2019年 12月 08日
松山地方気象台
愛媛県松山市の近代建築その11

松山城の東、閑静な住宅街の一角に昭和初期に建てられたモダンな鉄筋コンクリート建物が残されています。
この建物は昭和3年に松山測候所として建てられ、現在も気象台として使われています。
松山地方気象台_f0116479_12463295.jpg

玄関を挟んで左右非対称に建屋を配置した鉄筋コンクリート造。右側は切妻平屋、左側が陸屋根2階建て。玄関上部のバルコニーや軒蛇腹、時計が嵌められていた円形の縁飾り、陸屋根上部のパラペット等々、モダニズム建築の中に古典様式の要素が取り込まれています。
松山地方気象台_f0116479_12472473.jpg
松山地方気象台_f0116479_12481842.jpg

小さな庇を張り出す玄関。上部にバルコニーを設けます。
松山地方気象台_f0116479_12521139.jpg
松山地方気象台_f0116479_12523777.jpg
松山地方気象台_f0116479_12525972.jpg
松山地方気象台_f0116479_12535392.jpg

玄関両脇の柱の基部と頂部には特異なモールドが施されています。
松山地方気象台_f0116479_12531920.jpg
松山地方気象台_f0116479_12543078.jpg
松山地方気象台_f0116479_12550194.jpg
松山地方気象台_f0116479_12551628.jpg

茶色の帯を廻らせた塔屋上部。帯に挟まれた丸い窪みはかつて掲げられていた大時計の跡です。
松山地方気象台_f0116479_12553576.jpg
松山地方気象台_f0116479_12555483.jpg



by sunshine-works | 2019-12-08 11:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30956965
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 愛媛県教育会館      愛媛大学附属中学校講堂(旧制松... >>