2018年 05月 27日
江津駅跨線橋
島根の鉄道遺産

前回は大田市駅に現存する日本最古の鋳鉄製跨線橋支柱を紹介しましたが、大田市の西隣の江津市の中心駅にも同様の跨線橋支柱が設置されています。この跨線橋支柱には明治45年製の刻印が記されています。
f0116479_08325211.jpg

江津駅の開業は大正9年。明治45年製造のこの跨線橋がいつ、どこから移されたのかは不明ですが、嵩上げによって基部が埋没した状態を察すると設置されてから相応の時間が経過していると思われます。
f0116479_08440891.jpg
f0116479_08444057.jpg
f0116479_08563337.jpg
f0116479_09551655.jpg

裏側の様子。よく見ると張線の付け根もコンクリートで埋められています。
f0116479_09103041.jpg
f0116479_09114083.jpg
f0116479_09130028.jpg

跨線橋内部の構造は大田市駅と殆ど同じ。移築時に組まれたものと思われます
f0116479_09391400.jpg
f0116479_09400577.jpg
f0116479_09405029.jpg

対向ホームからの眺め。
f0116479_09461809.jpg
f0116479_09470865.jpg
f0116479_09480253.jpg
f0116479_10001966.jpg


三江線が乗り入れていた3番線ホーム。撮影時には廃線直前の三江線列車が停車していました。
f0116479_09515838.jpg
f0116479_09525915.jpg
f0116479_09572761.jpg
f0116479_09582929.jpg
f0116479_09591554.jpg
f0116479_10013261.jpg
f0116479_10023943.jpg


by sunshine-works | 2018-05-27 11:30 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29814018
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧大田町産業会館      大田市駅跨線橋 >>