カテゴリ:近代建築 広島県( 50 )

2019年 04月 21日
陸軍造兵廠忠海兵器製造所遺構
広島県竹原市の近代建築その4

明治中期、大久野島に設置された三つの砲台は豊予要塞の完成によって大正13年に役割を終えますが、程なくこの島には陸軍の機密兵器を製造する軍需工場が設置され、終戦まで軍の管轄化に置かれました。今回は昭和初期から終戦に至る時期に大久野島に存在した軍施設の遺構を紹介します
f0116479_01591400.jpg

この島に残るもう一つの戦争遺構は旧陸軍が秘密裏に設営した化学兵器工場で、国際法で使用を禁止されていた毒ガスの製造を行う国内唯一の施設でした。
これらは芸予要塞が廃止された6年後の昭和4年に設営が始められ、昭和20年の終戦まで各種毒ガスの研究、製造、貯蔵が行われました。
f0116479_12103982.jpg

島の東岸に残る火力発電所跡。最盛期にはディーゼル発電機8基が設置されていました。戦争後期には「ふ号兵器」、いわゆる風船爆弾の製造所としても使われました。
f0116479_12170618.jpg
f0116479_12171988.jpg
f0116479_12161462.jpg
f0116479_12180011.jpg
f0116479_12185573.jpg


内部は機材が撤去され吹き抜けの広大な空間が残ります。この島の軍事施設の多くは戦後暫らくは米軍の管理下に置かれ、朝鮮戦争の際には弾薬庫として使われていました。
f0116479_12193993.jpg
f0116479_12211555.jpg
f0116479_12205664.jpg


製造された毒ガスは島内数箇所に分散して貯蔵されました。その中で最大規模の貯蔵施設となるのがこの長浦貯蔵庫跡です。
f0116479_12311888.jpg
f0116479_12300247.jpg

壁面には戦後米軍によって焼却処分された際のこげ跡が残っています。
f0116479_12320568.jpg
f0116479_12322825.jpg


こちらはイペリットガスを貯蔵した三軒家貯蔵庫跡。アーチトンネルの奥にタンクを据えた台座が残されています。
f0116479_12343920.jpg
f0116479_12335643.jpg


島内には露天の貯蔵施設跡も各所に残っています。
f0116479_12431405.jpg


この形式の露天貯蔵施設は前回紹介した砲台施設跡の幾つかにも設けられていました。
f0116479_13462340.jpg
f0116479_13464030.jpg

毒ガスの研究・開発を行った建物も残されています。
f0116479_12510947.jpg

本土との間の通信に使われた施設跡。
f0116479_12531361.jpg

基礎のコンクリートのみ残る施設。当時使われた便所跡と思われます。
f0116479_12562320.jpg


by sunshine-works | 2019-04-21 11:09 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 14日
芸予要塞大久野島砲台2
広島県竹原市の近代建築その3

大久野島には前回紹介した北部砲台、中部砲台の他に島の南部にも砲台がありました。
大三島との間の海峡を受け持つこの南部砲台には8基の砲台が設置されていましたが、現在は4基のみ残されています。
f0116479_13200204.jpg

この島には3箇所合計22基の砲が据えられ、大三島の南側を受け持つ愛媛県今治の小島砲台と対となって瀬戸内海を遮断する役割を担いましたが、本来は瀬戸内海への外敵侵入は入口で食い止めるべきで、当初は豊予海峡に砲台を据える案がありました。この計画は当時の主力火砲の射程の制約で見送られますが、その後長射程の砲が実用化された事で大正末から昭和初期にかけて豊予海峡砲台が実現されます。これによって芸予要塞は不要のものとなり、この島は軍事施設としての勤めを一旦は終える事となります。
昭和に入ってからのこの島のその後については次回紹介致します。
f0116479_13213944.jpg
f0116479_13244620.jpg
f0116479_13255328.jpg
f0116479_13264668.jpg
f0116479_13270716.jpg
f0116479_13273471.jpg
f0116479_13281133.jpg
f0116479_13282664.jpg
f0116479_13284821.jpg
f0116479_13290239.jpg
f0116479_13292107.jpg
f0116479_13294297.jpg
f0116479_13295945.jpg
f0116479_13301502.jpg


他の砲台にもあった煉瓦貼りの地下兵舎跡。半分埋もれた状態で残っています。
f0116479_13331537.jpg

周辺の林の中には何らかの施設跡と思われる構造物が残っています。
f0116479_13360791.jpg


島内には三つの砲台の他にも芸予要塞関連施設の幾つかが残されています。まずは島の中部、西岸近くに設置された弾薬庫跡。
f0116479_13432797.jpg
f0116479_13465828.jpg


島の南北の海峡に面した位置には、それぞれ一基の探照灯(サーチライト)が設けられていました。こちらは南部砲台近くに設置された探照灯施設跡です。
f0116479_13525222.jpg

島の高台の中腹に残るコンクリート製の構造物。雨水を溜めた貯水タンク跡です。
f0116479_13564726.jpg


島の西岸には当時築かれた石造の桟橋が残されています。
f0116479_13592887.jpg


by sunshine-works | 2019-04-14 20:53 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 04月 07日
芸予要塞大久野島砲台1
広島県竹原市の近代建築その2

竹原市の沖合いに浮かぶ周囲4キロ程の小さな島に明治期に築かれた砲台跡が残されています。
この島には当時全国の要所に設置された沿岸砲台の一つ芸予要塞大久野島砲台の遺構が良好な状態で保たれており、石積みや煉瓦造の砲座や兵営跡を百年以上を経た今日に伝えています。
今回と次回の2回に分けてこの大久野島に残る砲台跡を紹介します。
f0116479_12572611.jpg

この大久野島は以前紹介した芸予要塞来島砲台と対を成す砲台で、来島砲台は愛媛県今治から大三島南岸までを射程とし、この大久野島砲台が大三島北岸から広島県沿岸までを射程に治めます。
この二つの砲台で四国今治から広島県竹原の間に防衛ラインを敷き、瀬戸内海深部への外敵の侵入を阻む為に設置されたのが芸予要塞で、北部を担うこの大久野島砲台は明治30年から明治34年にかけて設置されました。
f0116479_12585270.jpg

この大久野島には北部、中部、南部の3箇所に砲台が設置されました。
この北部砲台は大久野最多8基を備えた砲台で、12CM加濃砲と24CM加濃砲が据えられていました
f0116479_13050211.jpg
f0116479_13060121.jpg


一段上がった位置に据えられた砲座。石積みの擁壁、中央には砲を支えた鉄筋が環状に並んでいます。
f0116479_13092112.jpg

砲座と砲座の間に石積みと煉瓦の構造物が連なります。
f0116479_13111908.jpg

砲台跡に並ぶコンクリートの台座。これらは第二次世界大戦中にこの島が再び重用された際の遺構です。この事項については後掲する記事を参照願います。
f0116479_13132463.jpg

通路に沿って石積みの砲側庫が並びます。
f0116479_13173206.jpg

隣の砲台。擁壁には煉瓦が用いられています。
f0116479_13195979.jpg
f0116479_13204988.jpg

北部砲台から坂道を進んで程なく、中部砲台に至ります。この中部砲台には主力となる六門の28センチ榴弾砲が設置されました。
f0116479_13273003.jpg

煉瓦積みの兵舎跡。
f0116479_13375980.jpg
f0116479_13433556.jpg


円形の砲座跡。ここにも砲を固定した鉄筋が残されています。
f0116479_13441875.jpg


この砲台にも後年にタンクを据えた台座が残されています。
f0116479_13482087.jpg

道沿いに砲座や砲側庫が連なります。
f0116479_13500788.jpg
f0116479_13504685.jpg




by sunshine-works | 2019-04-07 12:31 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 31日
旧竹原書院図書館
広島県竹原市の近代建築その1

古い町並みが連なる竹原の旧市街の一角に昭和初期に建てられた木造洋館が残されています。
現在は郷土資料館として使われているこの建物は旧竹原町立図書館として昭和4年に建てられました。
f0116479_14404555.jpg

石畳の街路沿いに木造の商家が並ぶ本町通りの中程に建つ木造2階建て。
下見板貼りの壁面、マンサード屋根、建物中央に立ち上げた三角破風、上げ下げ窓、瓦葺きの庇等々、昭和初期の洋風建築の意匠が各所に表現されています。
f0116479_14414369.jpg
f0116479_14425916.jpg
f0116479_14440114.jpg
f0116479_14500292.jpg

玄関周りの詳細。
f0116479_14443309.jpg
f0116479_14453891.jpg
f0116479_14455245.jpg
f0116479_14555416.jpg
f0116479_14503111.jpg
f0116479_14473308.jpg
f0116479_14471547.jpg
f0116479_14475304.jpg
f0116479_14483588.jpg

館内は資料館に改修された際に一部改修されていますが、窓や扉は当時の状態が保たれています。
f0116479_14514169.jpg
f0116479_14515560.jpg
f0116479_14520629.jpg
f0116479_14521854.jpg

側面からの眺め。上げ下げ式の縦長窓が並びます。
f0116479_14551723.jpg
f0116479_14525216.jpg
f0116479_14530488.jpg
f0116479_14531528.jpg
f0116479_14534432.jpg
f0116479_14540441.jpg


by sunshine-works | 2019-03-31 11:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 24日
旧南方村役場
広島県三原市の近代建築その2

三原市の西部、旧山陽道が通る山間の集落に古い木造洋館が残っています。現在は地域の集会所として使われているこの建物はかつてこの周辺に存在した旧南方村の役場として建てられました。築年は不明ですが、大正から昭和初期の築と思われます。
f0116479_10093942.jpg

木造2階建て切妻造り。下見板貼りの壁面に上げ下げ式の縦長窓を並べます。小さな建物ですが、マンサード屋根やハーフティンバー風に仕上げた妻面、木製の窓格子等洋風意匠が盛り込まれています。
f0116479_10364216.jpg
f0116479_10383910.jpg

旧南方村は明治22年から昭和29年まで存在した村で、この建物は町村合併で本郷町になるまで使われた庁舎です。その後は農協の建物に転用されたようですが、現在はみとしろ館の名称で地元の集会所や図書館に使われています。
f0116479_10370538.jpg
f0116479_10371967.jpg
f0116479_10391879.jpg

妻面に設けられた入口。小さな庇を張り出します。
f0116479_10404707.jpg

裏側の様子。

窓枠や格子も当時の姿が保たれています。
f0116479_10435471.jpg

f0116479_10431088.jpg


by sunshine-works | 2019-03-24 11:36 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 17日
南山記念館
広島県三原市の近代建築その1

呉線安芸幸崎駅の南西、古い町並みの中程に古い木造洋館が残されています。
現在は地元出身の工芸作家の資料館として使われているこの建物は昭和初期に診療所として建てられました。
f0116479_13333706.jpg

木造2階建て寄棟造り、下見板貼りの外壁には縦長窓を均等に配置。張り出した玄関は飾り柱が庇と上部のバルコニーを支え、頂部に三角破風を構えます。他にもコーニスや窓枠のモールディング、手摺のバラスターの細工等装飾豊かで、大正~昭和初期の地方医院建築の姿を良く伝えます。
f0116479_13485163.jpg
f0116479_13495857.jpg
f0116479_13565483.jpg
f0116479_13492046.jpg
f0116479_13541843.jpg

玄関の詳細。入口扉は上部にファンライトを備えたアーチ形。角柱にはフルーティングを刻む凝った造りです。
f0116479_13502733.jpg
f0116479_13504499.jpg
f0116479_13511896.jpg
f0116479_13514176.jpg
f0116479_13533706.jpg
f0116479_13530319.jpg
f0116479_13520696.jpg


by sunshine-works | 2019-03-17 11:06 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(2)
2019年 03月 10日
耕三寺潮聲閣洋館
広島県尾道市の近代建築その16

しまなみ海道の中央部、生口島瀬戸田の仏教寺院の敷地に昭和初期に建てられた2階建ての洋館が建っています。
浄土真宗耕三寺が当地に開かれる元となったこの建物は昭和2年に建てられました。
f0116479_14535971.jpg

寺の山門脇、敷地の北東角に建つ鉄筋コンククリート2階建て。壁面はスクラッチタイル貼り、尖った三角屋根には洋瓦を葺きます。
f0116479_14544766.jpg
f0116479_14553251.jpg
f0116479_14554846.jpg
f0116479_14564180.jpg

広い敷地に文化財に指定された多くの堂塔が並ぶ耕三寺は実業家の金本福松が私財を投じ昭和11年から約30年の歳月をかけて建立したものですが、元々この場所には金本福松が実母の居宅として建てた書院造りの和館と2階建ての洋館が建てられていました。
昭和9年に母が亡くなった後に得度した金本福松が母の菩提を弔う為に敷地一帯に建立したのが現在の耕三寺で、この潮聲閣は耕三寺の元となった建物となります。
f0116479_14582700.jpg
f0116479_15013711.jpg

玄関から内部へ進みます。まずは和館内部の様子。
f0116479_15120498.jpg

折上格天井の一桝一桝に美しい板絵がはめ込まれています。

部屋越しに中庭を望みます。
f0116479_15163201.jpg
f0116479_15402612.jpg

隣接する洋館とは渡り廊下で結ばれます。
f0116479_15085671.jpg
f0116479_15193579.jpg
f0116479_15202203.jpg
f0116479_15204303.jpg
f0116479_15213640.jpg
f0116479_15231210.jpg

応接室や浴室に充てられている洋館1階。大小様々なステンドグラスが幾つも設けられています。
f0116479_15251593.jpg
f0116479_15271732.jpg
f0116479_15291444.jpg
f0116479_15283724.jpg


by sunshine-works | 2019-03-10 12:03 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2019年 03月 03日
小佐木島灯台/中ノ鼻灯台
広島県安芸の近代灯台

明治中期に設置された三原瀬戸航路の9基の灯台については以前に愛媛県の大下島灯台と広島県因島の大浜崎灯台を紹介しましたが、広島県内には他にも明治期に設置された三原瀬戸航路の灯台が現存します。今回はこの中の二つの灯台を紹介します。
f0116479_13041032.jpg

三原港から連絡船で約10分で到着する小さな島の高台に据えられた小佐木島灯台。明治27年初灯。
f0116479_13134197.jpg

島の北東に据えられた高さ6.5mの小さな灯台。
石造の灯塔に鉄製のドーム屋根を乗せた当時の標準的な灯台の意匠です。
f0116479_13140906.jpg
f0116479_13144159.jpg
f0116479_13145963.jpg

分厚いコンクリートの塀が灯台を囲みます。
f0116479_13151628.jpg
f0116479_13152613.jpg
f0116479_13160191.jpg
f0116479_13164017.jpg
f0116479_13171455.jpg
f0116479_13172983.jpg
f0116479_13174396.jpg
f0116479_13175384.jpg


大崎上島の西南、愛媛県の大下島に向き合う岬に立つ中ノ鼻灯台。この灯台も明治27年に設置されました。
f0116479_14525759.jpg
f0116479_14534831.jpg

先ほどの小佐木島灯台よりも更に小さな灯台。高さは5m程です。
f0116479_14541180.jpg
f0116479_14571279.jpg

大きさの違いはあるものの造りは小佐木島灯台と殆ど同じです。
f0116479_14573263.jpg
f0116479_14580592.jpg
f0116479_14543221.jpg
f0116479_14544390.jpg
f0116479_14552728.jpg
f0116479_14554287.jpg
f0116479_14562624.jpg
f0116479_14560252.jpg
f0116479_14584449.jpg
f0116479_14582831.jpg




by sunshine-works | 2019-03-03 11:47 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 25日
広島県備後の近代建築補遺2
広島県備後の近代建築補遺

前回に続いて広島県備後の未掲載物件の紹介、今回は尾道市北部とその北側の世羅町の近代建築です。
f0116479_11415069.jpg

旧美ノ郷村役場として大正末期に建てられた建物。現在は公民館として使われています。
木造下見板貼の建物とモルタル壁の建物がシンメトリーに並んでいますが、左側は後年に増築されたものです。
f0116479_12103259.jpg
f0116479_12111925.jpg
f0116479_12130033.jpg
f0116479_12120486.jpg
f0116479_12123301.jpg


旧街道の宿場として栄えた市村に残る旧郵便局。元々の建物に昭和初期に洋館部分を増築しています。
f0116479_12191379.jpg
f0116479_14410689.jpg
f0116479_12195070.jpg
f0116479_12200571.jpg
f0116479_12201709.jpg

旧市村郵便局の並びに建つ木造平屋の洋館。村井医院として大正7年に建てられました。
f0116479_12230550.jpg
f0116479_12274207.jpg
f0116479_12280651.jpg
f0116479_12282288.jpg
f0116479_12283941.jpg
f0116479_12285723.jpg

府中市へ繋がる山道に残る旧郵便局。原田郵便局として昭和6年に建てられました。
f0116479_12345874.jpg
f0116479_12353131.jpg
f0116479_14443335.jpg
f0116479_12363523.jpg
f0116479_12370539.jpg
f0116479_12354477.jpg


世羅町の古い集落に残る旧郵便局。
f0116479_14554718.jpg
f0116479_14560203.jpg
f0116479_14561700.jpg
f0116479_14563130.jpg
f0116479_14564379.jpg
f0116479_14565373.jpg
f0116479_14572545.jpg

世羅町の旧道に架かる明治期の石造アーチ橋。眼鏡橋と呼ばれるこの道路橋は明治41年に竣工しています。
f0116479_14194032.jpg
f0116479_14205680.jpg
f0116479_14214051.jpg

反対側からの眺め
f0116479_14230542.jpg
f0116479_14240571.jpg
f0116479_14253529.jpg

尾道インター近くの山あいに残る旧鉄道トンネル。大正末期に開業した旧尾道軽便鉄道の唯一の遺構です。
f0116479_12384971.jpg
f0116479_12310967.jpg
f0116479_12315992.jpg
f0116479_12312157.jpg
f0116479_12322803.jpg
f0116479_12331224.jpg
f0116479_12332855.jpg



by sunshine-works | 2018-03-25 12:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
2018年 03月 18日
広島県備後の近代建築補遺1
広島県備後の近代建築補遺

ここまで瀬戸内の因島から島根県境の三次市に至る備後地区の近代建築を巡ってきましたが、未掲載の物件が幾つか残りました。
今回と次回に分けてこれらを紹介して行きます。
f0116479_16221042.jpg

古い町並みが残る福山市鞆の浦の建物。昭和初期に建てられた履物を扱う商家です。
f0116479_16242725.jpg
f0116479_16243696.jpg
f0116479_16245123.jpg

こちらも鞆の浦。
f0116479_16253216.jpg
f0116479_16254667.jpg
f0116479_16260580.jpg
f0116479_16261794.jpg

同じく鞆の浦の建物。
f0116479_16265738.jpg
f0116479_16270880.jpg


福山市松永にある運送会社の建物。
f0116479_16485065.jpg
f0116479_17101784.jpg
f0116479_16501579.jpg


三原駅の近くの建物。昭和初期の築。
f0116479_16392409.jpg
f0116479_16393513.jpg

府中市の中心街にも古い商店建築が残っています。
f0116479_16410102.jpg
f0116479_16421389.jpg
f0116479_16424844.jpg
同じく府中市中心街。
f0116479_16435861.jpg
f0116479_16440932.jpg

庄原市の街道沿いに建つ建物。銀行を思わせる意匠。あるいはかつて銀行だったのでしょうか。
f0116479_16463064.jpg
f0116479_16464869.jpg
f0116479_16470378.jpg
f0116479_16471432.jpg

庄原市東城の商店街にも幾つかの近代建築が残っています。
f0116479_16542302.jpg
f0116479_16543981.jpg


現役で使われている写真館。
f0116479_16545055.jpg
f0116479_16550124.jpg
f0116479_16555339.jpg
f0116479_16560532.jpg

こちらも東城の商業建築。これも銀行建築風の趣があります。
f0116479_16572642.jpg

化粧タイルを貼った看板建築。
f0116479_16573983.jpg
f0116479_16575112.jpg
三次市吉舎の建物。
f0116479_17154219.jpg
f0116479_17021696.jpg
f0116479_17023506.jpg
f0116479_17141863.jpg
f0116479_17143858.jpg

三次市中心部、旧三好銀行本店の並びに建つ建物。
f0116479_17431966.jpg
f0116479_17433085.jpg
f0116479_17434177.jpg


by sunshine-works | 2018-03-18 20:16 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)