2018年 03月 25日
広島県備後の近代建築補遺2
広島県備後の近代建築補遺

前回に続いて広島県備後の未掲載物件の紹介、今回は尾道市北部とその北側の世羅町の近代建築です。
f0116479_11415069.jpg

旧美ノ郷村役場として大正末期に建てられた建物。現在は公民館として使われています。
木造下見板貼の建物とモルタル壁の建物がシンメトリーに並んでいますが、左側は後年に増築されたものです。
f0116479_12103259.jpg
f0116479_12111925.jpg
f0116479_12130033.jpg
f0116479_12120486.jpg
f0116479_12123301.jpg


旧街道の宿場として栄えた市村に残る旧郵便局。元々の建物に昭和初期に洋館部分を増築しています。
f0116479_12191379.jpg
f0116479_14410689.jpg
f0116479_12195070.jpg
f0116479_12200571.jpg
f0116479_12201709.jpg

旧市村郵便局の並びに建つ木造平屋の洋館。村井医院として大正7年に建てられました。
f0116479_12230550.jpg
f0116479_12274207.jpg
f0116479_12280651.jpg
f0116479_12282288.jpg
f0116479_12283941.jpg
f0116479_12285723.jpg

府中市へ繋がる山道に残る旧郵便局。原田郵便局として昭和6年に建てられました。
f0116479_12345874.jpg
f0116479_12353131.jpg
f0116479_14443335.jpg
f0116479_12363523.jpg
f0116479_12370539.jpg
f0116479_12354477.jpg


世羅町の古い集落に残る旧郵便局。
f0116479_14554718.jpg
f0116479_14560203.jpg
f0116479_14561700.jpg
f0116479_14563130.jpg
f0116479_14564379.jpg
f0116479_14565373.jpg
f0116479_14572545.jpg

世羅町の旧道に架かる明治期の石造アーチ橋。眼鏡橋と呼ばれるこの道路橋は明治41年に竣工しています。
f0116479_14194032.jpg
f0116479_14205680.jpg
f0116479_14214051.jpg

反対側からの眺め
f0116479_14230542.jpg
f0116479_14240571.jpg
f0116479_14253529.jpg

尾道インター近くの山あいに残る旧鉄道トンネル。大正末期に開業した旧尾道軽便鉄道の唯一の遺構です。
f0116479_12384971.jpg
f0116479_12310967.jpg
f0116479_12315992.jpg
f0116479_12312157.jpg
f0116479_12322803.jpg
f0116479_12331224.jpg
f0116479_12332855.jpg



by sunshine-works | 2018-03-25 12:41 | 近代建築 広島県 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://hardcandy.exblog.jp/tb/29674589
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 三江線の木造駅舎1      広島県備後の近代建築補遺1 >>