2019年 11月 24日
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁
愛媛の鉄道遺産

以前に明治期に設置された伊予鉄道石手川橋梁を紹介しましたが、この伊予鉄道横河原線の東部には同じく明治期に竣工した橋梁が2橋現存します。これらの橋は同線が全通した明治32年に架けられました。
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10205883.jpg

平井駅~梅本駅の中間に架けられた小野川橋梁。2基のコンクリート橋脚の上をプレートガーダーが渡ります。橋脚は後年に取替えられたものと推測されますが、英国規格のポーナル桁は当時のままで使われています。
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10220043.jpg
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10240074.jpg
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10242784.jpg

桁の補構材の両端がJ字型に曲がるポーナル桁。明治期の鉄道橋梁に多く用いられた古い規格です。四国内には以前に徳島県の数橋を紹介しましたが、愛媛県内の現存例はおそらくこの2橋のみと思われます。
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10363556.jpg

橋桁に貼られた銘盤には「阪鶴鉄道汽車課工場製造」「明治32年」の文字が刻まれています。阪鶴鉄道は現在の福知山線や舞鶴線の前身となった民営鉄道ですが、同社の発起人の一人が愛媛県出身だった所以で阪鶴鉄道製造のこの桁が用いられたと思われます。

牛淵団地前駅付近に架かる内川橋梁。石積みの橋台に1連のポーナル桁が渡ります。
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10574986.jpg
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10593340.jpg
伊予鉄道小野川橋梁/内川橋梁_f0116479_10585878.jpg



by sunshine-works | 2019-11-24 10:45 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30916984
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 愛媛大学附属中学校講堂(旧制松...      岩堰橋 >>