2018年 11月 18日 ( 1 )

2018年 11月 18日
旧藤村岩次郎邸洋館(衣笠会館)
京都市北区の近代建築その3

北野白梅町交差点の南、西大路通りから西へ入った一角に古い煉瓦造の建物が残されています。現在は衣笠繊維研究所として使われているこの建物は、京都綿ネルの創業者の自邸の一部として建てられました。明治38年築。
f0116479_19462936.jpg

この一帯は京都綿ネル株式会社の設立者の一人となった藤村岩次郎の自邸跡で、和風建築の本館と別館の洋館、応接施設として使われたこの煉瓦造の3棟がありました。
戦後は京都工芸繊維大学に所有が移り、同大学の施設として使われますが平成10年に母屋と別館は取り壊されました。唯一残されたこの建物は現在衣笠繊維研究所として使われています。
f0116479_20051571.jpg
f0116479_20042528.jpg

この建物は京都市内では数少ない総煉瓦造の個人邸で、イギリス積みの煉瓦造2階建て瓦葺き。北面以外の3面にファンライトを備えたアーチ窓を並べます。
南面にはバルコニーを乗せた玄関ポーチを構えますが、おそらく近年に改修されたと思われ、この部分のみ煉瓦の質感が異なります。


縦長窓が並ぶ側面。

内部の改装に合わせて窓の幾つかは塞がれていますが、他は当時の状態が良好に保たれています。
f0116479_20091739.jpg



by sunshine-works | 2018-11-18 11:37 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)