2019年 08月 25日
今福線の遺構2
島根の鉄道遺産

前回に引き続いて広浜鉄道今福線の遺構を紹介します。
今福線の遺構2_f0116479_18571894.jpg

5連アーチから程なく、軌道跡は今福第三トンネルを抜けて南へ進みます。この今福第三トンネルは建設当時の姿をほぼ保った状態で残されています。
今福線の遺構2_f0116479_19183295.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19330600.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19340681.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19352226.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19365781.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19544816.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19384376.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23214812.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19360465.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19372931.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19375858.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19404201.jpg


トンネルを抜け、県道を渡った場所に同様のトンネルが掘られています。この今福第四トンネルの先には小さな川を渡る4連のアーチ橋が架けられています。
今福線の遺構2_f0116479_19522267.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19514161.jpg

川を渡る4連アーチ橋。蛇行する江の川沿いに敷かれた三江線と異なり、今福線はトンネルや橋梁が多用されています。完成していればトンネルを抜けて高架で川や谷を渡る雄大な眺めが楽しめたと思います。
今福線の遺構2_f0116479_19575987.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19584746.jpg
今福線の遺構2_f0116479_19594630.jpg
今福線の遺構2_f0116479_20001590.jpg
今福線の遺構2_f0116479_20011121.jpg
今福線の遺構2_f0116479_20013515.jpg
今福線の遺構2_f0116479_22584786.jpg
今福線の遺構2_f0116479_22594696.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23194707.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23001903.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23005213.jpg


更に南へ進んだ先にも小さなトンネル跡が残されています。今福第五トンネルとその付近の橋脚跡です。
今福線の遺構2_f0116479_23292111.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23301801.jpg
今福線の遺構2_f0116479_23313371.jpg


市道として転用されている4連アーチ橋。地元では「おろち泣き橋」と呼ばれています。
今福線の遺構2_f0116479_23433067.jpg

昭和15年に中断した今福線の工事は昭和45年に再開されますが、この路線は石見今福と浜田を結ぶ新線として引き直されたもので、戦前にほぼ完成していた旧線区間は未成線として放置される事となります。その新線も着工から10年後に再び工事中止となり、広浜鉄道の計画は幻に終わります。そもそもモータリゼーションが進行していたこの時期にわざわざ収益性の低いローカル線の工事に着手する必要があったのか甚だ疑問で、この昭和45年にその後に広島と浜田を結ぶ動脈となる浜田自動車道の計画が決定する中での工事再開は最初から大きな矛盾を抱えていたと思われます。
今福線の遺構2_f0116479_00514353.jpg

旧線との分岐点近くに残る新線のトンネル跡。


by sunshine-works | 2019-08-25 11:32 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30755476
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 釣島灯台      今福線の遺構1 >>