2014年 01月 11日 ( 1 )

2014年 01月 11日
旧日高町公会堂
豊岡の近代建築その3

山陰本線江原駅の東、県立日高高校の敷地内に、昭和初期に建てられた旧公会堂の建物が現存しています。
現在は同校の講堂として使われているこの建物は昭和3年頃に建てられました。
f0116479_1329211.jpg

敷地の南東、隣接する小学校との境界に位置する鉄筋コンクリート建物。
側面に大きな窓を並べた切妻造り、直線と平面で構成する現代風の意匠で、一見すると古い建物には見えませんが、妻面に飾られたレリーフの年号(1928)から推測すると同年の起工または竣工のようです。
元々は旧日高町の公会堂として建てられ、その後日高小学校講堂を経て戦後開校した日高高校の講堂に転用されています。
f0116479_13293120.jpg

f0116479_13295487.jpg

妻面の眺めに比べると側面は小ぶりな印象。
赤煉瓦の上には換気用の屋根窓が並びます。
f0116479_1332844.jpg

f0116479_1332153.jpg

f0116479_1332282.jpg

側面の出入口。階段の石組みに年代を感じます。
f0116479_13323965.jpg

f0116479_1333094.jpg

f0116479_13332488.jpg

f0116479_13331433.jpg


by sunshine-works | 2014-01-11 23:57 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)