2019年 04月 21日 ( 1 )

2019年 04月 21日
陸軍造兵廠忠海兵器製造所遺構
広島県竹原市の近代建築その4

明治中期、大久野島に設置された三つの砲台は豊予要塞の完成によって大正13年に役割を終えますが、程なくこの島には陸軍の機密兵器を製造する軍需工場が設置され、終戦まで軍の管轄化に置かれました。今回は昭和初期から終戦に至る時期に大久野島に存在した軍施設の遺構を紹介します
f0116479_01591400.jpg

この島に残るもう一つの戦争遺構は旧陸軍が秘密裏に設営した化学兵器工場で、国際法で使用を禁止されていた毒ガスの製造を行う国内唯一の施設でした。
これらは芸予要塞が廃止された6年後の昭和4年に設営が始められ、昭和20年の終戦まで各種毒ガスの研究、製造、貯蔵が行われました。
f0116479_12103982.jpg

島の東岸に残る火力発電所跡。最盛期にはディーゼル発電機8基が設置されていました。戦争後期には「ふ号兵器」、いわゆる風船爆弾の製造所としても使われました。
f0116479_12170618.jpg
f0116479_12171988.jpg
f0116479_12161462.jpg
f0116479_12180011.jpg
f0116479_12185573.jpg


内部は機材が撤去され吹き抜けの広大な空間が残ります。この島の軍事施設の多くは戦後暫らくは米軍の管理下に置かれ、朝鮮戦争の際には弾薬庫として使われていました。
f0116479_12193993.jpg
f0116479_12211555.jpg
f0116479_12205664.jpg


製造された毒ガスは島内数箇所に分散して貯蔵されました。その中で最大規模の貯蔵施設となるのがこの長浦貯蔵庫跡です。
f0116479_12311888.jpg
f0116479_12300247.jpg

壁面には戦後米軍によって焼却処分された際のこげ跡が残っています。
f0116479_12320568.jpg
f0116479_12322825.jpg


こちらはイペリットガスを貯蔵した三軒家貯蔵庫跡。アーチトンネルの奥にタンクを据えた台座が残されています。
f0116479_12343920.jpg
f0116479_12335643.jpg


島内には露天の貯蔵施設跡も各所に残っています。
f0116479_12431405.jpg


この形式の露天貯蔵施設は前回紹介した砲台施設跡の幾つかにも設けられていました。
f0116479_13462340.jpg
f0116479_13464030.jpg

毒ガスの研究・開発を行った建物も残されています。
f0116479_12510947.jpg

本土との間の通信に使われた施設跡。
f0116479_12531361.jpg

基礎のコンクリートのみ残る施設。当時使われた便所跡と思われます。
f0116479_12562320.jpg


by sunshine-works | 2019-04-21 11:09 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)