2019年 09月 29日 ( 1 )

2019年 09月 29日
旧濱田医院
愛媛県松山市の近代建築その4

三津浜港から三津駅へ戻る途中、古い家並みが連なる一角に大正期に建てられた医院建築が残されています。この建物は大正12年に産科医院として建てられました。
f0116479_18281790.jpg

狭い全面道路から前庭を挟んで一段奥手に建つ木造2階建て下見板貼りの洋風建築。建物両翼を僅かに前面に迫り出したコの字型の配置、中央に切妻庇の玄関入口を配し、その上部に三角破風を立ち上げます。大正期から昭和初期に建てられた木造医院建築の典型的な意匠を留めた建物です。
f0116479_19000858.jpg
f0116479_18474978.jpg


入口庇、その上部の破風、左右張り出し部の妻面、角度大きさの異なるそれぞれの三角形が建物を引き締めます。
f0116479_18484648.jpg
f0116479_18531959.jpg
f0116479_18540314.jpg

医院として昭和47年まで使用されましたが、その後放置され、荒れた状態が長く続きました。現在は内外装の補修を終え、商業施設として再利用されています、
f0116479_18543584.jpg
f0116479_18545413.jpg
f0116479_18555292.jpg
f0116479_18564062.jpg
f0116479_18560656.jpg



by sunshine-works | 2019-09-29 12:31 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)