2008年 11月 03日
旧駒ヶ林町公会堂
神戸長田区の近代建築その3

長田区の南部に位置し古くから漁業で栄えた町が駒ヶ林です。
この駒ヶ林にも清水栄二の作となる公会堂が現存しています。現在保育所として使われているこの建物は前回の西尻池公会堂から遡る事2年前の大正13年に竣工しています。
f0116479_1744667.jpg

開発が進んだ現在、海岸線のほとんどは埋め立てられてしまいましたが、かってこの辺りは白い砂浜が延々と続く美しい風景が広がっていました。
播磨灘の豊かな漁業資源に支えられて神戸有数の水揚げを誇っていた駒ヶ林漁港には魚市場も設けられ、工業化前の長田区(旧林田区)の中では大きな町でした。この公会堂が建てられた当時もまだまだ漁業の勢いは衰えず、地区は活気づいていたようです。
f0116479_177485.jpg

後年に東側を増築しています。手前がオリジナル部分です。
f0116479_17245426.jpg

同一設計者の作品ですが、西尻池公会堂とはかなり印象が異なります。先進デザインを取り入れた西尻池公会堂に比べるとオーソドックスで地味なデザインです。逐年にそれほど隔たりがある訳ではありませんが(*3年の差)、近接して建てられた同じ用途建物で大きく作風が異なるのは歴史を持つ町と新市街との地域性に拠るのでしょうか。
f0116479_1774160.jpg

f0116479_1783981.jpg

神戸を中心に活躍した清水栄二の比較的初期の作です。その後の作品に繰り返し用いられる独特の意匠はまだ見られません。
f0116479_178552.jpg

f0116479_1794661.jpg

出入口の枠型を横に分断する様に付けられた庇が面白い表現です。
f0116479_171732.jpg

こちらは南側。現在は園庭が設けられています。
f0116479_17122225.jpg

f0116479_1714778.jpg

f0116479_17174921.jpg

f0116479_17185168.jpg

この公会堂も当初の役割を終えた後は他の用途に転用されています。古い建物が保育所として使われる例はあまり聞きませんが、間取りが広く地区の中心に置かれる事の多い公会堂だけに理に適った使われ方かも知れません。
f0116479_17194833.jpg


by sunshine-works | 2008-11-03 18:25 | 近代建築 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/9565550
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧二葉小学校      旧西尻池公会堂(鷲尾医院) >>