2008年 11月 19日
須磨観光ハウス
神戸須磨区の近代建築その3

源平合戦の古戦場として有名な一ノ谷は六甲山系の西の端に位置します。御料林だったこの周辺は昭和10年に須磨浦公園として開放され、以来海を望む緑豊かなリゾート施設として市民に親しまれています。
この公園の一角には一棟のヨーロッパ風の山荘が建っています。この建物は神戸市の迎賓施設として昭和13年に建てられました。
f0116479_20425066.jpg

木造3階建、ハーフティンバーと尖った切妻屋根が特徴的な建物です。スイスの山荘をモデルに建てられたそうです。
f0116479_2052635.jpg

f0116479_20522699.jpg

f0116479_2051389.jpg

素晴らしい景色と豊かな緑に囲まれたロッジです。
小規模な建物ですが、今ほどホテルが無かった当時は神戸を代表する高級宿泊施設でした。
f0116479_2053635.jpg

f0116479_20541281.jpg

f0116479_20552231.jpg

f0116479_21322583.jpg

前庭に面した南面。石で飾られたアーチが並びます。
f0116479_20585578.jpg

f0116479_20591210.jpg

f0116479_20594451.jpg

f0116479_2101255.jpg

f0116479_210281.jpg

西面の玄関。
f0116479_2119963.jpg

f0116479_21194129.jpg

f0116479_21173894.jpg

f0116479_21254450.jpg

f0116479_21261668.jpg

f0116479_21263410.jpg

建物裏側から屋根を望みます。
f0116479_2145825.jpg

f0116479_21313041.jpg

この建物が建てられた昭和13年当時、この様な高級ホテルはまだまだ一般市民には縁遠い存在でした。この種の施設を自治体自ら設ける事が出来た神戸市が相応の成熟を遂げていた事の証しとも言えます。
f0116479_21364681.jpg


by sunshine-works | 2008-11-19 22:40 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/9707248
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧グッゲンハイム邸      天神橋 >>