2018年 05月 06日
旧久手信用購買販売利用組合会館(高砂会館)
島根県大田市の近代建築その1

大田市の東部、久手町の中心部に塔屋が聳える洋風建築が建っています。この建物は久手信用購買販売利用組合会館として昭和9年に建てられました。設計:岡田孝男
f0116479_12083022.jpg

山陰本線久手駅の北方、駅から程近い一角に建つ木造モルタル2階建て、寄棟造り。南東角の階段室頂部に塔屋を構えます。
f0116479_12111772.jpg


塔屋部分の見上げ。入口周り以外装飾要素が少ない建物ですが、塔屋周りはスパニッシュ風の意匠が施されています。
f0116479_12113836.jpg
f0116479_12115014.jpg


1階角に設置された玄関。ポーチの奥にファンライトを備えた入口扉、両脇にはアーチ型の小窓を並べます。
f0116479_16420939.jpg
f0116479_16425352.jpg
f0116479_16434169.jpg
f0116479_16442596.jpg
f0116479_16445728.jpg
 

建物側面から裏側の景色。
f0116479_16455665.jpg
f0116479_16465175.jpg
f0116479_16475753.jpg
f0116479_16484927.jpg

信用購買販売利用組合は全国各地で発足した産業組合の組織で、戦後に農業協同組合、JAや信用組合へ発展します。
旧産業組合の建物の現存例は珍しく、この建物は貴重な存在の一つとなります。
f0116479_16494463.jpg


by sunshine-works | 2018-05-06 12:18 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29769362
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 山陰本線島根県内区間の木造駅舎2      旧谷小学校 >>