2019年 11月 03日 ( 1 )

2019年 11月 03日
伊予鉄道石手川橋梁
愛媛の鉄道遺産

松山の市街地の南、石手川沿いに公園緑地が設けられています。細長く連なる敷地の中程には伊予鉄道石手川公園駅が置かれていますが、この駅のプラットホームの一部は明治期に架けられた橋梁上に置かれています。明治26年に架けられたこの石手川橋梁は現役の鉄道トラス橋梁として国内最古のものです。
f0116479_17200363.jpg

煉瓦橋脚の上を渡る橋長36メートルのピン結合式錬鉄製ポニープラットトラス。
明治中期、イギリスから全国各地の路線に同タイプの桁が多数導入されましたが、その後殆どが架け替えられており、この石手川橋梁は竣工当時のまま同一位置で使われている希少な事例となります。
f0116479_17203384.jpg
f0116479_17221795.jpg

桁を支えるイギリス積み煉瓦橋脚。左右の橋台も煉瓦が積まれています。
f0116479_17252139.jpg
f0116479_17254808.jpg
f0116479_17270429.jpg
f0116479_17261784.jpg
f0116479_17264015.jpg
f0116479_17272413.jpg
f0116479_17280093.jpg

日本で二番目に古い歴史を持つ伊予鉄道は、松山市中心部と臨海部の高浜港を結ぶ高浜線を明治25年に全通させます。高浜線に続く2番目の路線として翌明治26年に開業したのが横河原線で、軽便鉄道規格の軌間762mmで線路が敷かれました。この石手川橋梁も当初は軌間762mmに合わせた桁幅でしたが、昭和6年に標準軌に改軌された際に拡幅されています。
f0116479_17284499.jpg
f0116479_17291265.jpg
f0116479_17293198.jpg
f0116479_17302125.jpg
f0116479_17340823.jpg
f0116479_17342423.jpg
f0116479_17344747.jpg
f0116479_17300107.jpg
f0116479_17312467.jpg
f0116479_17310561.jpg
f0116479_17323017.jpg
f0116479_17325361.jpg
f0116479_17332809.jpg

石手川公園駅の北方、松山市駅へ向かう線路は煉瓦造りの小さな溝橋を渡ります。
この伊予鉄道第26号溝橋も同線開業当時の姿を伝える貴重な遺構です。
f0116479_17530186.jpg
f0116479_17531864.jpg
f0116479_17534832.jpg
f0116479_17542551.jpg
f0116479_17544414.jpg
f0116479_17562451.jpg
f0116479_17552512.jpg

下をくぐる道路と上を渡る線路はやや斜めに交差しています。相互の角度に合わせる為に、アーチ上部の煉瓦を一段毎にずらして調節を図る、凝った造りとなっています。
f0116479_17565124.jpg
f0116479_17571629.jpg


by sunshine-works | 2019-11-03 11:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)