<   2019年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2019年 05月 26日
西条蔵元の煉瓦煙突
広島県東広島市の近代建築その5

清酒蔵元が集まる山陽本線西条駅南の一角は白壁土蔵造りの蔵が並ぶ風情ある町並みを形成していますが、この通りの景色を特徴付ける要素のもう一つが各蔵元毎に聳え立つ煉瓦煙突です。
明治期から大正期に相次いで建てられたこれらの煙突は西条清酒の発展を支えたモニュメントとして大切に残されています。
f0116479_01263995.jpg


西条の酒蔵通りには現在12本の煉瓦製の煙突が残されています。
四角断面に組んだイギリス積み煉瓦煙突の高さは凡そ15メートル~20メートル超、煉瓦の殆どが近隣の安芸津で焼かれたものと言われています。
f0116479_01351978.jpg

賀茂鶴酒造の煙突。広大な敷地には蔵毎に煙突が建てられています。
f0116479_01401022.jpg
f0116479_01381352.jpg
f0116479_01371584.jpg
f0116479_01374294.jpg
f0116479_01391487.jpg
f0116479_01412203.jpg
f0116479_01384208.jpg
f0116479_01420770.jpg

煙突の形は上部がやや窄まった四角柱で頂部に蛇腹を設けます。多くの煙突はこの賀茂鶴酒造の煙突に見られるように四隅を鉄枠で補強しています。
f0116479_01422700.jpg
f0116479_01424099.jpg
f0116479_01431074.jpg
f0116479_01433570.jpg
f0116479_01441773.jpg


亀齢酒造には西条の煙突群の中で唯一の丸煙突が残っています。
f0116479_01461399.jpg


西条に現存する煉瓦煙突で最も高い福美人三号蔵煙突の高さは27メートル。
f0116479_01443522.jpg
f0116479_01445093.jpg

西条の煉瓦煙突は精米を蒸す蒸気を得るための石炭ボイラーの排煙用に立てられたものです。
これらは石炭から他の燃料に移行する昭和後期になるとその役目を終えますが取り壊される事なく残され、自社の銘柄を掲げた看板塔として利用されています。
f0116479_01450694.jpg
f0116479_01452880.jpg
f0116479_01455097.jpg
f0116479_01463065.jpg
f0116479_01465432.jpg
f0116479_01471392.jpg
f0116479_01480281.jpg
f0116479_01473618.jpg
f0116479_01525829.jpg
f0116479_01531049.jpg
f0116479_01532812.jpg
f0116479_01535045.jpg

西条の煉瓦煙突の中で唯一現用で使われている西條鶴酒造の煙突。
f0116479_01540966.jpg





















by sunshine-works | 2019-05-26 11:31 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 19日
西条酒蔵通りの近代建築
広島県東広島市の近代建築その4

前回は昭和初期に建てられた旧醸造支場の建物を紹介しましたが、西条の酒蔵通りにはこれ以外にも明治~昭和初期に建てられた近代建築が数多く残されています。今回は各蔵元に現存するこれら建物、施設を紹介します。
f0116479_13263258.jpg

西条清酒の最大手となる賀茂鶴酒造。土蔵造り漆喰壁、腰周りに海鼠壁を廻らした大きな酒蔵が複数並びます。これらは明治期から大正期に建てられました。
f0116479_14103167.jpg
f0116479_14105112.jpg
f0116479_14111180.jpg
f0116479_14114047.jpg
f0116479_15343854.jpg

西条の酒蔵はこの賀茂鶴酒造以外の蔵元の多くに白漆喰、海鼠壁の仕様が使われており、町全体の景観が統一されています。
こちらは白牡丹酒造の酒蔵。明治期の建物と思われます。
f0116479_15224353.jpg

こちらは福美人酒造の蔵。大正期の築。
f0116479_16132356.jpg


亀齢酒造の蔵。
f0116479_16100037.jpg
f0116479_15480014.jpg

漆喰海鼠壁以外にも板張りが施された蔵もあります。手前の木造建物は亀齢酒造の従業員寮として建てられたものです。
f0116479_15433587.jpg
f0116479_15435803.jpg

幾つかの酒造会社には当時事務所として建てられた木造洋館が現存します。
こちらは賀茂鶴酒造の旧事務所建物。
f0116479_16172818.jpg
f0116479_16500907.jpg
f0116479_16510446.jpg


 木造2階建て下見板貼り。中央に三角破風の短い庇を張り出します。築年は昭和初期と思われます。
f0116479_16560499.jpg
f0116479_16564143.jpg
f0116479_17012133.jpg

隣に建つ小さな建物は研究室として建てられたものです。
f0116479_16520411.jpg

福美人酒造の入口脇に建つこの建物もかつての事務所です。築年:大正期。
f0116479_17044240.jpg
f0116479_17054499.jpg


亀齢酒造の入口脇にも木造洋館が残されています。大正期に建てられたこの建物は応接室として使われていました。
f0116479_17110829.jpg







by sunshine-works | 2019-05-19 10:57 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 05月 12日
旧広島県立醸造支場(酒泉館)
広島県東広島市の近代建築その3

安芸西条は古くから酒造りが盛んで、兵庫県灘、京都市伏見に次ぐ日本三番目の酒造地帯として知られます。
蔵元の多くは山陽本線西条駅南側の一角に集まり、石畳の街路に沿ってなまこ壁と漆喰の酒蔵や煉瓦煙突が並ぶ酒造りの町としての風情を醸しています。
この通りの中程、賀茂泉酒造の隣に古い木造洋館が残されています。
現在はカフェや土産物店として使われているこの建物は昭和3年に広島県の醸造試験場として建てられました。
f0116479_12263941.jpg

切妻屋根にドーマーを乗せた木造2階建て下見板貼り。玄関両脇の付柱を屋根まで通し正面中央に破風を立上げたモダンな洋風建築。
広島県の醸造技術向上を目的とする研究施設の本館として建てられたもので、1階を研究室、2階を事務主に充てていました。
f0116479_12283686.jpg
f0116479_12294738.jpg
f0116479_12285532.jpg
f0116479_12301869.jpg
f0116479_12314949.jpg
f0116479_12303469.jpg
f0116479_12322127.jpg
f0116479_12305679.jpg
f0116479_12343817.jpg
f0116479_14314717.jpg

こちらは建物側面です。
f0116479_12555500.jpg
f0116479_12485921.jpg

元実験室として使われていた館内。
f0116479_12375391.jpg

廊下を通って建物裏側へ抜けます。
f0116479_12390860.jpg
f0116479_12421694.jpg
f0116479_14303342.jpg

本館の裏手には精米施設が置かれていた部屋が繋がります。
f0116479_12410440.jpg

裏側の様子。左が精米所、右に鉄筋コンクリートの酒造所が並びます。
f0116479_12463515.jpg









by sunshine-works | 2019-05-12 12:28 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(2)
2019年 05月 05日
三永水源池堰堤
広島県東広島市の近代建築その2

東広島市の中心街から南へ程なく、住宅街のはずれに豊かに水を蓄えた人造湖が広がります。
この湖は昭和18年に呉市の水道ダムとして設置されました。
f0116479_11440138.jpg

市街地に山が迫る港湾都市の多くは水量に恵まれた河川が乏しく、安定した水源の確保が課題でした。
呉市も状況は同様で、当初は二河川に設置した水道ダム(軍用水道として竣工、その後一般にも供用)で対応しましたが、給水量は限界に近く、急増する人口に対して新たな水源が求められる事となります。
このような経緯から建設されたのがこの三永水源施設で、戦時の厳しい状況にも係わらず起工後僅か4年で竣工しています。
f0116479_11493099.jpg
f0116479_11443568.jpg
f0116479_11461741.jpg


重力式コンクリートの堰堤は堤長145メートル、堤高14メートル。最大貯水量は264万㎥で既存の本庄水源地の190万㎥を上回る大規模なものとなりました。
f0116479_11471098.jpg
f0116479_11474034.jpg
f0116479_11480214.jpg

広い通路が対岸まで繋がる堰堤上部。湖面側の欄干にはアーチを模った装飾が施されています。
f0116479_11502018.jpg
f0116479_11512154.jpg


ダム湖側から眺めた堰堤。中央に取水設備を張り出します。
f0116479_11525680.jpg



by sunshine-works | 2019-05-05 11:55 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)