2019年 11月 10日
立花橋
愛媛県松山市の近代建築その8

前回は石手川を渡る伊予鉄道石手川橋梁を紹介しましたが、石手川橋梁の一つ上流側にも古い歴史を持つトラス橋が架けられています。この立花橋は昭和3年に架けられました。
f0116479_11520928.jpg

旧久万街道に架けられた1連の鋼製ポニーワーレントラス。松山市内に現存する道路トラス橋の中で最古のものと思われます。
f0116479_11563595.jpg
f0116479_11570866.jpg
f0116479_11573435.jpg
f0116479_12152645.jpg
f0116479_11575020.jpg
f0116479_12020661.jpg
f0116479_12032233.jpg
f0116479_11581477.jpg
f0116479_12035462.jpg

側面からの眺め。歩道部分は後年に付け加えられたものです。
f0116479_11585208.jpg
f0116479_12184392.jpg
f0116479_12190315.jpg


上部の飾りは復元されていませんが、4基の親柱が現存しています。
f0116479_12051749.jpg
f0116479_12094426.jpg
f0116479_11592857.jpg


by sunshine-works | 2019-11-10 10:59 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30897023
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 岩堰橋      伊予鉄道石手川橋梁 >>