2019年 06月 23日
旧矢上銀行江津支店
島根県江津市の近代建築その1

前回紹介した山陰本線郷川橋梁の西詰に昭和初期に建てられた古い銀行店舗が残されています。
現在は商業施設として使われているこの建物は旧矢上銀行江津支店として昭和4年に建てられました。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_15061507.jpg

河岸の堤防と江の川橋の角地に建つ木造2階建て。モルタルの壁面と化粧タイルでコンクリート建物風に仕上げています。
アーチ型の窓枠、軒蛇腹やパラペット、壁面を飾るレリーフ、アールを描くコーナー等々、当時の商業ビルディングの意匠が随所に用いられています。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_15044349.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14272498.jpg

高さのあるパラペットが廻らされていて陸屋根に見えますが、良く見ると寄棟屋根とも思える頂きが確認出来ます。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14275984.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14280913.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14285171.jpg

1階と2階の窓間を飾るテラコッタ風のレリーフ。本格的な焼成品か左官の鏝で仕上げたものかは不明ですが、重要なアクセントとして壁面を引き締めています。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14291383.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14294484.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14301124.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_15113118.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14302315.jpg

コーナーに設けた入口。扇型の庇を張り出します。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14305067.jpg
旧矢上銀行江津支店_f0116479_14311033.jpg

コーナーの軒下にも小さなレリーフを掲げています。


こちらは建物の北面の眺め。
旧矢上銀行江津支店_f0116479_15051825.jpg








by sunshine-works | 2019-06-23 09:19 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30659884
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧江津町役場      山陰本線郷川橋梁 >>