2019年 06月 16日
山陰本線郷川橋梁
島根の鉄道遺産

海岸線に沿って進む山陰本線は江津市の中心部で江の川下流の広い川幅を渡ります。5連のトラスを連ねるこの郷川橋梁は大正9年に架けられました。
f0116479_12225710.jpg


明治45年に京都~出雲今市間が結ばれた山陰本線はその後も東への延伸を続け、大正9年には浅利~ 都野津間が開通し石見江津駅が開業します。
この延伸区間最大の工事となったのが川幅500メートルに及ぶ江の川の渡河で、山陰本線としては兵庫県の旧餘部橋梁と並ぶ大規模な橋梁工事となりました。
f0116479_12252044.jpg
f0116479_12254955.jpg
f0116479_12272103.jpg
f0116479_12284400.jpg

中央に5連の単線曲弦ワーレントラス、その前後にプレートガーダーを連ねます。橋長486mは島根県の鉄道橋で最も長いもの、山陰本線全線でも鋼橋として最長となります。
f0116479_12294617.jpg

コンクリート製の橋脚は島根県内に現存する中でも初期のもの。全国的にもこの橋が架けられた大正後期頃にそれまでの煉瓦・石積み橋脚からコンクリート橋脚へ移行していきました。
f0116479_12313567.jpg

5連のトラス桁はそれぞれ製造者が異なり、当時を代表する橋梁メーカーの4社が受け持っています。
f0116479_12322727.jpg
f0116479_12324095.jpg
f0116479_12350935.jpg


美しい曲線を描く5連のトラス。左岸からの眺めです。
f0116479_12332246.jpg
























by sunshine-works | 2019-06-16 11:42 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30648603
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧矢上銀行江津支店      旧郷野小学校 >>