2146443.jpg

最上階天井の明り取り窓
f0116479_21432563.jpg
f0116479_21441680.jpg

ホールの入口扉
f0116479_21455546.jpg

大きな丸窓の正体はトイレ窓でした。
f0116479_21482373.jpg
f0116479_21484354.jpg

それにしても灘中学の設立、白鶴美術館、そしてこの御影公会堂と10年足らずの間にたて続けにこれらの事業を成し遂げた嘉納家の資産力には驚くばかりです。
f0116479_21502322.jpg


設計者の清水栄二は灘の出身で神戸市営繕課を率いていました。同時期に兵庫県の営繕課長であった置塩章と競うように神戸中心に多くの建築を手がけました。東灘区には清水栄二の設計となる建築が他にも現存しています。この清水栄二の作品については次回とその次の回に紹介したいと思います。

# by sunshine-works | 2007-07-19 22:16 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
2007年 07月 14日
白鶴美術館

神戸東灘区の近代建築その3

灘中学を設立した二つの嘉納家のもう一方、清酒白鶴の醸造元である白嘉納家は本嘉納家の分家として創業した灘五郷の中でも長い歴史を持つ蔵元です。
明治以降は積極的な海外戦略や新商品開発を行い、灘を代表する銘柄に成長していきます。この頃の当主である7代目嘉納治兵衛は東洋美術の愛好家としても知られ、数々の貴重な美術工芸品を収集していました。この建物はこれらの美術コレクションの収蔵館として建てられたものです。
昭和6年竣工、設計は竹中工務店の鷲尾九郎です。
f0116479_1648272.jpg

創建時に建てられた事務棟と本館(美術館)の2棟が主要な建物です。同時に建てられた土蔵は阪神淡路大震災で失われてしまいました。

最初に見えてくるのが事務棟です。この入口から入館します。
f0116479_1664271.jpg

f0116479_16414146.jpg

f0116479_16492910.jpg
f0116479_16495894.jpg
f0116479_16501165.jpg


事務棟を抜けると中庭を挟んで美術館が大迫力で迫ってきます。
f0116479_16552275.jpg

f0116479_16562676.jpg

和洋折衷様式に分類されるのでしょうが、西洋技法で作った寺院建築と言ったイメージです。
RC造二階建、天井を高く取った大きな建物です。
f0116479_1657333.jpg

敷地手前側の事務棟と奥の美術館は回廊で結ばれています。
f0116479_1705525.jpg

美術館側から見た事務棟 右手が回廊です。
f0116479_172166.jpg

美術館の1階部分です。
f0116479_175980.jpg
f0116479_1753441.jpg

f0116479_1762430.jpg

重厚な鉄扉
f0116479_1755547.jpg

f0116479_1774958.jpg
f0116479_1781051.jpg

2階のテラスに出て見ます。美しい中庭の景色と神戸の街並みが望めます。
f0116479_1711815.jpg
f0116479_17113623.jpg
f0116479_1712967.jpg
f0116479_17123449.jpg

展示品は撮影禁止ですが室内は写真OKとの事です。2階の展示室の様子。
f0116479_17143692.jpg

天井には白鶴の紋が描かれています。
f0116479_17154389.jpg

こちらは1階展示室 
f0116479_17163133.jpg

階段脇の附室にこんな灯具がありました。
f0116479_17193347.jpg


こちらは事務棟の内部
f0116479_17214981.jpg
f0116479_1723287.jpg
f0116479_17231774.jpg

f0116479_17241092.jpg


これだけの建物が(収蔵されている美術品も含めて)一個人のコレクションの為に建てられたという事実は現在の目からすると驚くべきことです。当時の事業家の資産力は今日の経営者レベルとは比較にならない一桁も二桁も違う物のようです。
彼らの多くは(動機はともかく)社会奉仕として文化事業、公益事業に多大の寄付や貢献を行い地域文化を育んでいきました。
f0116479_17271321.jpg


# by sunshine-works | 2007-07-14 17:44 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)