2018年 04月 15日
旧田所尋常小学校講堂(瑞穂町武道館)
島根県邑南町の近代建築

邑南町の南部、広島県境に近い亀谷地区の高台にかつて小学校の講堂として建てられた建物が残されています。
現在は地域の武道場として使われているこの建物は旧田所尋常小学校の講堂として建てられました。昭和3年築。
f0116479_15414107.jpg

木造平屋入母屋造り。和建築を基本に洋風意匠を添えた折衷様式です。
f0116479_15540799.jpg
f0116479_16052346.jpg


入口を構える北側の面。3箇所の入口にはアーチ型の庇を張り出します。
f0116479_16062206.jpg
f0116479_16084725.jpg
f0116479_16071408.jpg
f0116479_16091994.jpg
f0116479_16100686.jpg
f0116479_16103037.jpg

側面から建物南面へ。南面には大きなガラス窓が並びます。
f0116479_16115349.jpg
f0116479_16110737.jpg
f0116479_16122903.jpg

田所高等尋常小学校は戦後に田所小学校と改称され、昭和41年に同校が移転した後は敷地を共有していた矢上高校の分校がこの講堂を使用しました。
その後は町の武道場として残され現在も現役で使われています。
島根県内にはこのような旧講堂の現存例が数多く確認されていますが、規模や意匠面に優れたこの旧田所小学校講堂は唯一有形登録文化財に指定されています。
f0116479_16140910.jpg
f0116479_16133931.jpg
f0116479_16145756.jpg




by sunshine-works | 2018-04-15 11:36 | 近代建築 島根県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29722174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 旧粕淵村役場      三江線の木造駅舎2 >>