2018年 11月 04日
本野精吾邸
京都市北区の近代建築その1

京都市北区の西部、立命館大学衣笠キャンパスの傍に90年前に建てられたコンクリート造の洋風建築が残されています。この建物は日本のモダニズム建築の創成期に活躍した本野精吾の自邸として大正13年に建てられました。
f0116479_12242169.jpg

静かな住宅地の一角に建つ陸屋根造の2階建て。
煉瓦貼りの門柱から玄関へ進みます。
f0116479_12271108.jpg
f0116479_14070235.jpg
f0116479_14113592.jpg
f0116479_14080117.jpg

小さな玄関扉と小ぶりなポーチ。ここも煉瓦がアクセントとして使われています。
f0116479_14102463.jpg
f0116479_14122540.jpg

建物はコンクリートブロックを積んだ陸屋根造2階建て。使われているブロックは建築家中村鎮氏が考案したL字形状のもので、組み合わせた隙間を鉄筋コンクリートで固めています。この工法は強固、低コストで工期も短縮される利点がありました。
f0116479_14141722.jpg
f0116479_14151884.jpg
f0116479_14162821.jpg

曲面を用いず、凹凸のないフラットな造り。壁面はコンクリートの地のまま、陸屋根にはパラペットも無く、徹底した簡素簡略が貫かれています。
f0116479_14173666.jpg
f0116479_14183617.jpg
f0116479_14192162.jpg
f0116479_14211412.jpg

バルコニーの庇や屋根庇が長く突き出ているのは日差しを遮る工夫。通風と採光へ配慮して各面に大きな窓が開けられています。
f0116479_14225447.jpg
f0116479_14203619.jpg

近年まで子息に引き継がれ、住居として使われましたが、その後補修を加えて公開施設となりました。各種イベントや定期的な見学会が開催されています。
f0116479_14235498.jpg
f0116479_14240859.jpg
f0116479_14242854.jpg
f0116479_14244938.jpg
f0116479_14252188.jpg
f0116479_14253751.jpg



by sunshine-works | 2018-11-04 12:04 | 近代建築 京都府 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30144619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧住友家衣笠別邸門衛所(聖ヨゼ...      東海道本線桂川橋梁 >>