2018年 09月 30日
湊川隧道
神戸市兵庫区の近代建築その16

神戸電鉄湊川駅の北西、市街地を見下ろす小高い丘に緑豊かな公園が開かれています。
この会下山公園の地下には明治期に築かれた煉瓦造のトンネルが保存されています。日本初の近代河川トンネルとして掘られたこの湊川隧道は明治34年に竣工しました。
f0116479_20532726.jpg

旧湊川はたびたび氾濫を起す暴れ川で、洪水対策は長年の課題となっていました。また、流れ込む土砂による神戸港の埋没問題と流路による市街地の分断は近代化が進む神戸の発展の妨げにもなっていました。
これらの対策として計画されたのは、それまで南流して神戸港に注いでいた川の流れを会下山の手前で西へ曲げ、山の下に通した隧道を経由して別の川へ繋げる工事で、付け替えられた川の流れは神戸港外の和田岬の西に注ぐというものでした。
f0116479_20542442.jpg
f0116479_20551323.jpg
f0116479_20555808.jpg
f0116479_21032040.jpg

標高80メートル程の会下山の地下を東西に貫く隧道の長さは後年の増築部を含めて680メートル。直径は7メートル強の円形断面。
明治30年から4年の工期を掛けて完成します。
f0116479_20565380.jpg
f0116479_20581483.jpg
f0116479_20584463.jpg
f0116479_20595364.jpg
f0116479_21003974.jpg
f0116479_21012495.jpg

側壁と天井に積み上げられた煉瓦の総数は450万個以上。流路となる底面には切石を敷き詰めています。
f0116479_21043155.jpg

この湊川隧道は平成12年に新しいトンネルの完成で100年に及ぶ役目を終えますが、修復の後に保存されました。
現在は定期的な見学会やイベント会場として公開されています。
f0116479_21262693.jpg

こちらは水路の出口側の坑門。どちらの抗門も阪神淡路大震災で崩れた後に再建されたものですが、元の姿が忠実に保たれています。
f0116479_21281501.jpg
f0116479_21284514.jpg
f0116479_21294426.jpg
f0116479_21323204.jpg

傍らに設置されたベンチには竣工当時に使用されていた煉瓦が使われています。
f0116479_21330364.jpg

こちらは再建前の抗門に掲げられていた扁額の写し。
f0116479_09015120.jpg


by sunshine-works | 2018-09-30 10:52 | 近代建築 兵庫県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/30077518
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 嵯峨野観光鉄道保津川橋梁(旧山...      愛媛県東予の近代建築補遺2 >>