2018年 07月 08日
小松橋
愛媛県西条市の近代建築その2

予讃線伊予小松駅の南方、旧金比羅街道沿いの小さな集落に大正期に架けられたコンクリート橋が現役で使われています。
この美しい橋は大正15年に架けられました。
f0116479_15522933.jpg

石鎚山系を発し瀬戸内海へ注ぐ中山川の支流小松川を渡る3連の鉄筋コンクリート造のガーダー橋。橋長29メートル幅5メートルの小さな橋です。
f0116479_16211687.jpg
f0116479_16234529.jpg
f0116479_16221175.jpg

四方のすべてに現存する親柱。灯具は近年に復元されたものです。
f0116479_16223917.jpg
f0116479_16230789.jpg
f0116479_16240376.jpg
f0116479_16242361.jpg
f0116479_16254100.jpg
f0116479_16263331.jpg
f0116479_16320905.jpg

クラッシックな意匠は一見石造橋とも思えますが、この欄干を含め、上部構、下部構共にすべて鉄筋コンクリート製。大正末期の築となるこの橋は鉄筋コンクリート橋が地方に普及していく初期のもので、石橋の意匠がそのままコンクリート橋に置き換えられています。
f0116479_16222840.jpg
f0116479_16255962.jpg

河原から見上げた側面。桁の側面をアーチ状に仕上げ、中央には要石を模したモールドを飾ります。
f0116479_16274197.jpg
f0116479_16280335.jpg
f0116479_16285574.jpg
f0116479_16291854.jpg
f0116479_16295259.jpg
f0116479_16314033.jpg


東詰の親柱。
f0116479_16315370.jpg
f0116479_16325823.jpg
f0116479_16331163.jpg



by sunshine-works | 2018-07-08 12:44 | 近代建築 愛媛県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29921004
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 千野々橋      クラレ西条工場の建物 >>