<   2018年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

2018年 02月 25日
中国電力山波変電所
広島県尾道市の近代建築その13

尾道市中心部から東へ、山陽本線と並行する国道に面した一角に古い煉瓦建物が残されています。現在中国電力の変電所となっているこの建物は中国電力の前身の一つ、広島電気が尾道火力発電所として大正12年に設置した際のものです。
f0116479_15331094.jpg
煉瓦造2階一部平屋建,壁面はイギリス積み煉瓦、鉄骨の小屋組に鉄板葺きの切妻屋根を乗せます。
現在は道路沿いのこの建物のみ現存していますが、かつては広大な敷地に煉瓦造の発電主屋と2本の大煙突、その他諸施設が建てられていたようです。こちらのサイトの写真 や外塀に貼られた案内看板を見ると現存するこの建物は付属建物の一つと思われます。
f0116479_11552001.jpg
f0116479_11580883.jpg
f0116479_11561186.jpg
f0116479_13392979.jpg
f0116479_13374844.jpg
f0116479_12000736.jpg

建物側面。窓がサッシに替えられている以外はほぼ当時の姿。軒下の丸く抜かれた跡はケーブルを通した穴と思われます。
f0116479_12004135.jpg
f0116479_12010250.jpg
f0116479_12012411.jpg
f0116479_12025607.jpg






by sunshine-works | 2018-02-25 20:57 | 近代建築 広島県 | Comments(0)
2018年 02月 18日
尾道市街地の近代建築2
広島県尾道市の近代建築その12

前回に続いて尾道市街地に残るその他近代建築の紹介、今回は中心地区からやや離れた外周部を中心に。
f0116479_11012347.jpg

尾道駅から西へ進んだ一角に建つ海運会社の社屋。この周辺は港湾関係の施設が数多く建てられました。
この加藤海運尾道支店は昭和10年頃の築。因みに以前には同社の旧兵庫支店を紹介しました。
f0116479_11071646.jpg
f0116479_11080135.jpg
f0116479_11083980.jpg
f0116479_11091116.jpg


この建物に隣接して煉瓦倉庫が建っています。現在はレストランとして使われているこの建物は同社の穀物倉庫として昭和25年に建てられました。
f0116479_11120047.jpg
f0116479_11124557.jpg
f0116479_11130060.jpg
f0116479_11132438.jpg
f0116479_11161567.jpg

近くに建つこの建物も元は海運関係の倉庫と思われます。
f0116479_11165705.jpg

駅前へ戻って山陽本線の北側へ。踏み切りの傍に建つ元店舗建物。
f0116479_11191277.jpg
f0116479_11201858.jpg
f0116479_11203614.jpg
f0116479_11211555.jpg
f0116479_11212929.jpg

線路の北側の急斜面に立ち並ぶ家々の一角に建つモダンな洋館。旧鳥居邸は昭和6年の築。現在は宿泊施設となっています。
f0116479_11303436.jpg
f0116479_11312741.jpg
f0116479_11321006.jpg

f0116479_11334333.jpg
f0116479_11341359.jpg
f0116479_11342535.jpg

尾道市街地を南北に仕切る山陽本線は尾道駅の東側約2キロを築堤で進みます。
この箇所には明治24年の福山~尾道開通時に設置された煉瓦拱渠が複数現存しています。
f0116479_11391466.jpg
f0116479_11400377.jpg
f0116479_11403571.jpg
f0116479_11414154.jpg
f0116479_11410521.jpg
f0116479_11423972.jpg
f0116479_11431402.jpg
f0116479_11433994.jpg
f0116479_11451453.jpg
f0116479_11455616.jpg
f0116479_11462531.jpg
f0116479_11464700.jpg
f0116479_11484561.jpg
f0116479_11485974.jpg
f0116479_11491491.jpg

かつて金融街として栄えた銀行浜の一角、旧住友銀行尾道支店の並びに建つ店舗。詳細不明ですが銀行建築の雰囲気が残る建物です。
f0116479_12043446.jpg
f0116479_12051456.jpg

この建物の隣に建つ商家の煉瓦壁。
f0116479_12090677.jpg



by sunshine-works | 2018-02-18 20:52 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 11日
尾道市街地の近代建築1
広島県尾道市の近代建築その11

ここまで数回に亘って尾道市中心部に残る代表的な近代建築を紹介してきましたが、尾道駅前から東に細長く連なる商業地区周辺にはそれ以外にも大小様々な近代建築が現存しています。
今回と次回でこれらを紹介して行きます。
f0116479_22020824.jpg

尾道駅前の通りに面して建つ商業ビル。現在は1階に地元尾道の惣菜店が入居しています。
角地にアールを描く鉄筋コンクリート3階建て。築年は不詳ですが、昭和初期の築と思われます。
f0116479_22263833.jpg
f0116479_22275845.jpg
f0116479_22282606.jpg
f0116479_22293146.jpg
f0116479_22295626.jpg

江戸期から商業と海運を中心に栄えた尾道は明治期には備後の中心として更なる発展を遂げ、市街地には官民の様々な近代建築が建てられます。
尾道の市街地は大きな空襲被害を受けず戦渦を免れますが、戦後の備後地区の商工業の中心が隣の福山に移った事や狭い街路が入り組む複雑な地合い故に再開発は緩やかで、古い町並みと共に多くの近代建築が良好な状態で残される事となります。
f0116479_22272597.jpg

通りを挟んで建つこの建物もおそらく昭和初期の築と思われます。
f0116479_01480344.jpg
f0116479_01493054.jpg

駅前から東へ延びる海岸通り沿いの建物を幾つか。
f0116479_02183056.jpg
f0116479_02190253.jpg
f0116479_02212506.jpg
f0116479_02225040.jpg
f0116479_02231611.jpg


現在飲食店となっているこの建物は元海産物問屋のビルとして建てられました。
f0116479_02234093.jpg
f0116479_02235944.jpg
f0116479_02243949.jpg

海岸通りから中心街へ繋がる通り沿いにも幾つかの古い建物が現存します。
f0116479_11334379.jpg
f0116479_11345238.jpg
f0116479_11354254.jpg
f0116479_11365771.jpg
f0116479_11375381.jpg
f0116479_11394326.jpg
f0116479_11384230.jpg
f0116479_11413314.jpg
f0116479_11441395.jpg
f0116479_11452282.jpg
f0116479_11460839.jpg
f0116479_11464775.jpg
f0116479_11474777.jpg
f0116479_11481804.jpg
f0116479_11491751.jpg

商店が連なる中心街。アーケードの両側に看板建築風の建物が数多く残されています。
f0116479_11522771.jpg
f0116479_11530519.jpg
f0116479_11540327.jpg
f0116479_11550441.jpg
f0116479_11555532.jpg
f0116479_11564471.jpg
f0116479_12011582.jpg
f0116479_11573830.jpg
f0116479_11590985.jpg
f0116479_12001506.jpg

商店街の中程に建つ古い銭湯をリノベーションした店舗。
f0116479_12102870.jpg
f0116479_12111369.jpg
f0116479_12113434.jpg
f0116479_12121685.jpg
f0116479_12130999.jpg
f0116479_12115736.jpg


by sunshine-works | 2018-02-11 21:10 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 02月 04日
旧住友銀行尾道支店
広島県尾道市の近代建築その10

前回は大正期に建てられた旧尾道銀行本店を紹介しましたが、この並びには更に古い歴史を持つ銀行建物が残されています。現在は尾道市の施設として使われているこの建物は住友銀行尾道支店として明治37年に建てられました。
f0116479_12283182.jpg

別子銅山と住友本家の置かれた大阪の中間に位置する尾道は住友家にとって重要な拠点でした。
明治24年に山陽鉄道が尾道まで延伸した翌年、尾道には神戸に継ぐ分店が置かれ、明治28年の新居浜-尾道間の航路開設によって別子銅山と大阪を結ぶ海陸の中継点となった事で尾道の重要度は更に高まります。
住友銀行尾道支店は同年に銀行業に進出した住友銀行初の支店として住友尾道分店の敷地内に開設、9年後の明治37年に当地に移転新築されます。
f0116479_21253705.jpg


木造平屋建寄棟造。前面に並ぶ縦長窓をアーチが囲みます。一見するとコンクリート造や石造風に見えますが木壁にモルタルを盛ったもの。
この住友銀行尾道支店は、後に住友営繕を経て日建設計へと繋がる住友臨時設計部を率いた野口孫一の初期の作品となります。
f0116479_12324299.jpg
f0116479_12312818.jpg
f0116479_12315983.jpg
f0116479_12321519.jpg
f0116479_12343917.jpg

市の管理部件となっていますが、現状は各部の劣化が進んだまま放置された状態。最低限の補修はされているのでしょうが何らかの措置が必要と思われます。
f0116479_12352194.jpg
f0116479_12354727.jpg
f0116479_12362579.jpg

裏面の眺め。こちら側には活用されている気配があります。
f0116479_12391977.jpg



by sunshine-works | 2018-02-04 21:27 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)