<   2018年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 03月 25日
広島県備後の近代建築補遺2
広島県備後の近代建築補遺

前回に続いて広島県備後の未掲載物件の紹介、今回は尾道市北部とその北側の世羅町の近代建築です。
f0116479_11415069.jpg

旧美ノ郷村役場として大正末期に建てられた建物。現在は公民館として使われています。
木造下見板貼の建物とモルタル壁の建物がシンメトリーに並んでいますが、左側は後年に増築されたものです。
f0116479_12103259.jpg
f0116479_12111925.jpg
f0116479_12130033.jpg
f0116479_12120486.jpg
f0116479_12123301.jpg


旧街道の宿場として栄えた市村に残る旧郵便局。元々の建物に昭和初期に洋館部分を増築しています。
f0116479_12191379.jpg
f0116479_14410689.jpg
f0116479_12195070.jpg
f0116479_12200571.jpg
f0116479_12201709.jpg

旧市村郵便局の並びに建つ木造平屋の洋館。村井医院として大正7年に建てられました。
f0116479_12230550.jpg
f0116479_12274207.jpg
f0116479_12280651.jpg
f0116479_12282288.jpg
f0116479_12283941.jpg
f0116479_12285723.jpg

府中市へ繋がる山道に残る旧郵便局。原田郵便局として昭和6年に建てられました。
f0116479_12345874.jpg
f0116479_12353131.jpg
f0116479_14443335.jpg
f0116479_12363523.jpg
f0116479_12370539.jpg
f0116479_12354477.jpg


世羅町の古い集落に残る旧郵便局。
f0116479_14554718.jpg
f0116479_14560203.jpg
f0116479_14561700.jpg
f0116479_14563130.jpg
f0116479_14564379.jpg
f0116479_14565373.jpg
f0116479_14572545.jpg

世羅町の旧道に架かる明治期の石造アーチ橋。眼鏡橋と呼ばれるこの道路橋は明治41年に竣工しています。
f0116479_14194032.jpg
f0116479_14205680.jpg
f0116479_14214051.jpg

反対側からの眺め
f0116479_14230542.jpg
f0116479_14240571.jpg
f0116479_14253529.jpg

尾道インター近くの山あいに残る旧鉄道トンネル。大正末期に開業した旧尾道軽便鉄道の唯一の遺構です。
f0116479_12384971.jpg
f0116479_12310967.jpg
f0116479_12315992.jpg
f0116479_12312157.jpg
f0116479_12322803.jpg
f0116479_12331224.jpg
f0116479_12332855.jpg



by sunshine-works | 2018-03-25 12:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 18日
広島県備後の近代建築補遺1
広島県備後の近代建築補遺

ここまで瀬戸内の因島から島根県境の三次市に至る備後地区の近代建築を巡ってきましたが、未掲載の物件が幾つか残りました。
今回と次回に分けてこれらを紹介して行きます。
f0116479_16221042.jpg

古い町並みが残る福山市鞆の浦の建物。昭和初期に建てられた履物を扱う商家です。
f0116479_16242725.jpg
f0116479_16243696.jpg
f0116479_16245123.jpg

こちらも鞆の浦。
f0116479_16253216.jpg
f0116479_16254667.jpg
f0116479_16260580.jpg
f0116479_16261794.jpg

同じく鞆の浦の建物。
f0116479_16265738.jpg
f0116479_16270880.jpg


福山市松永にある運送会社の建物。
f0116479_16485065.jpg
f0116479_17101784.jpg
f0116479_16501579.jpg


三原駅の近くの建物。昭和初期の築。
f0116479_16392409.jpg
f0116479_16393513.jpg

府中市の中心街にも古い商店建築が残っています。
f0116479_16410102.jpg
f0116479_16421389.jpg
f0116479_16424844.jpg
同じく府中市中心街。
f0116479_16435861.jpg
f0116479_16440932.jpg

庄原市の街道沿いに建つ建物。銀行を思わせる意匠。あるいはかつて銀行だったのでしょうか。
f0116479_16463064.jpg
f0116479_16464869.jpg
f0116479_16470378.jpg
f0116479_16471432.jpg

庄原市東城の商店街にも幾つかの近代建築が残っています。
f0116479_16542302.jpg
f0116479_16543981.jpg


現役で使われている写真館。
f0116479_16545055.jpg
f0116479_16550124.jpg
f0116479_16555339.jpg
f0116479_16560532.jpg

こちらも東城の商業建築。これも銀行建築風の趣があります。
f0116479_16572642.jpg

化粧タイルを貼った看板建築。
f0116479_16573983.jpg
f0116479_16575112.jpg
三次市吉舎の建物。
f0116479_17154219.jpg
f0116479_17021696.jpg
f0116479_17023506.jpg
f0116479_17141863.jpg
f0116479_17143858.jpg

三次市中心部、旧三好銀行本店の並びに建つ建物。
f0116479_17431966.jpg
f0116479_17433085.jpg
f0116479_17434177.jpg


by sunshine-works | 2018-03-18 20:16 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 11日
旧ファーナム邸(白滝山荘)
広島県尾道市の近代建築その15

因島の中央部、白滝山の中程に昭和初期に建てられた洋風住宅が残されています。
現在はペンションとして使われているこの建物は昭和6年にアメリカ人宣教師ファーナム氏の住居として建てられました。
この建物は大正期から昭和期に掛けて日本各地で多くの近代建築を手掛けたW.M.ヴォーリズの作品の一つで、広島県内では唯一の現存例となります。
f0116479_01334069.jpg

険しい斜面に建つ木造三階建て、1階部分のみ鉄筋コンクリート造。木枠を表面に見せるハーフティンバー、2箇所に設けた張り出し窓、大きな勾配の三角屋根、城郭風の塔屋等、ヴォーリズの作風が随所に盛り込まれています。
f0116479_01353477.jpg
f0116479_01361635.jpg
f0116479_15441774.jpg
f0116479_15461613.jpg
f0116479_15453010.jpg

2階に設けられた玄関。小さなアーチで飾られています。
f0116479_15481689.jpg
f0116479_15500608.jpg
f0116479_15491738.jpg
f0116479_15494484.jpg

正面側の眺め。
f0116479_15585402.jpg
f0116479_15511055.jpg
f0116479_15512705.jpg
f0116479_15514503.jpg

戦後しばらく造船会社のゲストハウスとして使われた後にペンションとして利用されています。
内部を見学させていただきました。
f0116479_15525238.jpg
f0116479_15534460.jpg
f0116479_15540570.jpg
f0116479_15545208.jpg
f0116479_15542265.jpg
f0116479_15554930.jpg
f0116479_15552221.jpg

2階の客室へ上がる階段。
f0116479_15563179.jpg
f0116479_15565958.jpg
f0116479_15571773.jpg
f0116479_15574784.jpg
f0116479_15581510.jpg


by sunshine-works | 2018-03-11 11:12 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 04日
旧大浜埼船舶通行潮流観測所・大浜崎灯台
広島県尾道市の近代建築その14

尾道市から愛媛県今治市の間に連なる芸予諸島の一つ因島の北端、対岸の向島を望む岬に明治期に建てられた航路施設が残されています。この建物は大浜埼船舶通行潮流観測所として明治43年に建てられました。
f0116479_14342016.jpg
海峡の潮流や他船の状況を知らせる観測・信号施設として日本で2番目に設置されました。
木造平屋切妻造の建物上部に塔屋を3基乗せた造り、塔屋に設けた信号板で海域の情報を表示する仕組みとなっており、夜間は塔屋内に点した灯火で知らせていました。
明治43年から昭和29年まで使われた後暫らくは閉鎖されたままでしたが、昭和61年より灯台資料館として公開されています。
f0116479_11202759.jpg
f0116479_14562869.jpg
f0116479_14571346.jpg
f0116479_14535335.jpg
f0116479_14545316.jpg
f0116479_14554395.jpg

塔屋に取り付けられた可動式の羽目板。このボードに掲示した3種の記号の組み合わせで情報を伝えていました。
f0116479_14585494.jpg
f0116479_14595566.jpg


この建物の傍らには同じく因島に設置されていた長太夫灯標で使用されていた明治27年製の旧灯ろうが移設保存されています。
f0116479_11413292.jpg
f0116479_11415598.jpg
f0116479_11424339.jpg
f0116479_11421638.jpg

建物裏手から因島大橋を望みます。
f0116479_11455032.jpg

観測所を見下ろす一角には船舶との連絡や海象の伝達を行った腕木式信号機が残されています。
f0116479_11500323.jpg
f0116479_11493242.jpg

観測所から石段を下った先には明治27年に建てられた大浜埼灯台が設置されています。
f0116479_11541164.jpg

この大浜埼灯台は明治中期に三原瀬戸航路に設置された9基の灯台・灯標の一つで、高さ9メートルの石造り。
潮流観測所が運用されていた期間は休止していましたが昭和29年の潮流観測所閉鎖後に再稼動し現在も現役で使われています。
f0116479_11562318.jpg
f0116479_11565695.jpg
f0116479_11564439.jpg
f0116479_11574959.jpg
f0116479_11582209.jpg
f0116479_11590281.jpg
f0116479_11593592.jpg
f0116479_11595724.jpg





by sunshine-works | 2018-03-04 14:04 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)