2019年 05月 05日
三永水源池堰堤
広島県東広島市の近代建築その2

東広島市の中心街から南へ程なく、住宅街のはずれに豊かに水を蓄えた人造湖が広がります。
この湖は昭和18年に呉市の水道ダムとして設置されました。
三永水源池堰堤_f0116479_11440138.jpg

市街地に山が迫る港湾都市の多くは水量に恵まれた河川が乏しく、安定した水源の確保が課題でした。
呉市も状況は同様で、当初は二河川に設置した水道ダム(軍用水道として竣工、その後一般にも供用)で対応しましたが、給水量は限界に近く、急増する人口に対して新たな水源が求められる事となります。
このような経緯から建設されたのがこの三永水源施設で、戦時の厳しい状況にも係わらず起工後僅か4年で竣工しています。
三永水源池堰堤_f0116479_11493099.jpg
三永水源池堰堤_f0116479_11443568.jpg
三永水源池堰堤_f0116479_11461741.jpg


重力式コンクリートの堰堤は堤長145メートル、堤高14メートル。最大貯水量は264万㎥で既存の本庄水源地の190万㎥を上回る大規模なものとなりました。
三永水源池堰堤_f0116479_11471098.jpg
三永水源池堰堤_f0116479_11474034.jpg
三永水源池堰堤_f0116479_11480214.jpg

広い通路が対岸まで繋がる堰堤上部。湖面側の欄干にはアーチを模った装飾が施されています。
三永水源池堰堤_f0116479_11502018.jpg
三永水源池堰堤_f0116479_11512154.jpg


ダム湖側から眺めた堰堤。中央に取水設備を張り出します。
三永水源池堰堤_f0116479_11525680.jpg



by sunshine-works | 2019-05-05 11:55 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30578601
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧広島県立醸造支場(酒泉館)      中国電力深山変電所 >>