2018年 10月 28日 ( 1 )

2018年 10月 28日
東海道本線桂川橋梁
京都の鉄道遺産

東海道本線の下り列車は京都駅を出て程なく、右京区と西京区の境で最初の大きな川を渡ります。ここに架けられた桂川橋梁には同区間の開通当時に設置された煉瓦造の橋台や明治後期と昭和初期に掛けられた古いトラス桁が今尚現役で使われています。
f0116479_18470248.jpg

明治7年に神戸~大阪間で開通した現在の東海道本線の西側区間は3年後の明治10年に京都まで通じます。桂川橋梁はこの区間の開通に合わせて設置されたもので、レンガ構造物の下部構の上に英国製のピン結合ポニーワーレントラス桁が渡されました。
この初代桂川橋梁はその後の列車の重量化と運行本数の増加に応じる為、明治45年にアメリカ規格のポニーワーレントラス桁に架け替えられます。現在上り線となっている上流側の橋梁がこの時のものです。
f0116479_18514212.jpg


橋長360メートル、桁高が低いワーレントラスを複線合計24基連ねます。桁は輸入桁のアメリカンブリッジ製と国産の汽車製造製のものが混在しています。
f0116479_18501463.jpg
f0116479_18530865.jpg


基礎部分に残る開業時の煉瓦構造物。
f0116479_18523107.jpg
f0116479_18524933.jpg


下流側に並行する下り線橋梁。この区間が複々線化された昭和3年に架けられました。川崎造船製の12連の曲弦トラスが渡ります。
f0116479_18474976.jpg
f0116479_18574168.jpg
f0116479_18575270.jpg


コンクリート造の橋脚も桁と同じ昭和3年のものと思われます。
f0116479_18581688.jpg

並行する二つの橋桁の眺め。右が明治45年、左が昭和3年の桁です。
f0116479_19012463.jpg
f0116479_19032936.jpg
f0116479_19053393.jpg



この位置からは左が明治45年、右が昭和3年の桁。


河原からの眺め。大きなコンクリート製橋脚が並びます。
f0116479_19075249.jpg
f0116479_19113820.jpg
f0116479_19081718.jpg
f0116479_19082633.jpg
f0116479_19080433.jpg

京阪神地区で戦前に架けられた東海道本線橋梁の中で連続アーチ橋梁は実例が少なく、この桂川橋梁が貴重な現存例となっています。




by sunshine-works | 2018-10-28 10:53 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(2)