カテゴリ:近代建築 愛媛県( 26 )

2018年 07月 15日
千野々橋
愛媛県西条市の近代建築その3

西条市の南部、石鎚山へ向かう県道の傍らに赤く塗られたトラス橋が渡ります。
この千野々橋は大正14年に架けられました。
f0116479_14155687.jpg

石鎚山から発し瀬戸内海に注ぐ加茂川に架かる橋長34mの曲弦プラットトラス。愛媛県に現存するトラス橋の中で昭和以前に架けられたものは少なく、この千野々橋の他は別子銅山に現存する2橋があるのみ。道路橋としてはおそらく県内最古のものと思われます。
f0116479_14193450.jpg
f0116479_14204327.jpg
f0116479_14263420.jpg
f0116479_14220987.jpg
f0116479_14245969.jpg

河原に降りて側面を見上げます。
川面から高い位置に架けられたこの橋は30mを超える川幅を一跨ぎする為に大きなトラス桁が用いられました。
f0116479_14280022.jpg
f0116479_14283095.jpg
f0116479_14272438.jpg

橋の東詰から西詰へ渡っていきます。
f0116479_14300395.jpg
f0116479_14305715.jpg
f0116479_14312823.jpg
f0116479_14322096.jpg
f0116479_14324137.jpg

西詰からの眺め。

f0116479_14325537.jpg
f0116479_14331630.jpg


by sunshine-works | 2018-07-15 11:50 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 08日
小松橋
愛媛県西条市の近代建築その2

予讃線伊予小松駅の南方、旧金比羅街道沿いの小さな集落に大正期に架けられたコンクリート橋が現役で使われています。
この美しい橋は大正15年に架けられました。
f0116479_15522933.jpg

石鎚山系を発し瀬戸内海へ注ぐ中山川の支流小松川を渡る3連の鉄筋コンクリート造のガーダー橋。橋長29メートル幅5メートルの小さな橋です。
f0116479_16211687.jpg
f0116479_16234529.jpg
f0116479_16221175.jpg

四方のすべてに現存する親柱。灯具は近年に復元されたものです。
f0116479_16223917.jpg
f0116479_16230789.jpg
f0116479_16240376.jpg
f0116479_16242361.jpg
f0116479_16254100.jpg
f0116479_16263331.jpg
f0116479_16320905.jpg

クラッシックな意匠は一見石造橋とも思えますが、この欄干を含め、上部構、下部構共にすべて鉄筋コンクリート製。大正末期の築となるこの橋は鉄筋コンクリート橋が地方に普及していく初期のもので、石橋の意匠がそのままコンクリート橋に置き換えられています。
f0116479_16222840.jpg
f0116479_16255962.jpg

河原から見上げた側面。桁の側面をアーチ状に仕上げ、中央には要石を模したモールドを飾ります。
f0116479_16274197.jpg
f0116479_16280335.jpg
f0116479_16285574.jpg
f0116479_16291854.jpg
f0116479_16295259.jpg
f0116479_16314033.jpg


東詰の親柱。
f0116479_16315370.jpg
f0116479_16325823.jpg
f0116479_16331163.jpg



by sunshine-works | 2018-07-08 12:44 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2018年 07月 01日
クラレ西条工場の建物
愛媛県西条市の近代建築その1

西条市の臨海部にクラレ西条工場の広大な敷地が広がります。
昭和11年に前身の倉敷絹織西条工場として操業を開始したこのクラレ西条工場には竣工当時から残る建物施設が数多く現存しています。
f0116479_13573241.jpg

敷地内に残る竣工当時の建物で最も規模が大きい講堂。木造2階建て、1階外壁は下見板貼り、2階部分はモルタル仕上げ。側面には避難用の滑り台が付けられています。
f0116479_13585966.jpg
f0116479_14000270.jpg
f0116479_18554546.jpg
f0116479_18564608.jpg
f0116479_18581576.jpg

芝生が植えられた敷地内には木造平屋の建物や渡り廊下が幾つも残されています。合間に建つ煉瓦壁は解体した工場建物の煉瓦を再利用したものです。
f0116479_19041038.jpg
f0116479_19051025.jpg
f0116479_19063702.jpg
f0116479_19060787.jpg
f0116479_19072916.jpg
f0116479_19081691.jpg
f0116479_19090127.jpg
f0116479_19093267.jpg
f0116479_19103162.jpg
f0116479_19110419.jpg
f0116479_21113024.jpg
f0116479_19112711.jpg
f0116479_19122243.jpg
f0116479_19130512.jpg
f0116479_19133631.jpg
f0116479_21180504.jpg
f0116479_21183126.jpg

講堂の向かいに建つ社員食堂。
f0116479_21154962.jpg
f0116479_21162204.jpg
f0116479_19180887.jpg
f0116479_19172173.jpg
f0116479_19195006.jpg
f0116479_19205512.jpg
食堂内部。白いパネルの折上げ天井と軒高く採られた採光窓がモダンで開放的な雰囲気を醸します。
f0116479_21204781.jpg
f0116479_21214826.jpg
f0116479_21240567.jpg
f0116479_21242528.jpg
f0116479_21232398.jpg
f0116479_21213895.jpg
f0116479_21221795.jpg
f0116479_21244639.jpg


by sunshine-works | 2018-07-01 12:30 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 29日
別子銅山の産業遺産-東平地区2

愛媛県新居浜市の近代建築8

別子銅山東平地区に現存する産業遺産の続編は鉱石の集積、搬出に使われた施設を紹介します。
f0116479_14342395.jpg

第三通洞から引き出された坑内軌道の終点に築かれた貯鉱庫跡。積み上げた花崗岩の壁面と山肌の間に鉱石を蓄える施設で、斜面の上部と下部の2箇所に設置されました。
f0116479_16125143.jpg
f0116479_16043339.jpg
f0116479_16052092.jpg


花崗岩を積み上げた貯鉱庫の壁面。上部下部共に第三通洞開通の翌年に完成しました。
f0116479_16070271.jpg
f0116479_16085561.jpg
f0116479_16121425.jpg
f0116479_16110206.jpg
f0116479_16093230.jpg

下部貯鉱庫の頂部に残る煉瓦構造物。上部貯鉱庫から運ばれた鉱石を選分けて下部貯鉱庫へ送る選鉱場の遺構です。
f0116479_16132985.jpg
f0116479_16152954.jpg
f0116479_16154992.jpg
f0116479_16162364.jpg
f0116479_16170664.jpg
f0116479_16173133.jpg
f0116479_16175243.jpg



選鉱場で選別された鉱石はその下の下部貯鉱庫へ落とされ、出荷まで蓄えられます。

f0116479_16220854.jpg

f0116479_16193623.jpg
f0116479_16203866.jpg
f0116479_16200540.jpg
f0116479_16240731.jpg

下部貯鉱庫前には索道施設跡の煉瓦構造物が残されています。鉱石はここから索道によって端出場地区へ運ばれ、さらに鉱山鉄道に積み替えて出荷されていきました。
f0116479_16211509.jpg
f0116479_16245506.jpg
f0116479_16252038.jpg
f0116479_16224183.jpg
f0116479_16230719.jpg
f0116479_16234297.jpg
f0116479_16184433.jpg
f0116479_16190696.jpg



上部の貯鉱庫と下部貯鉱庫、索道施設の間には斜面を登るインクラインが敷かれていました。現在その跡地には階段が設置されています。
f0116479_16264245.jpg
f0116479_16270136.jpg
f0116479_16272367.jpg



by sunshine-works | 2017-07-29 15:19 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 22日
別子銅山の産業遺産-東平地区1
愛媛県新居浜市の近代建築その7

マイントピア別子から県道を南へ。山道をひたすら進んだ先、別子銅山東平(とうなる)地区へ至ります。
ここにも明治中期から昭和初期に築かれた鉱山施設の数々が残されており、マイントピア別子東平ゾーンとして公開されています。
f0116479_12015044.jpg

この東平地区は前2回にて紹介した端出場地区が開発される前の拠点で、明治35年の第三通洞開削を契機に昭和初期にかけて様々な鉱山施設が建てられました。
この東平は標高750メートル、冬場には積雪のある山深い地区ですが、周囲に社宅が築かれ、学校、病院、劇場、商店等が備わる鉱山町の暮らしが閉山までの70年に亘って営まれていました。


明治27年に着工し明治35年に完成した第三通洞。鉱脈に向けて水平に1.8km掘られた運搬坑道で鉱材の搬出や配水、換気に用いられました。その後に設置された端出場水力発電所へ用水を送る役目も担いました。
f0116479_11590757.jpg
f0116479_11463415.jpg

11年後に開通した第四通洞に比べると間口が狭く、抗口も簡素な造り。美しい装飾を施した鉄扉が当時のまま残されています。
f0116479_13331619.jpg
f0116479_12034846.jpg

坑内電車に積まれた鉱石は通洞から貯鉱庫へ運ばれます。この途中の起伏を抜ける箇所にはマンブと呼ばれるトンネルが掘られました。
f0116479_12130721.jpg
f0116479_12133495.jpg
f0116479_12141044.jpg

抗口、内壁共に切石貼り。レールは外され、当時使われていた鉱山機械が展示されています。
f0116479_12143416.jpg
f0116479_12152489.jpg
f0116479_12161236.jpg

こちらは火薬庫として使われたトンネル。
f0116479_12183941.jpg

一段高い場所に建てられた煉瓦造の施設。明治37年に変電所として建てられました。
f0116479_12223380.jpg
f0116479_12234960.jpg
f0116479_12241180.jpg
f0116479_12244010.jpg
f0116479_12250645.jpg
f0116479_12254048.jpg

漆喰が塗られた内壁にアーチ窓が並びます。変電装置は撤去され、居住区画の名残りだけが残されています。
f0116479_12292490.jpg
f0116479_12293934.jpg
f0116479_12295561.jpg


by sunshine-works | 2017-07-22 17:52 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 15日
別子銅山の産業遺産-端出場地区2
愛媛県新居浜市の近代建築その7

別子銅山端出場地区に残る産業遺産の2回目は二つの鉄橋を紹介します。
f0116479_14410382.jpg

前回紹介した第四通洞の正面にはトロッコ軌道が足谷川を渡る橋が架けられています。
単連プラットトラスのこの四通橋は大正8年に架けられました。
f0116479_14541353.jpg
f0116479_00483736.jpg

昭和4年の第四通洞開通当時に使われていた木橋に代わる近代橋梁として4年後の昭和8年に竣工しました。
f0116479_00491396.jpg
f0116479_14552398.jpg

この四通橋は、竣工から昭和48年の閉山まで別子銅山の最盛期を支える動脈として半世紀に及ぶ歴史を刻み、その後は往時の姿を留めたまま保存されています。
f0116479_00510340.jpg
f0116479_00515559.jpg
f0116479_00540970.jpg
f0116479_00480944.jpg
f0116479_09322956.jpg



四通橋の横手には明治期に架けられた別子鉱山下部鉄道の旧足谷川橋梁が現存します。
この橋は明治26年にドイツから導入されたピン結合のボーストリング橋で、同種の橋として国内最初期の現存例と推測されます。

f0116479_09433887.jpg
f0116479_09443963.jpg
f0116479_09464046.jpg

この旧足谷川橋梁は昭和52年の別子鉱山鉄道下部線廃止に伴って役割を終えますが、平成3年のマイントピア別子の開業時に観光鉄道の路線として改修され、現役施設として使われています。
f0116479_09452973.jpg
f0116479_21060155.jpg
f0116479_20195510.jpg
f0116479_20223464.jpg
f0116479_21045131.jpg
f0116479_21030033.jpg
f0116479_23270424.jpg


by sunshine-works | 2017-07-15 23:59 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(2)
2017年 07月 08日
別子銅山の産業遺産-端出場地区1
愛媛県新居浜市の近代建築その6

旧山根精錬所から県道を南へ。山道を進んで程なく、別子銅山最後の採鉱拠点となった端出場地区に至ります。鉱山跡を利用した観光施設、マイントピア別子として公開されているこの場所には明治期から大正期に設置された多くの施設が現存しています。
f0116479_16181633.jpg

この端出場地区がその後発展する契機となった第四通洞。明治43年起工、5年後の大正4年に開通。採鉱地点から鉱石を搬出する坑道で水平方向に4.5km掘られています。
f0116479_15425220.jpg
f0116479_15481163.jpg
f0116479_15433712.jpg
f0116479_15440216.jpg

イギリス積みに煉瓦アーチを組んだ抗口。笠石や帯石、付け柱を備えた重厚な意匠。扁額の文字は住友家当主の揮毫です。
f0116479_15443659.jpg
f0116479_15483419.jpg

内部はトロッコの軌道が敷かれ、電力や通風、配水のダクトが通されました。
f0116479_15452877.jpg
f0116479_15455553.jpg
f0116479_15461333.jpg


マイントピア別子の敷地に隣接して古い煉瓦建物が残されています。この建物は端出場水力発電所として建てられました。
f0116479_15512949.jpg

鉱山機械の動力が機力から電力へ移行する明治中期、別子銅山では自前の発電所を設けていましたが、増大する電力需要を賄う為、明治45年に大規模な発電施設を竣工させます。銅山川から取水し第三通洞を経て導水した用水による水路式水力発電所で、当時日本一の出力3000kWと有効落差560mを誇りました。
f0116479_15553408.jpg
f0116479_15532697.jpg
f0116479_15525293.jpg

煉瓦造平屋建て、切妻屋根の巨大な建物。
発電施設はその後最大4800kWに増強され、周辺地域のみならず沖合い20キロメートルの四阪島精錬所まで送られました。この時に敷設された海底ケーブルは当時世界一の長さとなりました。
昭和48年まで使用された後閉鎖されましたが、内部の設備はそのまま残されています。
f0116479_15563125.jpg
f0116479_15575386.jpg
f0116479_15543797.jpg
f0116479_15570748.jpg
f0116479_15572585.jpg






by sunshine-works | 2017-07-08 16:20 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 07月 01日
山根グラウンド・旧山根精錬所煙突
愛媛県新居浜市の近代建築その5

新居浜市中心部から南へ。旧別子銅山へ繋がる山裾に新居浜市の運動公園が置かれています。この一帯は明治期に別子銅山の精錬施設があった場所で、移転後に住友鉱山が作ったグランドと周辺に築かれた社宅跡地が運動公園の基となりました。
昭和3年に竣工したこのグランドは当時の姿のまま残され、築89年を経た今も現役施設として使われています。
f0116479_14583107.jpg

西洋技術を導入して明治21年に竣工した山根精錬所でしたが、当時は脱硫方が未熟で付近に煙害をもたらし、僅か8年で廃止となります。その後の精錬施設は臨海部の惣開へ集約され、さらに沖合いの四阪島に移っていきます。
このグランドは廃止された精錬所跡に社員の福利厚生施設として築かれ、工事は公休を利用した社員の奉仕で行われました。
f0116479_14421936.jpg
f0116479_14435228.jpg
f0116479_14461149.jpg
f0116479_14464782.jpg

国の有形登録文化財にも指定されている土木遺産としてのこのグランドの価値は階段状の観客席にあります。20段以上に亘って斜面に自然石を積み上げた規模は壮大で片面のみにも係わらず約3万人の収容力を備えます。
この一帯は戦後に新居浜市に編入されますが、昭和12年に市制施行した新居浜市の総人口が3万2千人だった事を考慮するとその大きさに驚きます。
f0116479_14480771.jpg
f0116479_14485457.jpg
f0116479_14495292.jpg
f0116479_14510364.jpg
f0116479_14541701.jpg
f0116479_14550216.jpg
f0116479_14554760.jpg
f0116479_14565596.jpg
f0116479_15102732.jpg

この山根グラウンドが設置された旧山根精錬所跡地には当時の遺構が残されています。
隣接する生子山(煙突山)の頂上に建つ煉瓦積みの煙突は明治21年に建てられました。
f0116479_15305954.jpg
f0116479_15314042.jpg
f0116479_15322605.jpg


イギリス積み煉瓦造の角煙突。高さは約20メートル。麓の精錬所から煙道を介して山上のこの場所から排煙されました。煙突頂部の標高は320メートルに達しますがこの高さでも周辺農地への煙害を防げませんでした。
f0116479_15331203.jpg
f0116479_15333902.jpg
f0116479_15341024.jpg
f0116479_15353356.jpg
f0116479_00331501.jpg





by sunshine-works | 2017-07-01 17:12 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 24日
旧別子鉱山鉄道星越駅舎
愛媛県新居浜市の近代建築その4

新居浜市の中心街の西方、丘陵地の裾の開けた一角に木造の旧駅舎が残されています。
この星越駅はかつて敷かれていた別子鉱山鉄道の途中駅として設置されたもので、昭和52年に廃線となった後も唯一この駅舎のみ残されています。
f0116479_14485373.jpg

当初牛車や人力に頼っていた別子銅山の運搬路ですが、増大する産出量に対応する為、明治中期に鉱山鉄道が設置されます。路線は山上の採鉱場から積み出す上部鉄道、中継基地の端出場から臨海部の惣開を結ぶ下部鉄道の2路線が敷かれ、上部鉄道の石ケ山丈と下部鉄道の端出場間は索道が渡されていました。この星越駅は下部鉄道の終点惣開から1駅目に置かれた駅舎で、大正14年に開業しています。
f0116479_14494894.jpg
f0116479_14501292.jpg
f0116479_14505077.jpg
f0116479_14515908.jpg

木造平屋下見板貼り、正面左寄りに切妻屋根の破風と車寄せを設けます。当時の地方鉄道駅舎の一般的な造りですが、屋根に設けた三角窓や庇を飾るバージボード、妻面の通風口、軒下の持送り、縦長窓等々、細部にはモダンな意匠が用いられています。
f0116479_14550142.jpg
f0116479_14524518.jpg
f0116479_14531706.jpg
f0116479_14530851.jpg
f0116479_14534694.jpg
f0116479_14542416.jpg


明治26年の下部鉄道開通時、鉄道は貨物専用で、沿岸部の惣開駅から山裾の山根駅間の平野部には駅が設置されていませんでした。この星越駅は近くに新設された選鉱場に合わせて大正14年に設置され、その後駅前に開発された住友鉱山社宅の玄関口として利用されました。

駅の裏手に見える新居浜選鉱場の跡。施設は取り壊され、土台のみが残されています。

f0116479_14582363.jpg


駅前に広がる社宅跡。かつては250戸が並んでいましたが徐々に取り壊されているようで殆どが空家となっています。

f0116479_15124382.jpg







by sunshine-works | 2017-06-24 16:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
2017年 06月 17日
旧住友銀行新居浜支店
愛媛県新居浜市の近代建築その3

新居浜市の臨海部、背後に住友系列の工場が連なる一角、住友化学工業の敷地の外れに明治期の銀行建物が残されています。現在は同社の資料館として使われているこの建物は明治34年に住友銀行新居浜支店として建てられました。
f0116479_14581169.jpg

新居浜の町の臨海部は明治中期に別子銅山の精錬所設置に伴って開発され、鉱山機械の工場や二次製品の工場が建てられていきました。周辺には従業員社宅や福利厚生施設も整備され、惣開と呼ばれたこの一帯は近代工業地帯に変貌します。
この銀行は別子鉱業所本部の隣に建てられ、付近には郵便局や住友系列の病院が並ぶ住友別子鉱業の企業城下町の中核を成していました。
f0116479_14584567.jpg
f0116479_14593575.jpg
f0116479_15000371.jpg

小さな建物ですが、各所に本格的な洋風意匠が用いられています。設計は住友本店臨時建築部と推測されており、後の住友工作部、長谷部竹腰建築事務所へ発展する「住友営繕」の最初期の作品の現存例となります。
f0116479_10375353.jpg
f0116479_10333640.jpg
f0116479_10342192.jpg
f0116479_10352121.jpg

モルタル壁面は溝が刻まれた石造風の仕様。上げ下げ式の縦長窓は竣工時のままに木枠が使われています。
f0116479_10384519.jpg
f0116479_10413224.jpg
f0116479_10415300.jpg

建物北側に並ぶ煉瓦造の蔵。同時期に建てられ金庫として使われていたようです。
f0116479_10422987.jpg
f0116479_10424981.jpg



by sunshine-works | 2017-06-17 21:38 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)