2018年 07月 15日
千野々橋
愛媛県西条市の近代建築その3

西条市の南部、石鎚山へ向かう県道の傍らに赤く塗られたトラス橋が渡ります。
この千野々橋は大正14年に架けられました。
f0116479_14155687.jpg

石鎚山から発し瀬戸内海に注ぐ加茂川に架かる橋長34mの曲弦プラットトラス。愛媛県に現存するトラス橋の中で昭和以前に架けられたものは少なく、この千野々橋の他は別子銅山に現存する2橋があるのみ。道路橋としてはおそらく県内最古のものと思われます。
f0116479_14193450.jpg
f0116479_14204327.jpg
f0116479_14263420.jpg
f0116479_14220987.jpg
f0116479_14245969.jpg

河原に降りて側面を見上げます。
川面から高い位置に架けられたこの橋は30mを超える川幅を一跨ぎする為に大きなトラス桁が用いられました。
f0116479_14280022.jpg
f0116479_14283095.jpg
f0116479_14272438.jpg

橋の東詰から西詰へ渡っていきます。
f0116479_14300395.jpg
f0116479_14305715.jpg
f0116479_14312823.jpg
f0116479_14322096.jpg
f0116479_14324137.jpg

西詰からの眺め。

f0116479_14325537.jpg
f0116479_14331630.jpg


by sunshine-works | 2018-07-15 11:50 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29934161
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 大宮橋      小松橋 >>