2019年 05月 26日 ( 1 )

2019年 05月 26日
西条蔵元の煉瓦煙突
広島県東広島市の近代建築その5

清酒蔵元が集まる山陽本線西条駅南の一角は白壁土蔵造りの蔵が並ぶ風情ある町並みを形成していますが、この通りの景色を特徴付ける要素のもう一つが各蔵元毎に聳え立つ煉瓦煙突です。
明治期から大正期に相次いで建てられたこれらの煙突は西条清酒の発展を支えたモニュメントとして大切に残されています。
f0116479_01263995.jpg


西条の酒蔵通りには現在12本の煉瓦製の煙突が残されています。
四角断面に組んだイギリス積み煉瓦煙突の高さは凡そ15メートル~20メートル超、煉瓦の殆どが近隣の安芸津で焼かれたものと言われています。
f0116479_01351978.jpg

賀茂鶴酒造の煙突。広大な敷地には蔵毎に煙突が建てられています。
f0116479_01401022.jpg
f0116479_01381352.jpg
f0116479_01371584.jpg
f0116479_01374294.jpg
f0116479_01391487.jpg
f0116479_01412203.jpg
f0116479_01384208.jpg
f0116479_01420770.jpg

煙突の形は上部がやや窄まった四角柱で頂部に蛇腹を設けます。多くの煙突はこの賀茂鶴酒造の煙突に見られるように四隅を鉄枠で補強しています。
f0116479_01422700.jpg
f0116479_01424099.jpg
f0116479_01431074.jpg
f0116479_01433570.jpg
f0116479_01441773.jpg


亀齢酒造には西条の煙突群の中で唯一の丸煙突が残っています。
f0116479_01461399.jpg


西条に現存する煉瓦煙突で最も高い福美人三号蔵煙突の高さは27メートル。
f0116479_01443522.jpg
f0116479_01445093.jpg

西条の煉瓦煙突は精米を蒸す蒸気を得るための石炭ボイラーの排煙用に立てられたものです。
これらは石炭から他の燃料に移行する昭和後期になるとその役目を終えますが取り壊される事なく残され、自社の銘柄を掲げた看板塔として利用されています。
f0116479_01450694.jpg
f0116479_01452880.jpg
f0116479_01455097.jpg
f0116479_01463065.jpg
f0116479_01465432.jpg
f0116479_01471392.jpg
f0116479_01480281.jpg
f0116479_01473618.jpg
f0116479_01525829.jpg
f0116479_01531049.jpg
f0116479_01532812.jpg
f0116479_01535045.jpg

西条の煉瓦煙突の中で唯一現用で使われている西條鶴酒造の煙突。
f0116479_01540966.jpg





















by sunshine-works | 2019-05-26 11:31 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)