<   2018年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2018年 07月 15日
千野々橋
愛媛県西条市の近代建築その3

西条市の南部、石鎚山へ向かう県道の傍らに赤く塗られたトラス橋が渡ります。
この千野々橋は大正14年に架けられました。
f0116479_14155687.jpg

石鎚山から発し瀬戸内海に注ぐ加茂川に架かる橋長34mの曲弦プラットトラス。愛媛県に現存するトラス橋の中で昭和以前に架けられたものは少なく、この千野々橋の他は別子銅山に現存する2橋があるのみ。道路橋としてはおそらく県内最古のものと思われます。
f0116479_14193450.jpg
f0116479_14204327.jpg
f0116479_14263420.jpg
f0116479_14220987.jpg
f0116479_14245969.jpg

河原に降りて側面を見上げます。
川面から高い位置に架けられたこの橋は30mを超える川幅を一跨ぎする為に大きなトラス桁が用いられました。
f0116479_14280022.jpg
f0116479_14283095.jpg
f0116479_14272438.jpg

橋の東詰から西詰へ渡っていきます。
f0116479_14300395.jpg
f0116479_14305715.jpg
f0116479_14312823.jpg
f0116479_14322096.jpg
f0116479_14324137.jpg

西詰からの眺め。

f0116479_14325537.jpg
f0116479_14331630.jpg


by sunshine-works | 2018-07-15 11:50 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 08日
小松橋
愛媛県西条市の近代建築その2

予讃線伊予小松駅の南方、旧金比羅街道沿いの小さな集落に大正期に架けられたコンクリート橋が現役で使われています。
この美しい橋は大正15年に架けられました。
f0116479_15522933.jpg

石鎚山系を発し瀬戸内海へ注ぐ中山川の支流小松川を渡る3連の鉄筋コンクリート造のガーダー橋。橋長29メートル幅5メートルの小さな橋です。
f0116479_16211687.jpg
f0116479_16234529.jpg
f0116479_16221175.jpg

四方のすべてに現存する親柱。灯具は近年に復元されたものです。
f0116479_16223917.jpg
f0116479_16230789.jpg
f0116479_16240376.jpg
f0116479_16242361.jpg
f0116479_16254100.jpg
f0116479_16263331.jpg
f0116479_16320905.jpg

クラッシックな意匠は一見石造橋とも思えますが、この欄干を含め、上部構、下部構共にすべて鉄筋コンクリート製。大正末期の築となるこの橋は鉄筋コンクリート橋が地方に普及していく初期のもので、石橋の意匠がそのままコンクリート橋に置き換えられています。
f0116479_16222840.jpg
f0116479_16255962.jpg

河原から見上げた側面。桁の側面をアーチ状に仕上げ、中央には要石を模したモールドを飾ります。
f0116479_16274197.jpg
f0116479_16280335.jpg
f0116479_16285574.jpg
f0116479_16291854.jpg
f0116479_16295259.jpg
f0116479_16314033.jpg


東詰の親柱。
f0116479_16315370.jpg
f0116479_16325823.jpg
f0116479_16331163.jpg



by sunshine-works | 2018-07-08 12:44 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 01日
クラレ西条工場の建物
愛媛県西条市の近代建築その1

西条市の臨海部にクラレ西条工場の広大な敷地が広がります。
昭和11年に前身の倉敷絹織西条工場として操業を開始したこのクラレ西条工場には竣工当時から残る建物施設が数多く現存しています。
f0116479_13573241.jpg

敷地内に残る竣工当時の建物で最も規模が大きい講堂。木造2階建て、1階外壁は下見板貼り、2階部分はモルタル仕上げ。側面には避難用の滑り台が付けられています。
f0116479_13585966.jpg
f0116479_14000270.jpg
f0116479_18554546.jpg
f0116479_18564608.jpg
f0116479_18581576.jpg

芝生が植えられた敷地内には木造平屋の建物や渡り廊下が幾つも残されています。合間に建つ煉瓦壁は解体した工場建物の煉瓦を再利用したものです。
f0116479_19041038.jpg
f0116479_19051025.jpg
f0116479_19063702.jpg
f0116479_19060787.jpg
f0116479_19072916.jpg
f0116479_19081691.jpg
f0116479_19090127.jpg
f0116479_19093267.jpg
f0116479_19103162.jpg
f0116479_19110419.jpg
f0116479_21113024.jpg
f0116479_19112711.jpg
f0116479_19122243.jpg
f0116479_19130512.jpg
f0116479_19133631.jpg
f0116479_21180504.jpg
f0116479_21183126.jpg

講堂の向かいに建つ社員食堂。
f0116479_21154962.jpg
f0116479_21162204.jpg
f0116479_19180887.jpg
f0116479_19172173.jpg
f0116479_19195006.jpg
f0116479_19205512.jpg
食堂内部。白いパネルの折上げ天井と軒高く採られた採光窓がモダンで開放的な雰囲気を醸します。
f0116479_21204781.jpg
f0116479_21214826.jpg
f0116479_21240567.jpg
f0116479_21242528.jpg
f0116479_21232398.jpg
f0116479_21213895.jpg
f0116479_21221795.jpg
f0116479_21244639.jpg


by sunshine-works | 2018-07-01 12:30 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)