2018年 02月 11日 ( 1 )

2018年 02月 11日
尾道市街地の近代建築1
広島県尾道市の近代建築その11

ここまで数回に亘って尾道市中心部に残る代表的な近代建築を紹介してきましたが、尾道駅前から東に細長く連なる商業地区周辺にはそれ以外にも大小様々な近代建築が現存しています。
今回と次回でこれらを紹介して行きます。
f0116479_22020824.jpg

尾道駅前の通りに面して建つ商業ビル。現在は1階に地元尾道の惣菜店が入居しています。
角地にアールを描く鉄筋コンクリート3階建て。築年は不詳ですが、昭和初期の築と思われます。
f0116479_22263833.jpg
f0116479_22275845.jpg
f0116479_22282606.jpg
f0116479_22293146.jpg
f0116479_22295626.jpg

江戸期から商業と海運を中心に栄えた尾道は明治期には備後の中心として更なる発展を遂げ、市街地には官民の様々な近代建築が建てられます。
尾道の市街地は大きな空襲被害を受けず戦渦を免れますが、戦後の備後地区の商工業の中心が隣の福山に移った事や狭い街路が入り組む複雑な地合い故に再開発は緩やかで、古い町並みと共に多くの近代建築が良好な状態で残される事となります。
f0116479_22272597.jpg

通りを挟んで建つこの建物もおそらく昭和初期の築と思われます。
f0116479_01480344.jpg
f0116479_01493054.jpg

駅前から東へ延びる海岸通り沿いの建物を幾つか。
f0116479_02183056.jpg
f0116479_02190253.jpg
f0116479_02212506.jpg
f0116479_02225040.jpg
f0116479_02231611.jpg


現在飲食店となっているこの建物は元海産物問屋のビルとして建てられました。
f0116479_02234093.jpg
f0116479_02235944.jpg
f0116479_02243949.jpg

海岸通りから中心街へ繋がる通り沿いにも幾つかの古い建物が現存します。
f0116479_11334379.jpg
f0116479_11345238.jpg
f0116479_11354254.jpg
f0116479_11365771.jpg
f0116479_11375381.jpg
f0116479_11394326.jpg
f0116479_11384230.jpg
f0116479_11413314.jpg
f0116479_11441395.jpg
f0116479_11452282.jpg
f0116479_11460839.jpg
f0116479_11464775.jpg
f0116479_11474777.jpg
f0116479_11481804.jpg
f0116479_11491751.jpg

商店が連なる中心街。アーケードの両側に看板建築風の建物が数多く残されています。
f0116479_11522771.jpg
f0116479_11530519.jpg
f0116479_11540327.jpg
f0116479_11550441.jpg
f0116479_11555532.jpg
f0116479_11564471.jpg
f0116479_12011582.jpg
f0116479_11573830.jpg
f0116479_11590985.jpg
f0116479_12001506.jpg

商店街の中程に建つ古い銭湯をリノベーションした店舗。
f0116479_12102870.jpg
f0116479_12111369.jpg
f0116479_12113434.jpg
f0116479_12121685.jpg
f0116479_12130999.jpg
f0116479_12115736.jpg


by sunshine-works | 2018-02-11 21:10 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)