2018年 11月 25日
日本聖公会 京都復活教会
京都市北区の近代建築その4

北大路通りと堀川通りが交わる大きな交差点の角に白壁の古い教会が建っています。
この日本聖公会 京都復活教会はW.M.ヴォーリズによって昭和12年に建てられました。
f0116479_15040183.jpg


鉄筋コンクリート一部2階建て、コーナーに玄関を設け、上部に塔屋を構えます。
尖塔アーチを特徴とするゴシック様式の意匠が用いられています。
f0116479_15042041.jpg
f0116479_15062309.jpg
f0116479_15060043.jpg
f0116479_15075189.jpg
f0116479_15085242.jpg
f0116479_15071946.jpg

アーチで囲まれた玄関入口。
f0116479_15124262.jpg
f0116479_15101801.jpg


尖塔アーチを廻らせた鐘楼。交差する通りのどの面からも美しいアーチを見る事が出来ます。
f0116479_15113486.jpg


奥手に続く平屋部分。細かな間隔で並ぶ縦長窓、窓は上部のアーチ部分に装飾を施し斜め格子が嵌められています。
f0116479_15131095.jpg
















by sunshine-works | 2018-11-25 11:33 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30183841
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 京都教育大学付属京都小中学校      旧藤村岩次郎邸洋館(衣笠会館) >>