2019年 07月 07日 ( 1 )

2019年 07月 07日
旧都野津町役場(都野津会館)
島根県江津市の近代建築その3

山陰本線江津駅から西へ一駅、都野津の中心部から程なくの場所にかつての役場建物が残されています。
この建物は旧都野津町役場として昭和12年に建てられました。
f0116479_12204409.jpg

鉄筋モルタル2階建て。スクラッチタイルを貼った壁面には縦長窓が並び、軒まで貫いた玄関両脇の付柱の上に三角破風を構えます。
和瓦を葺いた寄棟屋根、軒下の漆喰風の白壁、寺社を思わせる三角破風等、和洋を折衷した意匠で纏められています。
地方の町村役場としては規模が大きく、意匠も当時の流行を取り入れたモダンな造り。贅を凝らしたこの庁舎は地元の実業家の寄付によって建てられたそうです。
f0116479_12210415.jpg
f0116479_12211981.jpg
f0116479_12215808.jpg
f0116479_12265378.jpg


昭和12年に建てられ、戦後の昭和29年に江津市と合併した後は公民館に転用されました。現在は地域のイベントスペースとして利用されています。
f0116479_12235919.jpg
f0116479_12242071.jpg
f0116479_12252659.jpg
f0116479_12260707.jpg

各面に貼られたスクラッチタイル。腰周りには切石を廻らせます。
f0116479_12225609.jpg
f0116479_12311582.jpg
f0116479_12275133.jpg
f0116479_12285532.jpg
f0116479_10530357.jpg

こちらは西面の眺め。奥行きが深い構造が見て取れます。













by sunshine-works | 2019-07-07 10:56 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)