2019年 10月 13日
新田高校たちばな館(旧新田中学本館)
愛媛県松山市の近代建築その6

前回紹介した旧白楊会館から南東方向、伊予鉄道山西駅の傍に私立新田高校の校地が広がります。この新田高校の正門近く、敷地の北東に同校の前身となった旧制新田中学時代の校舎が残されています。現在記念館として使われているこの建物は昭和15年に建てられました。
f0116479_18435084.jpg


木造2階建て切妻造り。建物中央部分は化粧タイルを貼りRC建物風にファサードを設えます。方形の列柱が支える大きな庇、玄関廻りを飾る切石、明り取りのブロックガラス、窓間を貫く付柱等々、モダンな意匠が施されています。
f0116479_18455675.jpg
f0116479_18444324.jpg


松山市で最初の私立中学校となった旧制新田中学は、内外汽船社長の新田仲太郎によって当地に創設されます。この建物は本館として建てられたもので、愛媛県出身の後藤 種一が設計を手掛けました。
f0116479_18482076.jpg
f0116479_18462682.jpg
f0116479_18464365.jpg
f0116479_18492237.jpg

玄関周りの詳細。戦時色が強まり、大規模建築物の規制が始まる昭和15年当時の建物ですが、それらを一切感じさせないシンボリックで堂々とした意匠です。
f0116479_18525489.jpg
f0116479_18555122.jpg


玄関両脇に配した明り取りのガラスブロック。柱廻りは大理石で飾ります。
f0116479_19000046.jpg

南側の妻面。この建物は平成4年に移築された際に両翼部分が削られており、この面は移築時に付け足されたものと推測されます。


こちらは建物裏側です。6本の付け柱が正面側の付柱と正対する位置に配置されています。
f0116479_19034927.jpg



by sunshine-works | 2019-10-13 12:08 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30826982
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧松山航空基地掩体壕      旧白揚会館 >>