2018年 06月 17日
旧大森区裁判所
島根県大田市の近代建築その4

前回紹介した旧邇摩郡役所から街道に沿って町並みを進んで程なく、明治期に建てられた裁判所が残されています。現在は大森町並み交流センターとして使われているこの建物は明治23年に大森区裁判所として建てられました。
f0116479_18304656.jpg

区裁判所は明治23年に制定された法令により地方裁判所の下に置かれた下級裁判所で、現在の簡易裁判所に近い役割を果たしていました。
島根県内には計8箇所置かれましたが、現存するのはこの大森区裁判所のみで、全国的にも明治期の裁判所建物の現存例として貴重な存在となります。
f0116479_18315401.jpg
f0116479_18312653.jpg
f0116479_18321626.jpg
f0116479_18541096.jpg

全体の意匠は和風を旨とした儀洋風建築。中央の玄関庇は寺社を思わせます。
f0116479_18543377.jpg
f0116479_18551081.jpg
f0116479_18553555.jpg
f0116479_18564155.jpg
f0116479_00320268.jpg
f0116479_00330132.jpg

敷地の入口には木製の門柱と門扉を構えます。
f0116479_00335012.jpg
f0116479_00342026.jpg
f0116479_00343588.jpg




by sunshine-works | 2018-06-17 11:22 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29867765
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 温泉津温泉薬師湯      旧邇摩郡役所 >>