2018年 09月 16日 ( 1 )

2018年 09月 16日
愛媛県東予の近代建築補遺1
愛媛県東予の近代建築補遺1

ここまで愛媛県東予地区の近代建築を巡ってきましたが、未掲載の物件が幾つか残りました。今回と次回でこれらを紹介します。
f0116479_13222675.jpg

別子銅山の端出場鉱区から東平鉱区へ通じる道の脇に架けられた明治期のアーチ橋。明治38年築の遠登志橋(おとしばし)は鋼アーチ橋として現存最古のものと言われています。
f0116479_13453854.jpg

アーチ橋として架けられたこの遠登志橋ですが、老朽化に伴って近年に吊橋への改修が行われました。アーチ部分はそのまま残されていますが、桁の加重を支える役割は担っていません。
f0116479_13461644.jpg
f0116479_13463631.jpg
f0116479_13465216.jpg

旧別子鉱山鉄道星越駅の傍に架かるコンクリートアーチ橋。この下に敷かれていた鉱山鉄道の線路を跨ぎ、向こう側の選鉱所へ渡る橋として架けられました。
f0116479_14465535.jpg
f0116479_14473076.jpg
f0116479_14480571.jpg
f0116479_14481810.jpg
f0116479_14490316.jpg

西条市から松山市へ向かう県道脇に残る古いコンクリート橋。志川橋は昭和6年に架けられた充腹コンクリート橋です。
f0116479_15154179.jpg
f0116479_15161139.jpg
f0116479_15164754.jpg
f0116479_15172566.jpg
f0116479_15174475.jpg
f0116479_15182168.jpg
f0116479_15185066.jpg
f0116479_15191090.jpg
f0116479_15194141.jpg

今治と松山を結ぶ山道の途中に架かる昭和12年築の落合橋。こちらは開腹コンクリートアーチ橋。
f0116479_15355748.jpg
f0116479_15364289.jpg
f0116479_15373886.jpg
f0116479_15460994.jpg
f0116479_15480010.jpg
f0116479_15491490.jpg
f0116479_15502930.jpg
f0116479_15514042.jpg
f0116479_15542345.jpg

伊予小松駅南の溜池大谷池に残る旧樋門。大正9年に竣工した煉瓦造の樋門です。池の改修工事によって役目を終えましたが、保存施設として公開されています。
f0116479_16090707.jpg
f0116479_16095230.jpg
f0116479_16103703.jpg
f0116479_16113054.jpg
f0116479_16115902.jpg
f0116479_16122780.jpg
f0116479_16123994.jpg




by sunshine-works | 2018-09-16 11:42 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)